キリスト教

四国学院大学はキリスト教主義に基づく大学です。年間を通じて多くの催しが行われており、キリスト教の精神を肌で感じる様々な体験ができます。

チャペル

清泉礼拝堂(チャペル)

大学の正門をくぐると左手に建つ清泉礼拝堂(チャペル)は、四国学院大学のキリスト教らしさの象徴的な存在。やわらかな光が差し込むチャペル内は、ただそこにいるだけで、心が洗われるような神聖な雰囲気があります。一般にも貸し出されており、結婚式が行われることもあります。


キリスト教強調週間

春と秋の2回キリスト教強調週間がもうけられています。期間中は学外から著名な先生をお招きして、特別礼拝、講師を囲んでのティーパーティーなどが行われ、キリスト教を深く理解することができるイベントです。


チャペルアワー

授業がある期間中、毎日、清泉礼拝堂で20分間行われています。(10時45分~11時05分)
学内外の様々な分野の先生のチャペル・トークを聞くことができ、身近にチャペルに接する機会を提供しています。

《2014年チャペルアワー講話ダイジェスト》
心に響く話から、日常の様々な雑学の話まで…年間を通して多種多様な講話を聞くことができます。昨年行われた講話のタイトルを一部ご紹介します。

・世の中のルールか、神のルールか
・世の終わりまで共にいる
・新しい人々の中で生きる私
・supernova
・最高の賛美を捧げよう
・神様は人々を愛しています
・かけがえのない出会い
・こわがらないで、就職活動
・自分を愛するように
・健康にありがとう
・マイナスをプラスにする考え方
・天才の法則
・失敗しても、ありがとう
・マスタリー・フォア・サービス
・求めることは行動すること
・祈りの家〜ケープにそでを通して〜
・ 私の心に突き刺さったとげ
・ 天の国でいちばん偉い者
・ 経済学と信仰は両立しますか?
・ 求め、捜し、門をたたく
・ 最後まで耐え忍ぶ力
・ 人生の目的とは何でしょうか?
・ 隣の芝生は青いのか?
・ 人と関わりをもつこと
・ 夜空に輝く星を見上げて
・ しなやかなマインドセット

宗教センター チャペルへの招き


クリスマスプロジェクト
イエス・キリストの誕生をお祝いする「クリスマス」を、学内外の皆様にお楽しみいただけるよう、毎年12月に学院クリスマス行事や講演会、音楽演奏会、演劇公演など、多彩なプログラムを実施しています。本学の様々な文化教育資源を活用し、また学外の方々にもご協力いただき、毎年多くの方にご参加いただいています。

《プログラム内容》
燭火礼拝
クリスマスコンサート
高校生のためのチャペルクリスマス
メサイア演奏会
キャンドルサービスと祝会
善通寺市民クリスマス
学院クリスマス礼拝 ほか