スクールソーシャルワークメジャーカリキュラム

スクールソーシャルワークメジャーカリキュラム   

学校では、不登校、いじめ、非行、虐待、などのさまざまな課題によって、子どもたちのかけがえのない生命や健康、発達の権利が脅かされている現状がある。それらの課題は,子どもたちだけの課題ではなく,社会の状況とも深く結びついている。今や教師による対応だけでは限界があり,学校でのソーシャルワークが必要とされるようになった。また、学校にソーシャルワークの拠点があることで、子どもの状況を把握でき、生活に密着した身近なところで支援が行える。
スクールソーシャルワークメジャーでは、学校及び日常生活を営む上で課題の解決を要する児童生徒とその家庭及びその児童生徒を取り巻く学校・地域・社会制度等を対象としたソーシャルワークを理解し、子どもの福利を増進する人を育てることを目的とする。そのため、児童生徒と環境の交互作用の中で、様々な問題が生じるという視点を持ち、子どもが安心して学校・家庭・地域で生活できる社会環境づくりを学ぶために必要な科目を設置した。

※科目に関しては、今後変更となる可能性があります。

■基礎科目   
子どもの権利
スクールソーシャルワーク論
児童ソーシャルワーク論
■専攻ハブ科目   
子どものメンタルヘルス
子ども理解の理論と方法
教育原理(中・高)
教育心理学(中・高)
教育行財政学(中・高)
生徒指導(進路指導及びキャリア教育の理論及び方法を含む)(中・高)
教育相談(中・高)
教育社会学(中・高)
学校マネジメント論
包括教育支援論
地域子ども支援論
子ども支援と学校
スクールソーシャルワーク実践指導
スクールソーシャルワーク実習
■卒業研究   
卒業研究Ⅰ
卒業研究Ⅱ
卒業研究Ⅲ
Scroll Up