演劇ワークショップ実践マイナーカリキュラム

舞台技術・公演マイナーカリキュラム   

 欧米ではコミュニケ-ション能力を育成するために「演劇教育」が教育活動の中で大きな役割の果たしている。また日本でも現在様々な教育現場や社会福祉の現場で、演劇を活用することにより、主体性・多様性の学びや、「居場所」を作る試みがなされている。文部科学省では2009年から外部講師として芸術家を学校に派遣する事業を始めた。これは、鑑賞教室などの一方的に何かを見せる行事ではなく、芸術家と現場の教師が連携して、芸術表現体験活動をいろいろな教科と結びつけたワ-クショップ型授業を行うものである。また教育の中でのアクティブラ-ニングの重要性もますます高まっているところである。本マイナ-では、俳優や舞台スタッフを希望する学生のみならず、文学部・社会福祉学部の学生も演劇ワ-クショップに参加し、コミュニケ-ション能力・交渉力・多様性の理解などを学ぶことができるように、カリキュラムが組まれている。基礎科目では演劇ワ-クショップを受講し、専攻ハブ科目では自らワ-クショップをする側として、ファシリテ-タ-・ワ-クショップデザイナ-の役割を実践的に体験し学ぶ。このような作業の中から、受講生は他分野との交流を体験し、人間と社会の関係を多角的に考える力も育成する。

※科目に関しては、今後変更となる可能性があります。

■基礎科目   
演劇ワ-クショップ入門
演劇ワ-クショップⅠ
演劇ワ-クショップⅡ
■専攻ハブ科目   
教育実践と舞台芸術Ⅰ
教育実践と舞台芸術Ⅱ
教育実践と舞台芸術Ⅲ
教育の中の舞台公演実習
社会福祉と演劇ワ-クショップⅠ
社会福祉と演劇ワ-クショップⅡ
ワークショップ・デザイン