元井 一郎

職名:教授
専門分野:教育学、教育政策、教育計画
学位:文学修士

主な業績等
論文・学会発表等:
2010年7月 近代公教育と教育計画の思想 (単) <『公教育計画研究1』公教育計画学会編(70~86頁)>
著書等:
2003年10月 日本近代公教育の支配装置[改訂版] (共) [岡村達雄[編著]] <社会評論社>

2007年3月 戦後教員処分体制と占領期教育改革 (共) [岡村達雄[編著]] <科研費補助金基盤研究(C)研究成果報告書 課題番号16530532>

2008年7月 公教育における包摂と排除 (共) [嶺井正也、国祐道広[編著]] <八月書館>

2011年3月 1950年代教員処分の構成と実態に関する研究報告(共)[元井一郎 編著]

科学研究費補助金基盤研究(C)「戦後日本の教員処分をめぐる総合的研究②」課題番号21530860 研究成果報告書

その他:
2007年3月 教育をめぐる国家の現在-「改正」教育基本法と現代教育政策の構造 (単) <季刊 教育法 第152号 32~37頁。>

2010年3月 「教育委員会」と「学校理事会」をめぐる教育政策の基底 (単) <『教育と文化』59 54~60頁>

所属学会等:
日本教育行政学会

日本社会教育学会

日本教育政策学会

公教育計画学会