四国学院大学クリスマス・プロジェクト2017

2016xmas

2004年より大学開放事業の一環として毎年開催する「四国学院大学クリスマス・プロジェクト」。
14回目となる本年も、恒例のクリスマス・イルミネーションの点灯、チャペルでのクリスマス礼拝やコンサートから、人権週間講演会、演劇公演まで多彩なプログラムを企画しました。
この機会にぜひ、四国学院大学、およびチャペルへお立ち寄り下さい。地域のみなさまのご参加を心よりお待ちしております。

 

開催日 時間 プログラム
11月29日(水) 17:00 イルミネーション点灯セレモニー
11月29日(水)~12月25日(日) 17:00~23:00 クリスマス・イルミネーション
12月15日(金) 10:45 学院クリスマス礼拝
12月15日(金) 17:00 燭火礼拝
12月23日(土) 14:00 聖歌隊・ハンドベルクリスマスコンサート
12月9日(土) 18:30 第25回善通寺市民クリスマス(共催)
12月2日(土) 17:30 第41回メサイア演奏会
11月22日(水)~11月26日(日) 22日19:00
23日17:00
24日19:00
25日14:00、19:00
26日14:00
SARPvol.13『カスケード~やがて時がくれば~』
12月24日(日)~12月25日(月) 24日14:00
25日11:00
音楽劇『くるみ割り人形とネズミの王様』
12月27日(水)~12月28日(木) 27日19:30
28日18:00
風姿花伝プロデュースvol.4『THE BEAUTY QUEEN OF LEENANE』
12月5日(火) 15:10 CHCプロジェクト人権週間講演会
『野生の思考と未来の人材育成―ゴリラに学ぶ』
11月30日(月) 13:15 「3.11から学ぶ~震災と原発事故から、希望への歩み~」
ドキュメンタリー映画『東北の新月』上映会
11月30日(月) 15:10 「3.11から学ぶ~震災と原発事故から、希望への歩み~」
演劇やプロジェクト型学習を通した21世紀型資質能力の育成―福島県立ふたば未来学園高等学校の実践的な取組を通して―
12月4日(月)~12月8日(金) 10:45 CHCプロジェクト
人権週間チャペルアワー
12月4日(月)~12月8日(金) 13:30 CHCプロジェクト
人権週間レクチャーズ・オン・ヒューマンライツ
12月19日(火) 13:30 四国学院大学国際交流プロジェクト 四国学院大学日韓国際学術セミナー
「可能性の扉を開く―学校文化とソーシャルワーク―」
12月4日(月)~12月25日(月) 終日 国際交流プロジェクト
展示「異文化体験が面白い!Vol8」
12月6日(水) 17:00 国際交流プロジェクト
異文化体験リレートーク vol.5
12月11日(月)~12月15日(金) 10:45 初年次セミナー&キャンパス・コミュニティ・スタディーズⅡプロジェクト
クリスマス週間チャペルアワー
12月21日(木) 17:30 初年次セミナー&キャンパス・コミュニティ・スタディーズⅡプロジェクト
キャンドルサービスと祝会

中華大学(台湾新竹市)との学術交流協定を締結しました

2017年11月16日、本学に中華大学(台湾新竹市)から学長の劉維琪 先生と人文社会学部長の簡暁花 先生が来日され、学術交流協定を締結しました。

台湾と日本の友好関係・相互理解を一層深め、互いの大学の交流を促進することを目指し協定を締結しました。この協定締結により、交換留学も可能となり、本学の国際交流の新たな地となりました。

中華大学より記念品として「共創双贏」と中国語でかかれたヤマムスメを型取ったガラスの置物をいただきました。「共創双贏」とは、win winの関係を共に創造するとの意味です。

20171116_kyoutei

20171116_kyouteikinen

京都大学総長、山極寿一教授をお招きして講演会を開催いたします。

 今年度の人権週間は、<小さな政府&大きな社会:ソーシャル・インクルージョン>をテーマとして、現代の私たちに必要な互いの尊厳を求める新たな社会構築への道を模索します。その主題講演は、京都大学総長、山極寿一教授によるゴリラから学ぶ人間社会と人権への洞察です。人権と社会を近代のパラダイム(問題構制)から一度離れて、600万年前に遡り、私たちの現在と未来を照射できる機会となることを祈念します。

人権週間講演会

2017年12月5日(火) 15:10~16:40
711教室
定員:300名(要予約)
参加費:無料

お問い合わせ ・予約先
四国学院大学CHCセンター
TEL/0877-62-2111
E-mail/chc@sg-u.ac.jp

 

 

 

女性に対する暴力をなくす運動(パープルライトアップ)

2017年11月12日(日)から25日(土)までの2週間は、女性に対する暴力をなくす運動の期間となっています。

内閣府では、女性に対する暴力根絶のシンボルであるパープルリボンにちなんで、運動期間の初日である11月12日(日)に、東京タワー及び東京スカイツリーのパープル・ライトアップを実施。
パープル・ライトアップには、女性に対する暴力の根絶と被害者に対して「ひとりで悩まず、まずは相談してください。」というメッセージが込められています。

本学でも、清泉礼拝堂のパープル・ライトアップを実施しています。

ライトアップ期間:11月13日(月)~11月25日(土) 17時頃~23時

purplelight

平成29年度 女性に対する暴力をなくす運動

第56回四国学院大学祭を開催いたしました。

大学祭2

11月11日(土)、12日(日)に第56回四国学院大学祭を開催いたしました。
2日間とも晴天に恵まれ、ご来場は2,002名と、大盛況のうちに幕を閉じる事ができました。
大学祭1
今年は「無題」をテーマに大学祭実行委員会を中心に、お笑いライブ、音楽系サークルによるライブ、ゲストを招いての企画、サークルによる模擬店、展示等の学生ならではの企画が行われました。
多くのご来場を頂きましたこと、改めて心より御礼申し上げます。
誠にありがとうございました。

 

新館1階閲覧室が新しくなりました。

新館1階閲覧室が新しく、使いやすくなりました。
こちらの場所では飲み物の持込がOKです。
(※但しふたつきの飲み物に限ります。食べ物は禁止です。)

窓際の席では、キャンパスの豊かな季節の移ろいを間近に
感じて頂けます。ぜひご利用ください。

FullSizeRender1   IMG_2728

SARP vol.13 「カスケード~やがて時が来れば~」 岩松了によるアフタートーク決定

劇作家、演出家、俳優、映画監督と幅広く活躍されている岩松了さんが、四国学院大学ノトススタジオへやってくる!?

2011年に東京・下北沢駅前劇場で上演された「カスケード~やがて時がくれば~」の作・演出を手掛けた岩松了さんをお招きし、アフタートークを行います。【22日(水)の公演後】

岩松了

■「カスケード~やがて時がくれば~」あらすじ・解説
舞台『かもめ』の稽古場に役者、演出家、演出助手、管理人、マネージャーが姿を見せる。稽古場にいる役者は普段舞台で見る役者ではない。稽古場内で巻き起こる人間模様を見逃すな!!
岩松了氏が作・演出を手掛け、2011 年に上演された同作を今回、岩松氏の許可を得て登場人物の名前を俳優の本名に変更して上演する。普段稽古をしている学生自身が演じる稽古場内の世界。その世界にあなたもきっと引き込まれるはず…

■日時
2017年11月
22日(水) 19:00~ ★アフタートークあり
23日(木) 17:00~
24日(金) 19:00~
25日(土) 14:00~ / 19:00~
26日(日) 14:00~
*開場は開演の30分前、受付開始は開演の60分前

■ 料金
予約 一般:1,000円/学生:500円
当日 一般:1,200円/学生:600円

■ 場所
四国学院大学ノトススタジオ

スクール・ソーシャルワーク活用講座 in SGU 2017第4回を開催しました。

10月25日(水)本学にてスクール・ソーシャルワーク活用講座 in SGU 2017を開催しました。第四回目となる今回は、本学教授の浜田知美が教員を対象に、香川スクールソーシャルワーカー協会会長の藤澤茜氏がスクール・ソーシャルワーカーを対象に講義を行いました。講義終了後には、情報交換会を行いました。

P1015234

P1015236