募金事業

募金事業へのご協力のお願い
四国学院は、1949年(昭和24年)にアメリカ南長老教会より派遣されたL.W.モーア宣教師を学園長に四国基督教学園として発足いたしました。それ以来、旧新約聖書に示されたキリストの教えを基礎として、学問の真理を探求し、神と人とに奉仕する人材の育成に努めてまいりました。
2003年には、英文学科を言語文化学科として名称変更し、新学科としてカルチュラル・マネジメント学科を創設いたしました。2004年には伝統ある社会福祉学科を社会福祉学部として充実・発展させ、新たな歩みを始めました。そして2005年には、社会福祉学部に子ども福祉学科が新設されました。2010年から、19のメジャー(主専攻領域)と1 のマイナー(副専攻領域)を提供するリベラル・アーツ大学となるべく文学部(言語文化学科、人文学科、教育学科)、社会学部(応用社会学科、カルチュラル・マネジメント学科)、社会福祉学部(社会福祉学科、子ども福祉学科)の3学部7学科を文学部(人文学科)、社会学部(カルチュラル・マネジメント学科)、社会福祉学部(社会福祉学科)の3学部3学科へと改組いたしました。これはカリキュラムをより深く豊かにしようとする試みです。さらに2011年からドラマ・エデュケーションを取り入れ、演劇を教育に活かすことで学生の感受性や表現力を磨き、コミュニケーション力を高める教育に力を注いでおります。また、これまでに卒業した同窓生は21,000名を超え、様々な分野において活躍し、社会の発展に寄与してまいりました。
一方で、18歳人口の急減に加えて、国庫助成の減少により、経営環境はますます厳しさを増してまいりました。このような状況の中で、今後も四国学院の教育と研究を維持・発展させていくための大きな力と支えになりますのが、皆様からのご寄付でございます。これまでにご支援いただきました皆様からの貴重なご寄付によりまして、四国学院は着実に発展してまいりました。こうした皆様からの温かいお力添えに心から感謝申し上げますとともに、四国学院の今後の発展と財政事情へのご理解を賜り、まことにご無理なお願いではございますが、本年もよりいっそうの募金事業へのご協力をお願い申し上げる次第でございます。
このページの申し込みフォームからご連絡いただければ、払込用紙をお送りしますので、最寄りの銀行からお払い込みください。
下記の払込先銀行の本支店をご利用いただきますと、手数料は無料です。
なお、その他の銀行からお払い込みの場合には、所定の手数料が必要ですので、予めご了承ください。

56-2

一般寄付金

課外活動特定支援寄付金

ノトス・サポート寄付金

ご寄付に対する優遇措置について