キリスト教

四国学院大学はキリスト教主義に基づく大学です。年間を通じて多くの催しが行われており、キリスト教の精神を肌で感じる様々な体験ができます。

チャペル

清泉礼拝堂(チャペル)

大学の正門をくぐると左手に建つ清泉礼拝堂(チャペル)は、四国学院大学のキリスト教らしさの象徴的な存在。やわらかな光が差し込むチャペル内は、ただそこにいるだけで、心が洗われるような神聖な雰囲気があります。一般にも貸し出されており、結婚式が行われることもあります。


キリスト教強調週間

春にクリスチャン・ウィークがもうけられています。期間中は学外から著名な先生をお招きして、特別礼拝、講師を囲んでのティーパーティーなどが行われ、キリスト教を深く理解することができるイベントです。


チャペルアワー

授業がある期間の水曜日、毎週、清泉礼拝堂で45分間行われています。(12時40分~13時25分)
学内外の様々な分野の先生のチャペル・トークを聞くことができ、身近にチャペルに接する機会を提供しています。

宗教センター チャペルへの招き


クリスマスプロジェクト
イエス・キリストの誕生をお祝いする「クリスマス」を、学内外の皆様にお楽しみいただけるよう、毎年12月に学院クリスマス行事や講演会、音楽演奏会、演劇公演など、多彩なプログラムを実施しています。本学の様々な文化教育資源を活用し、また学外の方々にもご協力いただき、毎年多くの方にご参加いただいています。

《プログラム内容》
燭火礼拝
クリスマスコンサート
高校生のためのチャペルクリスマス
メサイア演奏会
キャンドルサービスと祝会
善通寺市民クリスマス
学院クリスマス礼拝 ほか

Scroll Up