NEWS

トップページのNEWSに表示

カマタマーレ讃岐との交流戦を行いました

6月29日(日)11:00より、四国学院大学サッカー場オープニングイベントの1つとして、本学サッカー部とカマタマーレ讃岐のトレーニングマッチが行われました。プロ選手の技術や戦術を間近で体験できたことで、学生選手達にとって貴重な経験となりました。本学とカマタマーレ讃岐は、スポーツ文化の振興や地域の活性化、人材育成などを目的としたパートナーシップ協定を締結しており、今後も互いに連携協力してまいります。

kamatama

インカレ結団式を行いました

6月30日(月)、本学第1新生館にて四国インカレ(四国地区大学総合体育大会)出場選手の結団式が行われ、
出席していた学生・教職員のみなさんに見守られ、無事終了しました。
今年度の四国インカレは、6月27日(金)~7月6日(日)の間、香川県の会場で熱戦を繰り広げます。
スケジュールと競技種目の詳細はこちら をご参照ください。

ketudansiki2014

高校教員のためのスクール・ソーシャルワーカー活用法講座第1回を開催しました

6月25日(水)、本学834教室にて「高校教員のためのスクール・ソーシャルワーカー活用法講座」を開催しました。全4回にわたる本講座の第1回目は、本学社会福祉学部准教授の浜田知美が講師を担当し、「スクール・ソーシャルワークのあゆみ」について講義を行いました。
講義、DVDによる事例の紹介後、受講された教員の皆さん同士での意見交換が行われました。また、講座終了後には講師と直接話しができる場が設けられ、現場での活用に役立つ情報、対応方法についての懇談も行われました。
本シリーズ講座の次回開催予定は、9月24日(水)13:00~15:00、「スクール・ソーシャルワーカーの見方・考え方」(講師:本学社会福祉学部教授島影俊英)となっています。

SSWkouza20140625

第65回四国地区大学総合体育大会(インカレ)に出場いたします

四国地区の大学・短期大学の学生が一堂に会し、スポーツで競う「四国地区大学総合体育大会」(インカレ)が今夏も開幕しました。
今年は四国内27校から総勢約4000人の学生が参加し、各競技の総得点により、大学別順位を決定します。
四国学院大学からは、10競技に計115名の学生が出場いたします。
本学学生の出場大会日程は以下のとおりです。みなさまの熱いご声援をお願い申し上げます。

インカレスケジュール

マイノリティ・ウィークフリーマーケットを行いました

6月19日(木)にマイノリティ・ウィーク恒例のフリーマーケットを開催しました。
マイノリティ・ウィーク期間中、障害者・マイノリティ関係事業所の方と直接交流のできる絶好の機会となっているのが、このフリーマーケットです。
今回は、「Doやまびこ」「ふれあいホーム まお」「善通寺希望の家」「スマイルハウスぷちふらわあ」「やまもも」「たんぽぽ」の6つの事業所が参加してくださいました。
当日は天候にも恵まれ、多くの学生や学内関係者が参加事業所の方と交流できました。また、事業所で生き生きと働く卒業生の様子や、学生から能動的に事業所の方へ様々な質問をする姿などが見られ、盛況のうちに終了しました。

freemarket_minority2014

マイノリティ・ウィーク講演会を開催しました

2014年度第20回マイノリティ・ウィーク特別企画講演会「子ども社会の人間関係―学校でのいじめを考える」を、6月17日(火)13:30~、本学711教室にて開催しました。
いじめ問題に精力的に取り組んでおられる筑波大学人文社会系社会学研究科教授の土井隆義先生をお招きして、今日の子ども社会といじめの問題についてお話をしていただきました。

今日の学校で見られるいじめの特徴(1.加害側と被害側が、時と場合によって入れ替わりやすい、2.身体的暴力より精神的暴力のほうが圧倒的多数である)は、異質な生徒を排除してしまった後のフラットな空間で生じていること、また、このような状況が生まれた社会的背景についての説明があり、私たちがこの問題とどのように向き合っていくべきかについて、示唆に富む講演していただきました。参加者の約半数が、考え方や意識が変わったとアンケートで回答しており、本講演の有用性が高かったことを示しています。学内外併せて約270名の参加があり、質疑応答も含め、盛況のうちに終了しました。

minoritykouenkai20140617

香川県主催のDV予防啓発講演会

dvyobou20140626

講演演題
身近な問題としてデートDVを考える

講師 中島 幸子(NPO法人 レジリエンス代表)

近年、交際相手からの暴力が社会的にも注目されてきています。そこで、大学生を含む県民等を対象に、交際相手や配偶者からの暴力について正しい理解を深める講演会を開催します。詳細につきましては、下記リンク先にてご確認下さい。

日 時 : 2014年6月26日(木)13:30~15:00
場 所 : 四国学院大学 7号館1階711教室
定 員 : 300名
※事前に申し込みが必要です。(参加費無料)
申込締切/2014年6月20日(月)
主 催 : 香川県
協 賛 : 四国学院大学

▼詳細・申込方法:香川県男女共同参画のページからお願いします。

【お問い合わせ先】
香川県総務部県民活動・男女共同参画課
TEL:087-832-3197
FAX:087-831-1165
E-mail:kenmin@pref.kagawa.lg.jp

「マイノリティ・ウィーク2014」開催

minority2014_image

第20回
 マイノリティ・ウィーク
  -学校のいじめ-

本学では、1995 年に特別推薦入学選考を導入したことに伴い、社会におけるマイノリティ(被差別少数者)が直面する問題や今後について考え、よりよき共生の道を探るための1週間としてマイノリティ・ウィークを設けております。当初、この取り組みは学生、教職員有志によって始められましたが、現在は全学的行事として行われており、本年で 20年目を迎えます。今年は、6月16日(月)から6月21日(土)までの一週を企画しております。
地域の方々も参加できるイベントですので、ぜひ足をお運びください。

<CHC委員会企画>
◎若者のための「自分さがし講座」
日 時:2014年6月21日(土)12:00~13:30
場 所:四国学院大学 514教室
講義①:12:00~12:40 『自分とは』
(講師:社会福祉学部准教授 清源友香奈)
講義②:13:00~13:40 『一人ぼっちで悩まないで』
(講師:社会福祉学部教授 富島喜揮)

表140606-1マイノリティ

チャペルアワー  マイノリティ・ウィーク

6月16日(月) 小林芽以(文学部3年) 「大学生活」
6月17日(火) 高科美歩(社会福祉学部1年) 「マイナスをプラスにする考え方」
6月18日(水) 金関貴之(学生支援センター事務課長) 「天才の法則」
6月19日(木) 富島喜揮(CHC委員長) 「失敗しても、ありがとう」
6月20日(金) 堀江世界(文学部3年) 「自分と人と」
※詳細は,6月9日発行の「チャペルへの招き」をご覧ください。

◎特別企画講演会「子ども社会の人間関係―学校でのいじめを考える」
日時:2014年6月17日(火) ①13:30~15:00
講師:土井 隆義先生(筑波大学 人文社会系社会学研究科教授)
場所:四国学院大学 711教室
対象:全学対象(学生・教職員)、一般市民
定員:300名(申込み不要、参加費無料)

◎フリーマーケット出店  (実施場所:グリーンベルト周辺および5号館西側、6号館東側)
今年もみなさんお待ちかねのフリーマーケットを6月19日(木)に実施します。うどん移動販売車によるサービスあり、手作り雑貨あり、美味しいパンやクッキーもあります。卒業生が勤務している施設さんもご参加くださいます。この機会にご利用と共に、興味のある方は各施設の活動内容もお尋ねしてみてはいかがですか。

【マイノリティ・ウィークに関するお問い合せ先】
四国学院大学内CHCセンター
TEL:0877-62-2111(内線:423) FAX:0877-63-4451
E-mail:chc@sg-u.ac.jp