NEWS

トップページのNEWSに表示

dance+live music『solos』をオンラインで公開しています。

高松市の『アート・シティ高松』文化芸術創出事業に採択され、本学教員阪本麻郁が演出・振付を担い演劇コースの学生・卒業生10名が出演しコロナ禍を生きる”若者の孤独”をモチーフにコンテンポラリーダンスと演劇的な手法で創作した映像作品dance+live music『solos』が、オンライン上で無料公開されています。
アトリウム・コイノスでの上演映像と高松市内7ヶ所でのロケ映像をコラージュさせたダンス映像作品です。
是非、ご覧下さい。

dance+live music『solos』トレーラー(1分)

dance+live music『solos』本編(約60分)

『アート・シティ高松』文化芸術創出事業HP

スチール写真:©️Megumi Yamada


舞台技術・公演マイナー

ビジネス香川にて、末吉学長のインタビュー記事が掲載されました。

2022年最初のビジネス香川(2022年1月6日付)にて、末吉高明学長のインタビュー記事が掲載されました。
学長の大学教育への思いや本学の特色が簡潔に紹介されています。
記事はこちらから閲覧できます▷【リベラル・アーツで「考える人間」を育てる】(2022年1月6日掲載)

ビジネス香川についてはこちら▷【ビジネス香川について】

大手前高松高等学校の生徒を対象にしたイングリッシュ・キャンプを開催しました。

12月25日(土)~27日(月)の3日間、大手前高松高等学校より20名の生徒が参加し、本学外国人教員4名のもと日本人旅行客の多いメキシコ・南アフリカ・トルコ・ノルウェーの国々について英語で学びました。

新型コロナウイルス感染症対策を講じ、グループに分かれ各国に関する英語の授業や、善通寺・乃木資料館・善通寺市郷土館へのフィールドワークを行い善通寺市の文化にも触れました。
また本学チャペルにて、パイプオルガンの演奏に合わせて歌を歌いました。

最終日はグループごとに学習した国についてのプレゼン発表を行い、和やかな雰囲気の中で充実した英語漬けの3日間を過ごしました。

清泉礼拝堂聖歌隊 & ハンドベル・クワイア クリスマスコンサート 2021を開催しました

12月20日 清泉礼拝堂にて、清泉礼拝堂聖歌隊とハンドベル・クワイヤによる、クリスマスコンサート2021を開催しました。

クリスマスの時をともにお祝いすることができ、来場者数は約70人と盛況のうちに終了しました。

ご来場の皆さま、どうもありがとうございました。

エクテス・クリスマス マリンバ演奏と朗読の夕べを開催しました。

2021年12月23日(木)、四国学院大学図書館「エクテス」にて、マリンバ奏者の臼杵美智代さん、キーボード奏者の長田順子さんをお迎えし、エクテス・クリスマス『マリンバ演奏と朗読の夕べ』を開催しました。

ネルソン橋本ジョシュア諒宗教委員長による聖書朗読、「きよしこの夜」や「クリスマスメドレー」などのクリスマスソングの他、マリンバの様々な音色を堪能できる演奏を約30名の来場者にお楽しみいただきました。

 

昨年度はやむなく中止となったエクテス・クリスマスですが、今年は小規模ながらも無事開催することができました。

一般選抜A日程、大学入学共通テスト利用選抜A日程、編入学B日程、大学院B日程 出願受付開始

2021年12月24日(金)から、一般選抜A日程、大学入学共通テスト利用選抜A日程、編入学B日程、大学院B日程の出願受付を開始いたします。
出願期間は、2021年12月24日(金)~2022年1月26日(水)(消印有効)です。
出願書類は2022学生募集要項にありますので、要項をご確認の上、出願ください。

募集要項をお持ちでない方は、こちらからご請求いただけます。
入試情報につきましては、こちらから
新型コロナウイルス感染症に伴う本学入学試験における注意事項もご確認ください。

お問い合わせ先
入試課 フリーダイヤル:0120-459-433

高松商業高等学校の生徒さんが大学見学と演劇ワークショップに来られました。

12月21日(火)、高松商業高等学校定時制課程より13名の生徒さんが来学されました。

カフェテリア コイノスでランチ体験をした後、大学概要説明や図書館、マグノリア学寮の施設見学を行い、大学の雰囲気を感じていただきました。
その後、本学芸術監督の西村和宏による演劇ワークショップを体験し、生徒さんたちは楽しみながらワークショップを受けられていました。

 

マグノリア学寮クリスマスイベントを開催いたしました。

2021年12月16日(木)に、アトリウムコイノスにてマグノリア学寮クリスマスイベントを開催いたしました。本イベントは、マグノリア学寮LLCの発展に必要な両輪の内の1つである「フェッツ活動」の一環です。

イベントでは、マグノリア学寮のシンボルマークのお披露目や、学寮生たちが班ごとに分かれ制作したパフォーマンスの発表、マグノリアカフェ・インプロチーム「学生シーソーズ」による即興演劇、教職員による演奏のパフォーマンスが行われました。また、企画、照明・音響を含む運営も学寮生が中心となり、学寮生同士の関係作りの一助となりました。