在学生ボイス ー社会福祉学メジャー

学びのスタイル
在学生ボイス

実際にメジャーを履修している学生からのメッセージを紹介しています。

■社会福祉学 社会福祉学メジャー
  松尾美咲さん
高知県 高知若草養護学校(現・高知県立高知若草特別支援学校)出身

私はもともと障害があり、幼い頃からたくさんの人支えられていたことがきっかけで、「大人になったら人を支える仕事がしたい」と考えるようになりました。そのために社会福祉の考え方や知識について深く学びたいと思い、社会福祉の現場で活躍する人材を多く輩出している四国学院大学で学びたいと思いました。

一般の大学への進学、初めて親元を離れて寮での生活に不安はありました。でも、この大学にはアテンダントサービスがあり、学生が授業や生活のフォローをしてくれます。私はノートを取ることが苦手なので、とても助かっています。学生の障害者に対する意識が高く、寮でも困ったことがあると周りから声を掛けてくれるので、充実した日々を過ごしています。

大学では社会福祉学メジャーを専攻。社会福祉士の資格取得を目指しているので社会福祉士の指定科目を中心に履修しています。面白かったのは「多文化共生福祉論」です。外国人に対する福祉を詳しく学ぶことができました。これまで自分がイメージしていた社会福祉の領域以外の分野についても学ぶことかできたので、とても興味深かったです。あと、社会福祉士の指定科目でもある「ソーシャルワーク演習」の授業も印象的でした。さまざまな事例などを用いて仲間と意見交換をする機会が多く、視野が広がり、深い学びを得ることができました。

専攻メジャー以外では、自分の視野を広げるために以前から興味のあった教育学や心理学関係の科目を履修しています。印象的だったのは学校教育メジャーの「児童心理学」。子どもの発達などについて、自分が子どもの頃を振り返りながら楽しく学ぶことができました。今後は高校時代にパラ陸上競技をしていた経験があるので、障害者スポーツの授業も履修したいと考えています。

四国学院大学では、1年生は少人数のクラスターに分かれ、授業や大学祭などの行事に取り組むので交友関係が築きやすいです。さらに、先生との距離が近く、コミュニケーションをとりやすいので、課題などで困ったときに友達や先生に気軽に相談できるのが魅力。この恵まれた環境でさまざまな経験を積み、将来は人の心に寄り添える社会福祉士になりたいです。

■社会福祉学部 社会福祉学メジャー
  宮本早紀さん
香川県 丸亀城西高等学校出身

中学生の時に介護施設で職場体験をした時に、人と関わること、人のために動くことが「いいな」と思うようになり、福祉に興味を持ちました。高校の先生からも「福祉の仕事が向いている」と言われ、福祉に強いこの大学を選択しました。

福祉は高齢者、児童、障害者などさまざまな分野があります。授業は福祉関連の授業をメインに自分の興味がある講義があれば積極的に受講しています。「社会福祉現場実習」の授業では、実習前に福祉の知識やマナー、施設の情報や方針、心構えなどさまざまなことを学ぶことができました。実習では特別養護施設からデイサービス、ショートステイなどさまざまな現場を経験。いろいろな症状の方がいらっしゃるので、その人に合わせた対応が必要となり大変な面はありましたが、多くの利用者と接することができ、名前も覚えてくれた人もいて、うれしかったですね。

また、外国の福祉の事情や難民の映像を見る機会があり、現状を把握するとともに、北欧では税金を高くして国全体で福祉を行っているのに対し、日本では家族が負担する部分が多いなど国によって違いがあることを知りました。

この大学の特徴の一つであるメジャー制度は、他のメジャーの学問も学ぶことができます。私は心理学の授業を受講していますが、人の行動にはそれぞれ意味があることを学び、人との関わりが重要な福祉の分野でも役に立つと思いました。

今の目標は社会福祉士の資格を取得すること。福祉の実習を通して「働く」ことにやりがいと楽しさを感じることができました。将来についてはまだ決まっていませんが、福祉関係だけでなく、一般企業も含めて選択肢を広げ、自分に合った職業を探していきたいと考えています。

■社会福祉学部 社会福祉学メジャー
  中野有悟さん
香川県 高松工芸高等学校出身

ものづくりが好きで地元の工芸高校に進学し、将来はインテリア関係の仕事をと考えていました。しかし、2年の時にインターンシップで障害者福祉施設を訪れた際、職員と利用者の温かい関係や職場の優しい雰囲気に触れて福祉分野に興味を抱くようになりました。元々地元で就職したかったこと、四国学院大学のある善通寺市は祖父母が住んでいるため、幼い頃から身近に感じていたこともあり、ここで学ぼうと決めました。

自分の視野を広げるために心理学など他分野の授業も取っていますが、福祉全般において必要となる社会福祉士の資格取得を目標に、社会福祉学メジャーを選択。メジャーの授業自体が資格の勉強になるため力も入ります。「社会福祉現場実習指導」は一年かけて知識を学び、夏休みに約1カ月間の実習をするというカリキュラム。昨年はコロナ禍で例年通りの実習ができない中、自分の足で地域の商店や農家を巡り福祉ニーズを調べるという、主体性のある有意義な体験をすることができました。ゲストスピーカーとして現場で働く方たちの声を聞く機会も多く、このメジャーを選択して間違いなかったと実感しています。

学部にこだわらずたくさんの選択肢があるこの大学を選んで本当に良かったと思います。目指したきっかけは表面的なものだったかもしれませんが、学ぶうちに厳しく大変な一面があることも知りました。それでもやっぱり、この分野に携わりたい。職員と利用者がいい関係を築けるよう、管理・調整する側につくことも考え始めました。まずは現場で経験を積むことを目標に、在学中にしっかりと知識を備えたいです。

■社会福祉学部 社会福祉学メジャー
  吉本志織さん
香川県 高松南高等学校出身

社会福祉士になりたくて、両親と話し合い、地元の四国学院大学へ入学しました。メジャーを選択する時に、「社会福祉学メジャー」と「地域社会と福祉実践メジャー」で迷いましたが、基本的なところから学びたいと考え、社会福祉学メジャーを選択しました。社会福祉士国家試験の受験資格を取得するために必要な授業を中心に履修しています。

世界の社会福祉に焦点を当てた国際社会福祉論の授業は、興味深いものでした。今まで日本にしか目を向けてこなかったので、福祉国家と言われている北欧の社会福祉や国連、難民についてなど知ることができ、自分の視野が少し広がったように感じます。世界に目を向けることで、日本の社会福祉制度などの将来を考えるきっかけにもなったと思います。

社会福祉士を目指そうと思ったのは、スクールソーシャルワーカーになりたかったから。以前から学校や家庭、地域全体で子どもを育てる環境を整える必要があると感じていたので、スクールソーシャルワークマイナーも選択しました。児童ソーシャルワーク論の授業の一貫でNPO法人「子育てネットくすくす」で施設体験に行きました。今までNPO法人と関わる機会がなかったのでとても新鮮な気持ちでした。将来NPO法人で社会福祉実践に取り組むのも良いかなと考えています。

他のメジャーの授業も受けられるのが、この大学の魅力の一つ。余裕がある時は興味のある心理学や観光学などの授業を取っています。心理学の「ライフサイクルと発達課題」では、自分の幼い頃の経験と照らし合わせながら考えることができたので、とても学びやすかったです。生まれてすぐのことなどは、母に話を聞きました。観光学の「フードツーリズム」は、食べることが好きという理由だけで履修。学部以外の科目は初めてでしたが、食文化の歴史や、食と観光とのつながりなどを知り、とても面白かったです。

福祉は高齢者介護だけでなく、障害領域や児童領域、地域福祉などいろいろな選択肢があり、将来必ず役に立つと思います。人と関わることが好きな人にはおすすめです。

■社会福祉学部 社会福祉学メジャー
  松本剛輝さん
香川県 坂出商業高等学校出身

高校時代に進路で悩んでいた時に、担任から「お前の性格なら福祉がいいんじゃないか」とアドバイスを受けて、社会福祉の道に進もうと、このメジャーを選択しました。入学当初は福祉の予備知識がなく、障害者や高齢者を介護するイメージくらいしかありませんでした。

「社会福祉基礎実習」では、福祉の現場を見て現状を知ることができ、とても勉強になりました。実習先は、就労継続支援B型施設でした。利用者と話をする機会がありましたが、言葉遣いやプライバシーに関わることなどは聞かないように、少し気を遣いました。話をしていくうちに少しずつ打ち解け、最終日には相手から話かけてくれるようになりました。福祉に対する予備知識がない状態で入学したため、全てのことが想像以上で、この領域の幅広さに驚きました。

社会福祉学以外の授業も、全て新鮮でした。教養科目の「自然科学の基礎」では、3人の先生に指導していただきながら水質調査を行うなど、とても楽しかったです。今は社会福祉士の資格取得を目指しているため、資格に必要な授業を選択してますが、余裕ができたら、他メジャーの授業も選択して、知識の幅を広げていきたいと思います。

将来は、社会福祉士に必要な知識とスキルを身に付け、地域のニーズに応え、課題を解決できる社会人になりたいです。

■社会福祉学部 社会福祉学メジャー
  青木なな子さん
香川県 琴平高等学校出身

小さな頃から福祉関係の人と話をする機会が多く、福祉の仕事に興味がありました。進路を決める時に大学のことを調べ、オープンキャンパスにも積極的に参加しました。社会福祉士の資格取得に一番特化したメジャーが社会福祉学でした。

四国学院大学は、自分の選択したメジャーの授業だけでなく、他のメジャーの授業を取ることができるので、社会福祉士資格取得のための授業と自分の興味のある授業をミックスして授業を選択しています。「多文化共生・国際社会福祉実習」では、2019年の夏にフィンランドの福祉施設を訪問しました。国内だけでなく、海外の福祉の状態について現場に赴き、知ることができたので、社会福祉士になりたい気持ちがより強くなりました。「アダプテッドスポーツ」の授業では、シッティングバレーボールやボッチャなど、障害者と健常者が一緒に楽しみながら学べます。

メジャー以外では心理学の授業を選択していました。「司法・犯罪心理学」の授業を受講したのですが、もともと犯罪心理に興味があり、実際の犯罪の実情について深く知ることができるのでとても面白かったです。

今は社会福祉士の資格を取得することが目標ですが、大学時代にしかできないことを積極的にチャレンジしていきたいです。そして将来は、人のためにしっかり働く社会人になりたいと思います。