高松高等学校の生徒さんが演劇ワークショップを体験しました。

四国化成工業様のご依頼で、2021年7月に、本学准教授 西村和宏が高松高等学校で演劇ワークショップを行いました。四国化成工業様が高松高等学校の「総合的な探求の時間」で実験授業を実施するにあたり、社員と高校生のコミュニケーションを円滑にするという目的で行われました。
また、キャリア教育につなげた「同窓会のシーンを演じるグループワーク」では、高校生たちが将来を考える良いきっかけとなりました。

四国化成工業の「総合的な探求の時間」授業の様子
写真提供:四国化成工業株式会社