『継続することの大切さ』

社会福祉学部 子ども福祉メジャー 大井 孝菜 さん

香川中央高等学校出身。2019年に「四国学院大学水泳部」を創部。第54回中国四国学生水泳選手権大会女子100メートル背泳ぎ3位入賞。

2019年に水泳部を立ち上げ、日々水泳に関わっている大井さん。選手として水泳に取り組むようになったこと、スイミングスクールでの指導を通して学んだことなど、水泳に対する真っ直ぐな思いを語ってくれました。

 

 

水泳を本格的にはじめようとしたきっかけは?

――小学校5年生のときの県大会に出場できず、悔しい思いをしたことです。水泳は3歳から始め、スクールに通っていました。私の通っているスクールには選手コースと一般コースがあります。選手コースはクラブチームの大会に出場し、国体やジュニアオリンピックを目指すコースです。一般コースは泳力向上のためのコースで、泳げるようになることが目標です。水泳を始めてからずっと一般コースに所属していましたが、小学校5年生のときの悔しさを機に選手コースに変更しました。家族の後押しもあり、選手として水泳をやろうと決意しました。

 

普段はどのような練習をしていますか?

――毎週2回、香川県内の競泳プールでの合同練習を行っています。それ以外の日は個人練習に励んでいます。合同練習では、各自で練習した仕上がりをお互いに確認しています。現在部員は7名。水泳経験者から未経験者までさまざまです。練習は真剣に取り組み、練習が終われば、和やかな雰囲気になる、切り替えがしっかりできるチームです。水泳部を創部するまでは、ひとりで練習するだけだったので、心細いときもありました。今は合同で練習する機会があるので、他の部員の存在が心の支えになっています。

 

 

 

第54回中国四国学生水泳選手権大会(2019年)にて入賞したそうですが、当時のことを聞かせてください。

――四国学院大学の選手として初めて出場した大会です。女子100メートル背泳ぎで3位に入賞することができました。当日はとてもいい感覚で泳げたと思います。まさか入賞できるとは夢にも思っていなかったので、驚きましたが、とても嬉しかったのを覚えています。中国地方の選手と競う機会はなかったので、いつもと違う会場の雰囲気を感じたり、他の選手の泳ぎを見たり、良い勉強になりました。大会によって違いがあるかもしれませんが、チームからエントリーできる人数は限られているので、レースに出場できる人とできない人がいます。レースに出場する選手は自己ベストを出すために全力を尽くします。出場できなかった選手も、応援に全力を尽くします。水泳は個人競技でもあり、チーム競技だということを実感した瞬間でした。
水の中では浮力によって、体は楽に感じます。また、全身にバランスよく負荷がかかるので、陸上で運動するよりも効果的な運動ができます。水の中では大きな怪我をする可能性も低いので、運動不足の人や運動が苦手な人もチャレンジできるスポーツだと思います。

今後の目標を教えてください。

――来年のインターカレッジ(大学対抗のスポーツ競技大会)や、四国マスターズに出場し、自己ベストを更新することです。新型コロナウイルスの影響でほとんどの大会が開催中止になっていますが、今は力を蓄える時期だと考えて、個人練習に取り組んでいます。
将来は水泳のインストラクターになりたいと思っています。現在、スイミングスクールで2~3歳の幼児クラスを指導しています。この年齢は、母親と離れるのが不安だったり、水に慣れていない子どもたちがたくさんいます。2歳の子どもたちへは言葉で説明するのが難しいので、動作を真似してもらいます。3歳になると、言葉が分かる子も増えてくるので、単語と単語をつなぎながら、分かりやすく説明できるように心がけています。子どもへの接し方や、子どもの成長の仕方などを子ども福祉メジャーで学んでいるので、水泳の指導にとても役立っています。選手として泳いでいるときは気付かなかったことも、指導する立場に立つと見えてくることがたくさんあります。教えることが一番の勉強だと思っています。
私は水泳をやめようと思ったことが何度もありました。ひとつのことを続けていくのは根気が必要で、大変なことです。でも大切なのは「好き」という気持ちを見失わないことだと思います。悩んだことも失敗したことも、必ず良い経験になりますので、後輩のみなさんも真剣に取り組めることを見つけてください。


水泳部