入試に関するQ&A

 全入試共通

入学後、2年次以降に学部を変更することができます。

「学部」「試験地」「試験日」「入試方法」等について出願後は変更することは、一切認めていません。
試験日程や出願学部、入試方式等は慎重に選び出願してください。
なお、住所の変更が生じた場合、入試課まで申し出てください。

 

 学校推薦型選抜

特に本学の建学の精神にもとづき、特別推薦選抜を除く学校推薦型選抜および一般選抜とは異なった視点から入学者を選抜することを目的とし1995年度から設けられたものです。
特別推薦選抜の該当対象枠は、被差別部落出身者、被差別少数者、身体障害者、キリスト者、海外帰国生徒、文化の多様性です。
詳しくは、こちらもしくは募集要項5ページを参照してください。

本学の求めている文化的な背景は、その範囲において特に限定しておりません。
芸術、芸能等、ご本人が今までに育んでこられたもの、多種多様な文化的背景を指します。それを通して勉学やキャンパスライフに貢献できると思われる方の出願を募るものです。
ご不明な場合は事前に入試課フリーダイヤル(0120-459-433)までお問い合わせください。

可能です。
ただし、同一学部で出願し、合格した場合は、専願である特別推薦選抜、課外活動選抜、専門学科・総合学科卒業生選抜の合格となります。
併願についてはこちらもしくは募集要項27ページを参考にしてください。

出身学校調査書は1通で結構です。
推薦書、志願者調査書は、入試ごとに1部提出してください。

選抜方法、試験地に違いがあります。
また指定校選抜Sについては優秀な成績を修めた者には特待生支給奨学金、また入学後の特典措置があるなどの違いがあります。

もちろん一般選抜(A日程、B日程とも)を受験することができます。
毎年、再チャレンジで合格している受験生がいます。
この場合、出願書類は新たに提出しなければなりません。

可能です。
ただし、第1志望学部については必ず記載してください。なお、第2志望学部まで記載することは必須ではありません。

 

 一般選抜・大学入学共通テスト利用選抜

本学・地方試験場ともに同一日・同一問題にて実施しますので、試験場による有利、不利は全くありません。
自分の一番都合のよい試験場で受験してください。

本学独自の試験はありません。
大学入学共通テストの成績で合否判定を行います。

可能です。一般選抜(A日程、B日程とも)と大学入学共通テスト利用選抜(A日程、B日程、C日程いずれも)は併願出願も可能です。

教科・科目問わず、2教科・2科目以上を受験してください。2教科・2科目を合否判定に使用します。
なお、3教科・3科目以上受験した場合は、高得点の2教科・2科目を合否判定に使用します。
詳しくはこちらもしくは募集要項18ページをご確認ください。

 

 総合型選抜

総合型選抜で不合格となった者は、総合型選抜を再受験できません。

可能です。
志願した出願学部について記載する場合、第1志望学部については必ず記載してください。なお、第2志望学部まで記載することは必須ではありません。

 

 インターネット出願

インターネット出願に関するQ&Aはこちら(Post@net)をご確認ください。