舞台技術・公演マイナー

劇場という空間で、創造的、実践的学びに没頭する時間。

舞台美術、照明、音響といった舞台技術を身につけたいと考えるなら、ここがあなたの学ぶ場所です。幅広い舞台技術の基礎を理解し学ぶことから始め、様々な公演で実践を積むことで自信と経験を培います。舞台技術を学ぶことは、演出家、役者を目指す学生にとっても、表現の幅を広げる手段となり得ます。集大成として、プロの演出家・振付家と共に制作し大学内外の劇場で行なわれる公演SARP(四国学院大学アーティスト・イン・レジデンス・プログラム)は、あなたのキャリアの第一歩となるでしょう。

教員紹介
●舞台技術・公演マイナーコーディネーター 阪本麻郁

旧・身体表現と舞台芸術マネジメントメジャー(演劇コース)では、演劇をはじめとするさまざまな舞台芸術について総合的な学びを実践してきました。新しく新設されるこのマイナーでは、演劇コースのカリキュラムに組み込まれていた照明や音響、美術など舞台技術に特化し、より深く掘り下げていくとともに、大学の中にある劇場ノトススタジオで行われる公演を学生が中心となって作っていきます。
これまで演劇コースの科目にあった「舞台芸術公演(SARP)」に加え、「舞台芸術特別公演」が新たな科目として加わります。「舞台芸術特別公演」は、『舞台芸術特別奨学金』のスカラーを中心に、ハイクオリティーな作品を創る授業です。「舞台芸術公演(SARP)」「舞台芸術特別公演」は共に、国内外で活躍する演出家や振付家を講師に招聘し作品を創作し上演する予定です。また、演劇を学ぶ学生はもちろん、他のメジャーを専攻しながら舞台技術を学ぶことも可能です。役者を志す学生にとっても、舞台技術を学ぶことで、演技の幅を広げることもできます。

授業は、照明機材や音響装置の使い方などの舞台技術の基礎をはじめ、舞台美術、舞台衣装、メイクなど、実際の舞台作りに必要な技術を学びます。講義で基礎を学び、ノトススタジオの機材を使って、実際に劇場という空間に光を当てたり、音を出して、照明や音響の技術を習得できるほか、スタジオの横にあるたたき場で大道具や小道具を作るなど、実践的な授業を行います。カリキュラムは多彩で、舞台技術を学ぶには充実した環境です。
講師陣は、国内外で活躍している著名な演出家や舞台技術の専門家を招聘して行われ、より専門的でレベルの高い舞台技術を学ぶことができます。学内では、学生が中心となって作り上げたものからプロの演劇まで、さまざまな公演を行っており、スタッフとして参加することでプロの技術だけでなく、感性を磨き、自身の世界観を構築しく助けとなることでしょう。

観衆の前で表現する演劇は、コミュニケーション力の向上につながるツールとしても注目されており、学校教員や社会福祉施設でも取り入れられています。また、演劇は役者だけでなく、照明や音響、舞台美術などの技術者や制作スタッフとともに創り上げていくものです。コミュニケーションを取り調整しながら、一つの作品を完成させていくことで、人間関係がより深まります。これは演劇に限らず、社会に出ても必要なスキルで、演劇を学びながら身につけることができます。役者やスタッフのチームワークで創り上げていく喜び、その世界観は特別なものです。
SARPでは、学外の公演も行っており、2019年には愛媛県の内子座で開催しました。違う空間での照明や音響、舞台美術を経験することで、どんな舞台でも対応できる舞台技術を身につけることができると同時に、地域の人たちと交流を深めることもできます。学外の人との関わることで、さらなるコミュニケーション力の向上につながります。

劇場は魔法。うまくいくと驚かされる瞬間や感情の共感を生み出すことができます。また、SARPの様な授業の場合、長い期間をかけて制作していきます。そして、同じメンバーで毎日行う稽古での細かな作業は、ストレスや自身・他者との葛藤も伴います。それは、学生もプロフェッショナルな人たちも同じです。作品が完成するまでは苦しい作業ですが、途中であきらめずにやっていると、最後に味わえる達成感や次のステップへの課題はその苦労なしには得ることができないでしょう。
芸術の世界は、与えられてやるものではありません。言われたことをやるのではなく、自身が自ら興味関心を広げ、あるいは深め、欲求や野望を見つけて、失敗してもやり続ける、失敗を恐れずに冒険していくことが大切です。芸術にとっては、失敗は決してネガティブなものではなく、発見であったり成長する為のプロセスでもあるのです。その過程を大いに楽しんでほしいです。舞台を通して演者や技術者としてだけでなく、人としても成長していけると思います。

カリキュラム
●履修できる科目●

こちらから舞台技術・公演マイナーのカリキュラムを確認できます。

卒業研究
●過去の研究テーマ例●

こちらから過去の研究テーマタイトルを見ることができます。

目指せるキャリア

●舞台監督 ●舞台美術 ●舞台照明 ●舞台音響
●プロの俳優 ●ダンサー ●演出家 ●劇団主宰
●都市の劇場、地域の公共ホールスタッフ
●NPO ●一般企業 など

学びのスタイル
●在学生ボイス●

こちらから在学生の履修スタイル例や、このメジャーで学んだことなどを紹介しています。

Scroll Up