学校教育

学校教育トップ

“学び”と“教え”の相関関係を深く考えよう。
まず、「ヒトはなぜ学ぶのか」考えましょう。対して、「教えるとはどういうことか」考えましょう。
“学び”と“教え”、それはどんな場にもあり、特に学校という場には不可欠なもの。
しかし本当にそれは必要なのか、疑問から手繰っていけば別な答えも見出せそうな気もします。
現代を生きる多くの人が捉える“学校”、その制度、あるいは“教育”という行為のあり方を、今一度ゼロベースから見つめ直せば、見えてくる別のものもあるのではないでしょうか。深く考えましょう。

カリキュラム

基礎科目

■教職基礎論
現代社会における教育労働の意味を再考し、教育労働をめぐる課題を中心に整理・検討を行います。そうした整理・検討を前提として、教職の現代的課題を解き明かすことを主要なテーマとして設定しています。

■教育心理学
現代の「学校」が要請する心理学的な知見に関する講義を行います。さらに学校での学びを心理学的にどのように理解するかという点を講義の中心にしていきます。

■教育行財政学 

専攻科目

■教育原理
現代社会における学校での学びのあり方を批判的に捉え返し、新たな学びの本質についての考察を行います。

■情報教育論
学校教育における「情報」に関連する課題を中心に講義を行います。とりわけ、情報教育の意味と課題を現実の学校に即して論及します。

■子どもと造形
子どもの活動における造形の意味を考えながら、造形が持つ教育的な意味を検討します。併せて造形の世界の有するダイナミズムを理解することを目指します。

■学校教育実践研究法A Ⅰ・Ⅱ/B Ⅰ・Ⅱ
現行の学校教育(初等・中等教育)における授業指導に関わる実践的な課題を取り上げ、その課題に関する理解の深化や課題が内包する問題点を検討します。同時に、この授業では受講者による模擬授業などを通して実践的な課題克服の検討も行います。

■教育史 ■教育社会学 ■教育方法論 ■数学概論 ■美術概論
■理科概論 ■社会科概論 ■体育概論 ■家政学概論 ■音楽概論 ■生活科概論
■学校教育文献購読A Ⅰ・Ⅱ ■学校教育文献購読B Ⅰ・Ⅱ ■教育ボランティア実践
■比較教育学 ■教育思想史 ■人権教育論 ■生涯学習概論 ■児童心理学
■学習心理学 ■幼児理解の方法 ■幼児教育課程論 ■保育技術論 ■教材研究・国語
■教材研究・算数 ■教材研究・社会 ■教材研究・理科 ■教材研究・音楽
■教材研究・体育 ■教材研究・図画工作 ■教材研究・家庭 ■教材研究・生活
■保育内容総論 ■道徳教育の研究 ■同和教育論 ■情報機器操作論 他

卒業研究  過去の研究テーマ例

●障害児のきょうだいを支援する必要性とその取組み ●学校統廃合と校舎跡地利用
●幼保一元化に向けての現状と課題 など

 

目指せるキャリア
●教員(幼稚園・小学校・中学校・高等学校・特別支援学校)
●地方公務員 ●国家公務員 ●進学(大学院)
●教育関連産業(予備校・学習塾などを含む)職員など