All posts by myoshioka

『困難の先で得たもの ~全国障害者スポーツ大会~』

社会学部 健康・スポーツ科学メジャー/科学教育マイナー 菰渕大城さん

香川県立盲学校出身。

香川県での予選会を経て、第22回全国障害者スポーツ大会に香川県代表選手として出場し、水泳男子(視覚)50m平泳ぎで優勝を飾った菰渕さん。
中学・高校での大会出場経験のおかげで大会慣れしていたため、当日は落ち着いて競技に臨めたといいます。
しかし、今回の全国大会出場までの道のりは平坦ではありませんでした。
高校一年の冬、中心部分の視野が欠ける(中心暗点)視覚障害を発症し、パラ水泳を始めて3年。
コロナ禍での大会中止やパニック障害などの困難を乗り越え、前を向いて努力を続けている菰渕さんにお話を聞いてみました。

パラ水泳をはじめたきっかけを教えてください。

――元々、地元のスイミングスクールで5~12歳まで競泳をやっていましたが、中学進学を機に一度水泳からは離れました。中学ではフェンシング、高校ではラグビーをやって、どちらのスポーツでも全国大会などの大きな大会に出場していました。しかし、高校一年の冬から視力が落ち始め、主治医の先生に難病指定されてラグビーを辞めざるを得なくなりました。そんな時、高校の先生から僕と同じように難病指定を受けてパラ陸上のやり投げで活躍している先輩を紹介していただき、パラ水泳の話を聞くことができました。タッピングバーなど視覚障害のための器具があるということを聞いて、パラ水泳であれば大きなハンデを考えずに始められるかもしれないと思い、始めました。

実際にパラ水泳をはじめてみてどうですか?

――視覚障害者になって、久しぶりに飛び込み台からスタートするクラウチングスタートで構えた時、水面との距離がまったく分からないことにすごくハンデを感じました。体がこわばって腰が引けてしまい、飛距離が出ず、なかなかクラウチングスタートから入水までのフォームを改善するのに時間がかかりました。今でも改善する点が多くあるのですが、パラ水泳を始めて3年経ってようやく膝が曲がってしまうのはなくなって、飛び込めるようになりました。僕は短距離をメインでやっているのですが、スタートで勝負が決まるといっても過言ではないので、これからもどんどん極めていきたいです。今は、オリンピックの日本記録保持者の選手の動画と見比べて、できるだけフォームを近づけられるようにコーチからアドバイスをもらいながら練習に取り組んでいます。

 

大会に参加してみてどうでしたか?

――僕は日本選手権や国際大会などの大きな大会を目指しているので、正直に言うと全国障害者スポーツ大会は登竜門だと思っていました。でも、いざ会場に入ってみると、すごく大きな電光掲示板があったり、アドレナリンが出るような音楽が大音量で流れていたり、招集所や会場の雰囲気なども活気があって、テレビで見ていた日本選手権や国際大会などに近いものを感じました。出場する選手たちも予選を勝ち抜いた猛者が集まっているし、同じ障害を持つ選手と「頑張ろう」と声をかけあって、気持ちを高めることができました。それに、2019年から大会が中止になり、今回が4年越しの開催だったのでみんな熱が入っていました。

優勝した時はどんな気持ちでしたか?

――自己ベストを2秒近く更新していたので、最初は喜びよりも驚きの方が勝っていました。僕は自分で電光掲示板のタイムを見ることができません。審判の方から記録が38秒26だと聞いた時は、すぐには信じられませんでした。表彰式でメダルやヴィクトリーブーケをもらった時、コロナで様々な大会が中止になり、去年はコンディションが良かったのに大会が中止になって精神的に落ち込んでパニック障害になり、一度は水泳から離れていたことなど、この大会に出場するまでの順風満帆ではなかった過去を思い出しました。表彰台では泣きませんでしたが、更衣室に戻った時に感極まって泣いてしまいました。やっぱりとんとん拍子にここまできたわけではないので、スランプがあって勝ち取った今回の優勝には重みを感じています。

 

出場までに様々な困難があったと思いますが、どうやって乗り越えてきましたか?

――去年は週8で練習をしていて、コンディションも良かったのにコロナで大会がどんどん中止になっていき、大会で記録を残すために肉体的にも精神的にも自分を追い込んでいた分、「何のためにこんな厳しい練習しているのか」という思いが強くなり、パニック障害になりました。その時は、乗り越えたというよりも、一度忘れたくて離れました。それでもし水泳に対する未練がなければ別のことを始めようと思っていました。中学の時のフェンシングや高校の時のラグビーでは大きな大会に出場したことがありますが、水泳では特に何の実績を残せていなかったこともあり、しばらく水泳を離れているうちにだんだんともう一度水泳をやりたいという思いが湧いてきました。一旦水泳から離れて、落ち着いて考える時間ができたことがよかったのだと思います。
約半年のブランクがあったので、今回はようやく大会に出場して公式記録を残せるということだけでも感激でした。それだけでなく、自己ベストを更新して優勝することができたので、今後のパラ水泳に対するモチベーションも上がりましたし、また頑張ろうと思えました。

  

大学の授業はどのように受けていますか?

――僕の視覚障害は中心暗点で、真ん中が全く見えず、端にいくにつれて少しずつ見えてくる病気です。だから、文字を見るというのがけっこうしんどいです。最前列に行っても黒板やスクリーンが全く見えないので、タブレット端末を使って写真を撮り、ピンチアップして大きくして見るようにしています。また、先生の言葉をパソコンに入力して授業を受けるようにしています。一年生の頃はアテンダントに甘えていた部分があったので、今は自分で効率的に勉強できる方法を探しています。
授業ではアテンダントサービスを利用することもありますが、パソコンスキルを上げるためにも、分からなかったことは自分で聞きに行ったり、困ったら自分から頼みに行くようにしようと決めて、今はできるだけ自分の力でやるようにしています。

健康・スポーツ科学メジャーの授業が練習に活かされているなと思うことはありますか?

――たくさんあります。例えば、「スポーツと栄養学」の授業ではスポーツのパフォーマンスを上げるノウハウを知ることができましたし、「トレーニング論」では効率的なトレーニング方法を学ぶことができて、水泳をやる上でとても役に立っています。
運動の前後に筋分解を抑えるために必須アミノ酸サプリを摂取したり、自分が普段食べている野菜では摂取できないビタミンをマルチビタミンなどのサプリで補うようにしたり。「スポーツと栄養学」の授業をきっかけに食事の面で気を遣うようになりました。去年はコンビニ飯ばかりで胃腸の調子を崩しがちでした。でも、食事の栄養に気を付けるようになって、体の調子だけでなく精神的にも落ち着いていると思います。家族や友人のサポートのおかげもありますが、栄養バランスの良い食事のおかげでパニック障害の症状も少し良くなってきました。練習頻度は以前よりも少ない週2なのに、前よりも体をスムーズに動かせるようになったので、そのおかげで自己ベストを更新できたのかなとも思っています。

これからの目標を教えてください。

――来年5月に日本選手権の予選があります。僕は、100mバタフライと100m平泳ぎにエントリーする予定なので、日本選手権の派遣標準記録をとって大会に出場することです。今後の大きな目標としては、パリとロサンゼルスのパラリンピックに出場することです。

同じように中途障害を持って悩む人へメッセージがあればお願いします。

――僕は元々アウトドア派で自転車に乗っていろんなところに出かけることが好きでした。視覚障害者になって、友人が運転免許を取って車に乗っているのを見て、「僕はどうして車を運転することができないのだろう」「自分はどうして障害を持ってしまったのだろう」とできないことに目を向けてしまっていました。でも、できないことに目を向けるのではなくて、パラリンピックのように、視覚障害であればタッチする時に壁にぶつからないようにタッピングバーを使うなど、その人の障害に適応した器具やサポートなどで工夫をすれば、障害を持っていてもフェアに競技に挑むことができます。パラ水泳を始めて、できないことに目を向けるのではなく、できることもたくさんあるんだということに気づくことができて、ようやく障害を“個性”だと思えるようになりました。最近は見えないことを強みにしています。視覚障害者だったからこそ、全国大会という大きな舞台で優勝することができたので、障害を負ってからもメリットはあると思います。最初はすぐにそういう風に思えなくても時間が解決してくれるし、障害が長所になることもあるので、少しずつでも自分のことを見つめ直していってほしいと思います。


【関連リンク】

第22回全国障害者スポーツ大会にて本学学生が入賞しました。

健康スポーツ・科学メジャー

障害者支援

クリスマス・イルミネーション点灯セレモニーを開催しました。

11月30日(水)、クリスマス・イルミネーション点灯セレモニーを開催しました。

ハンドベル・クワイアによる賛美が行われた後、聖歌隊が讃美歌きよしこの夜を歌い、留学生の林姿縈さん(文学部4年)の合図で、約6万6千球のLEDが一斉に点灯しました。
点灯セレモニーには本学学生・教職員をはじめ、善通寺市の子どもライブラリーの子どもたちや保護者、地域の皆さま約70名の方にご来場いただき、点灯の瞬間を一緒に楽しみました。
ご来場いただいた皆様、ありがとうございます。

今年も、清泉礼拝堂前広場、図書館前、キャンパスのセンターサークル、マグノリア学寮とアトリウム コイノスにイルミネーションやクリスマスをお祝いする装飾を施しました。
アトリウム コイノスに設置された全長約6メートルの巨大クリスマスツリーには、子どもライブラリーの子どもたちの作品も飾られています。

地域の人々、道行く人々にクリスマスの雰囲気を楽しんでいただけるよう、クリスマス・プロジェクト期間中は毎夜17時より23時までクリスマス・イルミネーションをキャンパスに点灯いたします。

クリスマス・イルミネーション点灯期間:11月30日(水)~1月15日(日) 17時から23時

  

クリスマス・プロジェクト2022

卒業生水上由伸選手、2022年度パ・リーグ最優秀新人賞を受賞!

本学卒業生水上由伸選手が2022年度パ・リーグ最優秀新人賞を受賞しました。
パ・リーグで育成出身選手として新人賞を獲得するのは初めてです。

水上由伸選手は、育成ドラフト5位で埼玉西武ライオンズに入団し、2021年6月には1軍昇格、2021年8月にはパ・リーグ新人記録を樹立。
今季は60試合に登板し、ホールドと救援勝利を合わせた35ホールドポイントで最優秀中継ぎ賞も受賞しており、入団当初より華々しい活躍を見せています。

今後とも、水上由伸選手への更なる応援よろしくお願いいたします。

■本学で学べる『ベースボール科学メジャー』とは

四国学院大学香川西高校3団体の表敬訪問がありました。

2022年11月22日、県予選・四国大会を勝ち抜き、全国大会への出場を決めた四国学院大学香川西高等学校男子サッカー部・女子サッカー部・駅伝競技部(女子)が来学されました。
各部キャプテンから大会に向けての意気込みが力強く語られ、末吉学長より祝福と激励の言葉が贈られました。

今後の活躍も期待しております。

 

『様々な体験を通して~日本での留学~』

文学部人文学科 林姿縈(リン シエイ)さん
中華大学(台湾)

小さい頃から日本に行ってみたいという思いを持ち、2022年9月から台湾の中華大学より本学へ留学している林さん。
林さんは本学でどのようなことを学び、体験しているのでしょうか。
本学での留学生活について話を聞いてみました。

日本に留学しようと思った理由を教えてください。

――私は、日本のドラマが好きで、小さい頃から日本に行ってみたいと思っていました。でも、なかなか日本に行く機会がありませんでした。大学に入学して、先生と一緒に勉強を頑張り、ようやく日本に留学する機会を得ることができました。この機会に、日本のいろんな場所に行ってみたいです!

四国学院大学の印象を教えてください。

――台湾にいた時から四国学院大学のことを調べていて、とてもいい大学だなというイメージを持っていました。初めて日本に来て緊張していましたが、イメージ通り環境もいいし、みんなが優しくて安心しました。四国学院大学に留学できてよかったです。

マグノリア学寮での生活はどうですか?

――台湾の寮と違うなと感じました。マグノリア学寮では、みんなで掃除番をしたり、ミーティングをしたりしています。中華大学ではあまりそういうことはしないので、日本の大学の寮生活を知ることができてよかったです。それに、分からないことがあったら助けてくれる友達もできました。

中華大学と本学で違いを感じたのはどんな時ですか。

――授業時間や時間割が違っていたので最初は一日の時間の違いに戸惑いましたが、今は慣れてきました。また、食堂も中華大学とは違っています。中華大学はいろんなお店が集まっていて、自分が好きなお店を選んで注文しますが、四国学院大学(カフェテリアコイノス)は、みんな同じ場所で、食券を購入して食べます。食堂のメニューはどれも美味しいです。

印象に残っている授業について教えて下さい。

――「教育実践と舞台芸術Ⅲ」と「日本語の音」の授業です。
演劇の授業は、発声練習をしたり、みんなで一緒に稽古をしたり、とても面白いです。台本を読む時、日本語のアクセントが難しいので、一生懸命練習しています。日本語が難しい時もありますが、演劇を通してみんなでコミュニケーションもできて楽しいです。人前で話すことにも最初は緊張していましたが、みんなで練習しているうちにだんだんと「いけるかも!」と思えるようになりました。
「日本語の音」では、日本語を話すときに口の中でどうやって発音しているのかを学んでいます。中国語とは発音の仕方が違うので、やっぱり難しいです。覚えないといけないことも多いので、頑張って勉強しています。

日本に来て驚いたことはありますか。

――「日本事情」の授業では、留学生のみんなと橋本先生と一緒に四国各地に行きます。その時の移動手段として、初めて特急列車に乗りました。台湾では特急列車でも1枚の切符で乗ることができるので、同じように特急券1枚を改札に入れようとしたのですが、改札が通れなくてびっくりしました。日本だと特急券と乗車券の2枚必要なのだということをその時初めて知りました。

「日本事情」で訪れた印象に残っている場所はどこですか。

――最近では、琴平町のこんぴらさんに行ったことが印象に残っています。みんなで一緒に長い階段を一番上まで上って、疲れたけどとてもいい景色も見られてとてもよかったです。たくさんのお店もあって楽しかったです。私は、かき氷を食べました。

 

国際オフィスアシスタント(※1)の学生とはどんなことをしていますか?

――食事を一緒にとったり、香川県のあちこちに連れて行ってもらったり、勉強会などをしたりしています。一緒に活動をする中で、たくさん日本のことを教えてくれて楽しいです。

本学でチャレンジしていることや体験していることはありますか?

――キャンパス内のクリスマス・イルミネーションの準備に参加したり、吹奏楽部の体験をしたり、授業の他にもいろいろなことをやっています。イルミネーションの準備は、みんなで一緒に飾り付けをするのが楽しいです。イルミネーションの点灯式が待ち遠しいです。吹奏楽部では、台湾でトランペットをしていたので、他の楽器にもチャレンジしたいと思って、ホルンを吹きました。トランペットよりも少し難しかったですが、とても楽しかったです。

 

本学で学びたかったことは学べていますか?

――私は大河ドラマの影響で日本の歴史に興味があって、勉強したいと思っていました。橋本先生の「日本事情」では、色々な場所に行って、その土地の歴史などを学ぶことができます。自分の学びたかったことが学べていて、楽しいです。冬休みになったら、京都の清水寺に行きたいと思っています。

これからの将来にどう活かしていきたいですか?

――「日本語の音」などの授業を受けていて、日本語教員に興味を持ちました。中華大学での授業とは内容が全然違っていて、色々なことを学ぶことができています。難しいことも多いけど、とても面白いです。それに、日本語での会話は、やっぱり直接日本で学ぶ方が話せるようになると思うので、留学中にたくさん話せるように頑張りたいです。
日本での留学を終えたら、台湾で大学院に進学して、さらに日本語の勉強をしたいと思っています。


※1 国際オフィスアシスタントは、外国人留学生のキャンパスライフサポートや、海外留学・国際関係イベントなどの交流行事に携わります。

■留学プログラム

■国際文化・マネジメントメジャー

女性に対する暴力をなくす運動(パープルライトアップ)

毎年、11月12日から11月25日は、女性に対する暴力をなくす運動の期間となっています。

内閣府では、「女性に対する暴力をなくす運動」期間の初日(11月12日)に、 女性に対する暴力根絶のシンボルであるパープルリボンにちなんで、東京スカイツリーなどを紫色にライトアップする、パープル・ライトアップを実施。
パープル・ライトアップには、女性に対するあらゆる暴力の根絶を広く呼びかけるとともに、被害者に対して、「ひとりで悩まず、まずは相談をしてください。」というメッセージが込められています。

本学でも、清泉礼拝堂のパープル・ライトアップを実施しています。

 

ライトアップ期間:2022年11月12日(土)~11月25日(金) 17時頃~23時

令和4年度 女性に対する暴力をなくす運動

四国学院大学ふくし祭り(Wel-Fes in SGU)を開催しました。

2022年10月29日(土)、本学にて四国学院大学ふくし祭り(Wel-Fes in SGU)を開催しました。
開催の経緯や当日の様子について、以下のとおりまとめておりますのでぜひご覧ください。


四国学院大学ふくし祭り(Wel-Fes in SGU)へのご参加ありがとうございました

第1回目となる今回の企画は、『「社会福祉」について知らない人たちに体験として理解してほしい』という社会福祉学部教員の思いからはじまり、学生、現場のソーシャルワーカー、当事者に声をかけ、企画から運営まで様々な形で連携しながら、開催に至りました。
当日は、高校生と保護者、高校教諭、学生ボランティア、本学教職員全て合わせて60名近い人が、会場である8号館に集いました。
どの企画も、ゆっくりとした時間の流れの中で、福祉のことや自身の体験などを語り合う光景が見られ、一応に「笑顔」があふれていました。
このような、福祉のことを、聞いたり・語ったりすることのできる、充実した『四国学院大学福祉まつり(Wel-Fes in SGU)』を開催することができたのは、企画や運営に携わってくださった関係者の方々に加え、参加してくださった皆さまのおかげであると心から感謝いたします。
これからも、「社会福祉」の魅力を伝えられるような、また参加してくださった方々が「社会福祉はおもしろい」と思えるような、企画を皆さまと一緒になって作っていけたらと思います。

実行委員長 北川 裕美子

受付の様子

イベント名 : 福祉ミニ講義

3回の講義で、延べ9人の参加者がありました。各講義の参加者は少人数でしたが、教科書に載っていない現場の話を交えた講義に、参加者はとても熱心に聞き入っていました。また、講義後には質問も出て、和やかに話し込むような場面もあり、良い雰囲気でした。

ミニ講義の様子

イベント名 : 社会福祉を学ぶための進路相談

参加者は、高校教諭1名、大学生1名、保護者1名、高校生1名でした。
大学での福祉教育の内容や就職先について、参加した生徒と教員・大学生とで、福祉を学ぶことの意義などについて話し合いました。また、高校3年生は、本学の志望動機など確認しながら、入学後のことも一緒に考えました。
他に、保護者の個別相談があり、子育て相談に応じました。

進路相談の様子

イベント名 : ソーシャルワークとケアワーク

子ども福祉、障害者福祉、介護福祉に勤めるソーシャルワーカーが、参加者の質問に応じました。参加者は、高校生と大学生8名、現場のソーシャルワーカー3名、ボランティア3名(大学院生1名、学部生2名)でした。
企業が行なう就職フェアや大学などが行う進学相談と異なり、全体的に穏やかな流れで、福祉の仕事や考え方を聞くことができ、高校生は福祉の仕事の理解を深め、大学生は今後の進路を考える機会となりました。

ソーシャルワーカーとケアワークの様子

イベント名 : 体験 ! 当事者研究ワークショップ

NPO法人サヤ「たんぽぽ」の利用者6名をお迎えし、終始和んだ雰囲気で当事者研究に取り組みました。参加者は、高校生3名、たんぽぽスタッフ3名、本学在学生1名、学生ボランティア2名の総勢15名でした。
全員で輪になって着席し、自己紹介、二人一組での「弱さの情報公開」を行なった後、個々の生きづらさや葛藤、悩みやしんどさ等を「苦労」に変換(苦労ネーム)する形で発表しました。
今回は、その中から「弱虫病」と「夢と現実がわからない症候群」の二つの苦労を取り上げて、参加者全員で研究に取り組みました。自分の言動に対する他者からの反応に時折くじけてしまう弱虫な自分、夢なのか現実なのかに悩まされる瞬間を生き抜く日々の苦しさ、そんな苦労との付き合い方をその場にいた全員で話し合いました。
参加者からは、「辛い話なのに何故か楽しかった」「こういう話し合い、面白かった」「しんどいのは自分だけじゃなかったということがわかった」等の感想が聞かれました。
当事者研究ならではのお互いの言葉が、お互いの気持ちに触れる「場」の大切さと、苦労は解決するのではなく、むしろ取り戻すことに意味があるということに気づかされたセッションとなりました。

当事者研究の様子

イベント名 : 日がな一日ゲーム三昧

学生スタッフのリードのもと、TVゲームとカードゲームを行った後に意見交換をして時間を過ごしました。参加者は、学外者7名(生徒、教諭、医師)、学内者6名(ボランティアスタッフ、教員)の13名の参加でした。
初めて顔を合わす人ばかりでしたが、温かな時間がゆっくりと流れ、参加者同士の自然なやりとりがみられました。
意見交換では、「ゲームに抱くイメージはプラスかマイナスか」をテーマに話し合いましたが、初めて出会った人たちのグループにもかかわらず、生徒、教諭といった立場を超えて、自由に意見交換がなされました。意見交換後の海野順先生(三光病院長)の、「ゲーム依存症は決して本人のせいではない」、また「ゲーム以外にもっと楽しいものがあれば違うはず」といった言葉が印象的でした。アンケート結果から、ゲームをする自分を振り返る良い機会になったことが伝わってきました。
末筆になりましたが、大学生スタッフによる良く練られた企画とサポートは、誰もが楽しく過ごし、語らいあえる場の提供に大きく貢献しました。

ゲーム三昧の様子

四国学院創立73周年記念礼拝を執り行いました。

10月20日(木)清泉礼拝堂にて、学院創立73周年記念礼拝を執り行いました。
記念礼拝では、山下慶親理事長より「蒔かれた種が良い実を結ぶように」と題して説教をいただきました。
その後、名誉教授の称号記授与、教職員永年勤続者表彰、学生の成績優秀者への褒賞金授与、課外活動表彰が行われました。
食堂『カフェテリア コイノス』で学院創立73周年記念フェアとして、学生・学内関係者にランチメニュー等が無料提供となり、キャンパス内も賑わいを見せていました。

本学学生がKSB瀬戸内海放送で紹介されました。

社会福祉学部2年山本華さんの大学生活や本学の障害者支援について、KSB瀬戸内海放送「News Park KSB」(2022年10月12日放送)にて紹介されました。

放送内容は、以下のリンク先にて動画や記事などで公開されていますので、ぜひご覧ください。

【特集】右目のわずかな視力を頼りに送る大学生活 20歳女性の「工夫」と周囲の「支援」
YouTube
KSBホームページ
Yahooニュース

<本学の障害者支援についてはこちらから>

2022年度四国学院大学文化学会講演会を開催しました。

2022年9月28日(水)、京都大学大学院 人間・環境学研究科 准教授 松本卓也氏を講師としてお迎えし、FD・SD研究会の一環として2022年度第1回文化学会講演会「心の病気ってなんだろう? 大学とメンタルヘルス」をテーマにご講演いただきました。

講演では学生に多い症例を用いて解説していただき、大学生と関わる現場の教職員として活用できる内容も多くあり、今後の職務に活かせる貴重な時間となりました。