All posts by myoshioka

『息を合わせること』

社会福祉学部 こころとからだの福祉メジャー
大西 くるみ さん
飯山高等学校出身。ハンドベル・クワイア。

本学のチャペルアワーや入学式などの学内行事で、美しい音色を奏でてくれるハンドベル・クワイア。
その美しい音色に魅せられ、ハンドベル・クワイアに入ったという大西さんに、ハンドベルの魅力や学生生活についてお話を聞いてみました。

 

ハンドベル・クワイアに入ったきっかけを教えてください。

――高校生の頃、知り合いの方からコンサートがあることを聞き、3月のフェアウェルコンサートに行ったのがハンドベル・クワイアを知ったきっかけです。ハンドベルの演奏はすごくきれいで、とても感動する音色でした。四国学院大学への入学は決まっていたので、サークルに入るならハンドベル・クワイアにしようと決めました。入学して、実際に体験させてもらったら、入りたい気持ちがもっと強くなりました。音色ももちろんきれいなんですけど、今まで見たこともない楽器ということで興味もありました。先輩方が1音鳴らすだけで褒めてくださって、あたたかみのあるサークルだなと感じて、ここで一緒にひとつの曲を演奏してみたいと思いました。

四国学院大学への入学を決めた理由を教えてください。

――オープンキャンパスの模擬授業で、自分が学びたいことを見つけられたからです。オープンキャンパスに参加する前は、他の大学への進学を考えていました。それまで私は、子どもに関わる学びが自分に合っていると思っていて、高校でも子どもに関することを勉強していたのですが、何か違うと感じていました。そんな時、高校から必ず2校のオープンキャンパスに行くようにと言われ、近いからという理由で四国学院大学のオープンキャンパスに参加しました。その日はちょうど「こころとからだの福祉メジャー」の模擬授業が行われていました。参加してみると、すごく興味がわいて、学んでみたい!という気持ちになり、四国学院大学へ進路変更しました。内容については分からないことも多かったんですけど、模擬授業をされていたメジャー・コーディネーターの富島先生の話が面白くて、この先生の下で学んでみたいとも思いました。精神保健福祉への興味も少しはあったので。

実際に入学してみて、どうですか?

――学びたいことを自分が決めて学べるし、その中でいろんな人との関わりがあります。入学前は、一つの学部の中でその学部にいる人とのつながりしかないイメージを持っていたんですけど、実際はそうではありませんでした。私の友達には社会学部の子や文学部の子がいるし、いろんな学部の人と関わりを持てて、そこからまた新しい人と出会えて、すごく楽しいなと思います。教授とのコミュニケーションも、けっこういろんな話ができていいなと思います。メジャーの先生に覚えてもらって「最近どう?」と話しかけてもらったり、授業中にあてられたり、そういうのは今までにないことで楽しいなと思います。
「現代倫理の諸課題」の授業では、学部学年関係なく受講しているので、本当に面白いです。先生方の熱がヒートアップすることや、議論のぶつかり合いなどがあって、でもその中で学びが深まっていっていると感じています。一つ一つのテーマも、昔のことではなく今現在に起こっていることやこれから私たちが経験するであろう問題など、今まで考えることがなかったことを考えさせられます。この授業をとっていなければ、自分の固まった価値観、狭い視野でいろんな物事を見てしまっていただろうなと思います。

ハンドベル・クワイアでのやりがいや楽しみはどんな時に感じますか。

――練習を重ねて、本番を何度か経験する中で、みんなと息が一つに合って、私たちの目標としている“歌っているような曲をつくる”ことができた時は、鳥肌が立つほど感動します。練習の中では、「本当にできるのだろうか?」「あと0.5秒の差なのに……」と微調整ばかりで、自分が本当に成長しているのか、うまくなっているのか分からない時もあるんですけど、それが成功した時は本当に病みつきになります。

今は、「いつくしみ深き」などの宗教曲や練習で「わたしのお気に入り」(JR東海で流れている曲)を演奏したり、これから聖歌隊とのコラボ曲の練習も始めようとしています。まだどうなるか分からないんですけど、以前小豆島のハンドベルクラブの方とコラボさせてもらったことがあって、そのハンドベルクラブの方からまた一緒に演奏したいというオファーがあり、それに向けた練習もしています。前回のコラボの時は、私たちが4曲、ハンドベルクラブが1~2曲、私たちとハンドベルクラブの合同で1曲を披露しました。私自身はクラブの方とお話していなかったのですが、楽器を通して1つのことを為すというのはすごいなと感じました。

ハンドベル・クワイアではどんな役割を担当していますか。

――私は、最初は中音のベルからスタートしました。それからだんだんと下の音へとおりていって、一年生の最後はテナーを担当していました。先輩たちが卒業して担当パートが変わる際、低音を担当することになりました。低音の大きいベルは1キロ近くあるので、重さはあるし、慣れていないし、ベルが大きくなれば中のハンマーが当たる時間も全然違うので、ひたすら練習あるのみでした。何回やってきても、本番はやはり緊張します。私自身がベースとして、土台としての役割がちゃんとできているのかなと思うこともあります。大きく主張はしなくても、しっかり支えていないと他の中音や高音が活かされないので。
でも、先輩と話している時に、私が一番安定していると言われた時は、頑張ってきてよかった! と本当に嬉しかったです。

ハンドベル・クワイアの魅力や好きなところを教えてください。


―― 一つの音なんですけど、誰かが代わりに持つと違うものになったり、人の性格やその時の体調が音に現れるのですごく面白いです。
一つの曲を完成させるには他の部員と息を合わせたり、強弱を統一したりする必要があります。そういったことを通して、相手をみることを鍛えられていると思います。「あの人はこういう鳴らし方をするから、私はどう合わせたらいいか?」ということを考えたりもしますし、チームで一つのものを作り上げていく大切さを学ばせてもらっています。同じ学年以外の先輩や後輩たちとの関わりもすごくあって、それぞれで悩むこともあれば、遠慮することもあったり、逆にさらけ出すこともあるので、先輩後輩を持つってこういうことなんだと分かりました。先輩から教わってきたことがあるから、今の自分が自信を持ってベルを振れるということもあるし、後輩がいるからこそ引っ張っていく先輩として相手のことを考えることもできるし、中高では体験できなかったことを今体験させてもらっています。

大学生活でのこれからの目標を教えてください。

――今は、精神保健福祉士の資格取得を目指していて、来年実習に行くことになっているのですが、来年の2022年に資格を取れないと2023年度はカリキュラムが大きく変わるので、受からないと!というプレッシャーがあります。テキストをみていてもかなりの量があるので自分にできるのか不安もありますが、国家資格を取得したいと思って入学した過去の自分のためにも、諦めずに頑張りたいと思っています。チャレンジして駄目だった時は仕方ないと思うのですが、やる前から諦めることはせずに自分で決めたことは最後までチャレンジし続けたいです。

ハンドベル・クワイアでのこれからの目標を教えてください。

――リーダーシップをとる3年生として、後輩たちに何を残していけるだろうということを考えています。どうすれば次の世代も楽しんで、曲を仕上げることができるだろうか、と。練習がきついと苦しいだけだと思うので、やっぱり楽しんでもらいたいというのが一番ですし、それぞれがベルに対する思いを持ってくれたらいいなと思います。自分に何ができるのか考え中なんですが、少しずついろんなことを教えながら、自分も成長していきたいです。

ハンドベル・クワイアに興味がある方へ向けてメッセージをお願いします。

――私も経験ゼロからのスタートだったので、ベルに触ったことがないという人も大歓迎ですし、音楽が大好きだ!という人も大歓迎です。


ハンドベル・クワイア(公認CC サークルページ)

本学卒業生 西内友広監督が率いる高知中央女子野球部が甲子園決勝の舞台に立ちました。

本学卒業生 西内友広監督が率いる高知中央女子野球部が『第25回全国高等学校野球女子硬式野球選手権大会』で準優勝を遂げました。

創部3年目の女子野球部を甲子園の舞台まで導いた西内監督。

西内監督は、在学中を振り返り、「大学で全国大会に出たことで野球に対する考え方が変わりました。四国学院大学に行ったことが自分の人生を変えてくれています。」と話してくれました。

本学では学生コーチを務めたこともあり、現在の本学硬式野球部には西内監督の教え子も入学しています。

西内監督の今後ますますのご活躍に期待しております。

■本学で学べる『ベースボール科学メジャー』とは

本学卒業生水上由伸選手(埼玉西武ライオンズ)がパ・リーグで新人記録を樹立しました。

本学卒業生水上由伸選手が、デビューから14試合連続無失点のパ・リーグ新人記録を樹立しました。

水上由伸選手は、育成ドラフト5位で埼玉西武ライオンズに入団し、2021年6月には1軍昇格という快挙を果たしています。

今後ますますの活躍が期待されている選手です。

水上由伸選手への更なる応援よろしくお願いいたします。

■本学で学べる『ベースボール科学メジャー』とは

2021年度教員免許状更新講習が終了しました。

7月24日(土)~8月2日(月)の期間、本学で2021年度教員免許状更新講習を実施しました。
今年度は、27の講習が行われ、延べ人数約1,000名の方が受講しました。
本学の教員免許状更新講習にお越しいただき、ありがとうございました。

本学は、香川県西讃地域唯一の4年制大学として、地域への貢献、教員養成課程を有する大学として教員免許状更新講習を実施しています。

 
 
 

※講習は、新型コロナウイルス感染症対策を行った上で実施しました。

『前向きに走ること』


社会学部 藤田真緒さん

四国学院大学香川西高等学校出身。四国学院大学陸上競技部。
第75回中国四国学生陸上競技対校選手権大会 女子 400mハードル1位。

中国四国学生陸上競技対校選手権大会では、女子400mハードルで創部以来初の優勝を飾った藤田さん。
小学生の頃から続けてきた陸上競技について、お話を聞かせてもらいました。

 

四国学院大学へ進学した経緯を教えてください。

――私は、小学生の頃から陸上競技を続けてきました。小学生の時はハードル、中学生の時は走幅跳をしていたのですが、高校生の時はハードルだけに集中してきました。そのおかげで高校3年生の大会では、400mハードルで全国大会に出場することはできました。けれど、納得のいく結果を残すことが出来ませんでした。大学でもまたチャレンジしたいと思い、高校の時に指導してくださっていた青海コーチがいる四国学院大学に進学を決めました。それに、学びたいことを見つけるためにも、入学後に学びを自由に選べるメジャー制度は合っていると思いました。

 

400mハードルと走幅跳を競技する選手は珍しいそうですが、二つの競技にはどんな魅力がありますか?

――400mハードルは、ハードル間の走りや歩数、歩幅などを調整しながら競技できます。ハードルを越えながら走っていくなかで自分の思い通りに走れている時はとても楽しいです。ハードルという障害物があるのでレース展開がどうなるか分からないのが魅力だと思います。
走幅跳は、技術力や助走の流れなどが大事でそれを追求することで記録の向上につながり、自己ベストを出せた時はとても嬉しく思うのでそこが魅力だと思います。

 

陸上競技をしていてよかったと思うのはどんな時ですか?

――大会で良い記録を出せた時やたくさんの人たちが応援してくれた時です。
また、いろいろな人と出会えて喜びなどを共有できる時です。

 

陸上競技部での練習や競技をする上で気を付けていることはありますか。

――陸上競技部は、火曜日が自主練習で木曜日と日曜日がオフでそれ以外は全体練習日です。練習メニューは、青海コーチが考案してくれています。自分でトレーニングメニューを考えて練習することは難しいのですが、自分でしっかり考えて練習している先輩や同期がいて尊敬しています。自分では、余計な食べ物を食べないようにしていたり、練習中や大会で良い動きができるよう日々の体のケアをしたりして気を付けています。課題がたくさんあって良いフォームを身に付けられるよう走っています。怪我をしたり、記録が伸びなかったり、調子が悪い時には、「明日は走れる」と前向きに考えるようにしています。

 

第75回中国四国学生陸上競技対校選手権大会の感想を聞かせてください。

――コロナの関係で出場できていない選手がいる中での優勝だったので、複雑な気持ちもあるのですが、自己ベストに近い記録を出すことができたので嬉しかったです。走幅跳でも決勝に出場することができました。今後も記録を伸ばしていけるよう練習を頑張りたいと思います。

 

これからの目標を教えてください。

――4年間ある中で日々練習を頑張り、全国で戦える選手になることです。400mハードルでは50秒台で走ることと、走幅跳では6mで跳ぶことが目標です。将来は、スポーツに関わることをしたいと思っているので、これからスポーツに関することを学んでいきたいと思っています。


陸上競技部
■大学HP関連記事
・第75回中国四国学生陸上競技対校選手権大会にて、陸上競技部学生が優勝(2種目)しました。

本学卒業生水上由伸選手(埼玉西武ライオンズ)が一軍昇格となりました。

育成ドラフト5位で埼玉西武ライオンズに入団し、5月13日に支配下登録された本学卒業生水上由伸選手が初の一軍昇格を果たしました。

2020年10月に育成指名されて約半年での一軍昇格という快挙です。

水上由伸選手への更なる応援よろしくお願いいたします。

■本学で学べる『ベースボール科学メジャー』とは

マグノリア学寮 記念植樹式を執り行いました。

本日5月27日、マグノリア学寮 記念植樹式を執り行いました。

四国学院大学70周年記念事業として建設されたマグノリア学寮は、大学キャンパス内に立地し、生活と学びが融合した場として、本学の建学の精神に沿った教育の重要な一環として位置づけられています。
1949年に設立された本学のキリスト教ルーツは、米国南部長老派教会にあります。そこで、米国南部で繁茂するマグノリアを本学ルーツの表象として採用しました。

 

 

マグノリアの花

マグノリア学寮について

近藤剛准教授が共同研究で「女子サッカー最古の写真」発表(北海道大学・大阪成蹊大学・東京女子体育大学・北陸学院大学・公益財団法人日本サッカー協会)

本学近藤剛准教授が
崎田嘉寛准教授(北海道大学大学院教育学研究院)
寳學淳郎教授(大阪成蹊大学教育学部)
藤坂由美子准教授(東京女子体育大学体育学部)
田邊圭子教授(北陸学院大学人間総合学部)
津内香氏(公益財団法人日本サッカー協会)
と『戦前期における女子サッカーの輪郭を描くことに成功~現時点で日本最古の女子によるサッカーの写真を発見~』と題し、共同研究を発表しました。


<概要>
研究グループは,北海道から九州までの公立高等女学校286校の学校史422冊を調査し,戦前の日本における女子フットボールの実施状況を明らかにしました。その結果,調査校の約19%(53校)で,1902~40年にフットボール(遊戯化したものを含む)を実施していた記事や写真が確認されました。
また,調査では,現時点で日本最古と考えられる女子による「サッカー」の写真も発見されました。写真は,『第一高女85年の歩み』(津田露,1986)に掲載されており,大分高女時代の1916年にサッカーの試合が行われている様子が収められています。これまで最も古い女子サッカーの写真とされてきたのは,『四国新聞』(2011.12.2)に掲載された,丸亀高女の生徒がサッカーをする写真(1919,1920撮影)でした。大分高女の写真は,丸亀高女より3年早いことになります。
男子に好まれたフットボールは,大正期を中心として,女子中等教育機関でも全国的に熱心に取り組まれた競技の一つであったことが明らかになりました。本研究を契機として,日本における女子フットボール・女子スポーツに関する多様な研究が展開されていくことが期待されます。

本研究成果は,『体育学研究』(第66巻)に掲載予定です(2021年3月11日,オンライン早期公開)


1916年大分県大分高女のフットボール写真


共同プレスリリース

■NHK高松放送局『香川 NEWS WEB』(2021年5月14日)
四国学院大などの研究グループ「女子サッカー最古の写真」発表

世界自閉症啓発デー ブルーライトアップを行います。

4月2日は世界自閉症啓発デーです。
昨年に引き続き、四国学院大学でも、清泉礼拝堂(チャペル)をブルーライトアップして啓発活動に取り組みます。
ライトアップは、発達障害啓発期間中(4月2日(金)~8日(木))行います。

Bluelightup

「世界自閉症啓発デー」とは

国連総会(H19.12.18開催)において、カタール王国王妃の提案により、毎年4月2日を「世界自閉症啓発デー」(World Autism Awareness Day)とすることが決議され、全世界の人々に自閉症を理解してもらう取り組みが行われています。
わが国でも、世界自閉症啓発デー・日本実行委員会が組織され、自閉症をはじめとする発達障害について、広く啓発する活動を行っています。