関 泰子

職名:教授
専門分野:社会学(比較社会学、地域研究)
学位:国際学修士


主な業績等
論文・学会発表等:
2007年6月 「タイ・ラーマン(モーン)系住民における家族と宗教」比較家族史学会2007年春季(第49回)研究大会

2011年2月 「四国で女性研究者を育む:大学における女性参画のビジョンを語る」(四国女性研究者フォーラム)

2012年 「タイ・モーン族における仏教と精霊信仰の実践がエスニック・アイデンティティに及ぼす影響」『社会学雑誌』(29)109-133.

2014年3月 「タイ南部の船霊信仰」『立命館国際研究』26(4)143-166

2018年3月 「ミャンマーにおける船霊信仰と宗教的シンクレティズム」他(共)「東アジアにおける宗教的シンクレティズムの社会学的研究-日本・中国・東南アジア」【平成27-29年度科学研究費補助金(基盤研究(B)研究成果報告書)研究代表者・橋本(関)泰子】

著書等:
2007年 「タイにおけるミャンマー人労働者のエスニシティとナショナリティ-モーン族の事例を中心に-」[佐々木衛編『越境する移動とコミュニティの再構築』] <東方書店>

2007年 「バンコクにおける女性のライフコースの変化と主婦化をめぐって (共) [落合恵美子他編『アジアの家族とジェンダー』] <勁草書房>

2008年 “Housewifization and Changes in Women’s Life Course in Bangkok” (共) [Emiko Ochiai et al. eds., Asia’s New Mothers:Crafting Gender Roles and Children Networks in East and Southeast Asian Societies] <Global Oriental, UK>

2011年3月 Withi Khoropkhrua chao asia nai satwat thi 21 ( タイ語 ) (共) [Emiko Ochiai, Worawet Suwanrada et al, eds.]  <Chulalongkorn University Press.>

2017年10月 「タイにおける妖怪と神 クマーン・トーン」(共)[小松和彦『進化する妖怪文化研究』]<せりか書房>

Scroll Up