イベント情報

10月
30
マームとジプシー公演『BEACH CYCLE DELAY』 @ 四国学院大学ノトススタジオ
10月 30 – 10月 31 全日

令和3年度 文化庁 大学における文化芸術推進事業 シアター・プロジェクト
マームとジプシー公演
『BEACH CYCLE DELAY』
作・演出:藤田貴大

2018年よりマームとジプシーがドイツのシューズブランド・trippenと共に取り組んでいるシリーズ。これまでに「BEACH」「BOOTS」の2作品を発表しましたが、「CYCLE」は今回が初上演。また「BOOTS」はタイトルを「DELAY」と改め、リニューアルします。三演目それぞれが独立した作品でありながら登場人物たちが作品間でシンクロして、夏から冬までの季節を描いています。本公演では愛知県豊橋市、新潟県妙高市、香川県善通寺市を巡り、すべての会場で全作品を上演予定です。ぜひご期待ください。

◯日時 2021年
10月30日(土) 13:00 BEACH / 18:00 CYCLE
10月31日(日) 13:00 DELAY
※受付開始・開場は開演の30分前

◯料金 ※予約のみ販売
一般      3,500円
大学生     2,000円
高校生以下   1,000円
3作品セット券  9,000円

※NSメンバー対象公演
※大学生・高校生以下の方は当日受付にて学生証をご提示ください。

◯会場
四国学院大学ノトススタジオ
(香川県善通寺市文京町3‐2‐1)
※善通寺駅から徒歩8分/善通寺ICから車で8分
※学内駐車場あり(1回300円)

★公演の詳細はこちらから

10月
31
第60回 四国学院大学祭 楽良LA祭 @ 四国学院大学
10月 31 @ 10:00 AM – 5:40 PM

第60回四国学院大学祭 楽良LA祭
日程:10/31(日)10:0017:40

第60回四国学院大学祭は新型コロナウイルス感染症対策を充分に講じたうえで、来場を本学関係者(学生、教職員、卒業生)および、本学学生のご家族の方のみに制限し対面にて開催いたします。卒業生とご家族の方は、来場前に事前申し込みフォームより必要事項のご入力をお願いいたします。入場の際の注意事項等もお読みいただいた上、ご参加の程よろしくお願いいたします。
また、新型コロナウイルス感染症の影響等により予定が変更となる事がございますので、以下より最新の情報をご確認ください。

大学祭HP(企画の詳細や最新情報)
Twitter @puroro123
Instagram 4gaku.fes

11月
13
サラダボール公演『マクベス dialogue』 @ 四国学院大学ノトススタジオ
11月 13 – 11月 14 全日

サラダボール公演
『マクベス dialogue』
原作=ウィリアム・シェイクスピア 翻訳=福田恆存
翻案・演出=西村和宏 振付=阪本麻郁

スコットランド軍の勇将マクベスはノルウェー軍を打ち破った凱旋の帰路、荒地で三人の魔女に会う。
魔女たちはマクベスに「いずれは王となる」と予言する。マクベスとマクベス夫人はこの話を信じ、
スコットランド王を暗殺、友であった武将バンクォーまで殺害し、ついには魔女の予言通り王位につくが……
シェイクスピアの四大悲劇の一つ「マクベス」をマクベス夫妻と魔女三人の五人芝居に大胆にアレンジ。
マクベスと魔女とのダイアローグ(対話)でストーリーを展開し、人間の心の“闇”を描く。

◯日時 2021年
11月13日(土) 14:00 / 19:00
11月14日(日) 14:00
※受付開始・開場は開演の30分前

◯料金
一般    3,000円
U25     2,000円
高校生以下 無料
※U25 (25歳以下)、高校生以下の方は年齢・学籍の証明書をご提示ください。
※未就学児童はご入場いただけません。
※NSメンバー対象公演

◯リピート割
2回目以降の来場は各料金より500円引き
(全会場で適用・要入場券提示)

◯会場
四国学院大学ノトススタジオ
(香川県善通寺市文京町3‐2‐1)
※善通寺駅から徒歩8分/善通寺ICから車で8分
※学内駐車場あり(1回300円)

◯予約開始日
2021年8月28日(土) 10:00

★公演の詳細はこちらから

11月
20
dance+live music『solos』 @ 四国学院大学 アトリウム コイノス
11月 20 @ 2:00 PM

dance + live music
『solos』
演出・構成・振付/阪本麻郁

英語で独演、独奏、単独で何かをする様を意味する「solo」( ソロ ) に複数形の「s」を足したタイトル「solos」( ソローズ ) は、独演の集合体を表した造語です。コロナ禍を生きる ” 若者の孤独 ” を、コンテンポラリーダンスの手法を用い若いダンサーや役者の身体から動きとテキストを導き出し、作品を構成していきます。その過程は、「solo」( ソロ ) の作業を重視し、振付家と出演者一人一人との対話から出発し、最終的にはドラムの生演奏にのせてそれらを集約した「solos」( ソローズ )=独演の集合体へと発展させていきます。
「solos」は、2021 年四国学院大学に新設された広大な空間アトリウム コイノスで収録され、その後高松市を中心に撮影されるロケ映像と共にコラージュし、映像作品「solos」として2022 年1 月より高松市のシティ・プロモーションとしてオンライン上で公開されます。
本公演は、アトリウム コイノスでの収録に伴い、1 ステージのみ一般公開いたします。なお、本作品は高松市の委託を受け制作するものです。
『アート・シティ高松』文化芸術創出事業ホームページ

◯日時
2021 年11 月20 日( 土) 14:00 開演  13:45 受付・開場

◯料金
入場/無料・要オンライン予約
*未就学児童はご入場できません

◯会場
四国学院大学 アトリウム コイノス
(香川県善通寺市文京町3丁目2番1号)
※善通寺駅から徒歩8分/善通寺ICから車で8分
※学内駐車場あり(1回300円)

★公演の詳細はこちらから