NEWS

トップページのNEWSに表示

第75回中国四国学生陸上競技対校選手権大会にて、陸上競技部学生が優勝(2種目)しました。

2021年5月14日~5月16日、高知県立春野総合運動公園陸上競技場にて、第75回中国四国学生陸上競技対校選手権大会が開催されました。

藤田 真緒(女子400mハードル)と吉川  愛莉(女子ハンマー投げ)が、中国四国学生陸上競技対校選手権大会にて創部以来初の優勝を果たしました。

本学学生の主な大会結果は下記の通りです。

順位 種目 氏名 記録
優勝 女子 400mハードル 藤田 真緒(1年 社会) 01:02.0
優勝 女子ハンマー投げ 吉川  愛莉(2年 社福) 50m08
2位 男子100m 中島 澪哉(3年 社会) 10.84
2位 男子200m 中島 澪哉(3年 社会) 21.4
3位 女子200m 小原 桃子(2年 社福) 25.54
3位 男子4✕100リレー 山口 敦史(1年 社会)
中島 澪哉(3年 社会)
藤田 優人(1年 社会)
中村 匡(1年 社会)
41.82
3位 男子4×400mリレー 石井 健斗(1年 社会)
中島 澪哉(3年 社会)
大谷 智也(2年 社会)
中村 匡(1年 社会)
03:15.6

陸上競技部学生自己記録

近藤剛准教授が共同研究で「女子サッカー最古の写真」発表(北海道大学・大阪成蹊大学・東京女子体育大学・北陸学院大学・公益財団法人日本サッカー協会)

本学近藤剛准教授が
崎田嘉寛准教授(北海道大学大学院教育学研究院)
寳學淳郎教授(大阪成蹊大学教育学部)
藤坂由美子准教授(東京女子体育大学体育学部)
田邊圭子教授(北陸学院大学人間総合学部)
津内香氏(公益財団法人日本サッカー協会)
と『戦前期における女子サッカーの輪郭を描くことに成功~現時点で日本最古の女子によるサッカーの写真を発見~』と題し、共同研究を発表しました。


<概要>
研究グループは,北海道から九州までの公立高等女学校286校の学校史422冊を調査し,戦前の日本における女子フットボールの実施状況を明らかにしました。その結果,調査校の約19%(53校)で,1902~40年にフットボール(遊戯化したものを含む)を実施していた記事や写真が確認されました。
また,調査では,現時点で日本最古と考えられる女子による「サッカー」の写真も発見されました。写真は,『第一高女85年の歩み』(津田露,1986)に掲載されており,大分高女時代の1916年にサッカーの試合が行われている様子が収められています。これまで最も古い女子サッカーの写真とされてきたのは,『四国新聞』(2011.12.2)に掲載された,丸亀高女の生徒がサッカーをする写真(1919,1920撮影)でした。大分高女の写真は,丸亀高女より3年早いことになります。
男子に好まれたフットボールは,大正期を中心として,女子中等教育機関でも全国的に熱心に取り組まれた競技の一つであったことが明らかになりました。本研究を契機として,日本における女子フットボール・女子スポーツに関する多様な研究が展開されていくことが期待されます。

本研究成果は,『体育学研究』(第66巻)に掲載予定です(2021年3月11日,オンライン早期公開)


1916年大分県大分高女のフットボール写真


共同プレスリリース

■NHK高松放送局『香川 NEWS WEB』(2021年5月14日)
四国学院大などの研究グループ「女子サッカー最古の写真」発表

本学卒業生水上由伸選手(埼玉西武ライオンズ)が支配下登録されました。

埼玉西武ライオンズは、13日四国学院大学卒業生で育成登録1年目の水上由伸選手と支配下契約を結んだことを発表しました。背番号は69です。
水上由伸選手への更なる応援よろしくお願いいたします。

■本学で学べる『ベースボール科学メジャー』とは

清水一紘准教授が共同研究「“かくれんぼ” をしている銀河の発見」(東京大学・大阪大学)

本学清水一紘准教授(専門分野:天文学、宇宙物理学、数値シミュレーション)が
百瀬 莉恵子(日本学術振興会 特別研究員)
嶋作 一大(東京大学大学院理学系研究科天文学専攻 准教授)
長峯 健太郎(大阪大学大学院理学研究科 宇宙地球科学専攻 教授)
と「“かくれんぼ” をしている銀河の発見」と題し、共同研究を発表しました。

〈概要〉
宇宙に存在する質量をもった物質のうち、我々の知っている物質(例えば水素や酸素など)の割合は15%程度で、のこり85%はダークマターと呼ばれる未知の粒子である。ダークマターは、世界にあるあらゆる望遠鏡では観測できず、宇宙にどのように分布しているのかいまだによくわかっていない。現在ダークマターの分布を推定する方法の一つとして、銀河の分布をもとにダークマターの分布を推定する方法がある。この方法では、ダークマターが多く集まっている場所 では、同時に銀河も多く集まって観測されるだろうという仮定の下でダークマターの分布を推定する。しかしながら、観測されたある特定の銀河の分布がダークマターの分布を反映していない可能性があることが、本研究において明らかになった。

本研究は、以下の雑誌に発表されています。
雑誌名:The Astrophysical Journal Letters
論文タイトル:Catch me if you can: Biased distribution of Lyα-emitting galaxies according to the viewing direction

東京大学大学院 理学系研究科・理学部ウェブ公開URL
https://www.s.u-tokyo.ac.jp/ja/press/2021/7356/

共同プレスリリース

香川県陸上競技選手権大会にて、陸上競技部学生が入賞しました。

2021年5月2日~5月3日、香川県立丸亀競技場(pikaraスタジアム)にて香川県陸上競技選手権大会が開催されました。
本学学生の大会結果は下記の通りです。

優勝 男子ハンマー投 白川翔也 1年生 46m83 自己新
優勝 女子400mハードル 藤田真緒 1年生 1′02“92
優勝 女子ハンマー投 吉川愛莉 2年生 49m30
2位 男子砲丸投 竹内里渡 2年生 10m62
2位 男子円盤投 竹内里渡 2年生 34m91
2位 女子ハンマー投 加藤 萌 1年生 42m20
2位 女子400mリレー 小原桃子
清水愛莉
藤田真緒
眞田未優
2年生
2年生
1年生
1年生
4’04”03 自己新
2位 男子100mリレー 北川拓美
藤田優人
中村 匡
山口敦史
2年生
1年生
1年生
1年生
42”97
2位 男子400mリレー 掛水久稀
大谷智也
石井健斗
中村匡
3年生
2年生
1年生
1年生
3’22”95
3位 女子100m 清水愛莉 2年生 12”74
3位 女子200m 小原桃子 2年生 25”77
3位 女子走幅跳 藤田真緒 1年生 5m17

自己ベスト更新一覧

男子400mハードル 決勝 掛水久稀 3年生 55”78 自己新
男子800m 予選 大谷楓斗 3年生 2’01”09 自己新
男子走幅跳 決勝 大谷智也 2年生 6m48 自己新
男子ハンマー投 決勝 門田航平 2年生 34m42 自己新
男子800m 予選 田中 蓮 2年生 2’12”04 自己新
男子100m 準決勝 中村 匡 1年生 11”14 自己新
男子200m 決勝 中村 匡 1年生 22”27 自己新

2021年度高校教員等を対象とした高等学校招待説明会を開催いたします。

日頃は、本学の教育および研究にご理解ご協力を賜りまして厚く御礼申し上げます。
今年度も、高校教員等を対象とした高等学校招待説明会を開催いたします。
説明会では、本学の取り組みを中心に最新の情報をご説明いたしますので、進路指導の一助になれば幸甚でございます。
なお、本説明会は新型コロナウイルス感染症拡大防止対策を行った上で開催いたします。善通寺(本学)で開催される説明会につきましては、「会場参加型」と「Web参加型」の2つの参加方法を設けておりますので、ご都合に合わせて参加頂ければ幸いです。多数の先生方のご参加をお待ちしております。

【開催地別日程】

開 催 地 開 催 日 開 催 場 所 時 間
善通寺市(本学) 5月12日(水) 会場:四国学院大学
住所:香川県善通寺市文京町3-2-1
14:00~16:00
受付開始13:30
高知市 5月20日(木) 会場:高知共済会館
住所:高知県高知市本町5-3-20
15:00~17:00
受付開始14:30
四万十市 5月26日(水) 会場:新ロイヤルホテル四万十
住所:高知県四万十市中村小姓町26
新居浜市 6月11日(金) 会場:リーガロイヤルホテル新居浜
住所:愛媛県新居浜市前田町6-9
松山市 6月18日(金) 会場:ホテルマイステイズ松山
住所:愛媛県松山市大手町1-10-10
岡山市 6月28日(月) 会場:リーセントカルチャーホテル
住所:岡山県岡山市北区学南町1-3-2
徳島市 7月1日(木) 会場:徳島ワシントンホテルプラザ
住所:徳島県徳島市大道1-61-1
善通寺市(本学) 7月7日(水) 会場:四国学院大学
住所:香川県善通寺市文京町3-2-1
14:00~16:00
受付開始13:30
善通寺市(本学)
※特別推薦関係対象
7月14日(水)

*新型コロナウイルス感染拡大状況により、日程の変更もしくは中止の場合があります。

【お申込み方法】
事前申し込み制とさせていただきます。
開催日の2日前までに、以下のいずれかの方法でお申込みください。
① 四国学院大学 入試課までお電話(0120-459-433)ください。
② こちらから参加申込書を印刷し、必要事項をご記入の上、FAX(0877-63-5353)で送信ください。

 

【Web参加型】※開催地が善通寺市(本学)の場合のみ
・Web会議サービスZoomを利用します。
・参加申込書にご記入いただいたメールアドレスへ前日までに、Zoomミーティングの招待状(URL・ID・パスワード)をお送りします。届かない場合は、お手数ですが入試課までご連絡ください。
・当日は13:30より接続テストを行います。なお、Zoomに参加される氏名については、「学校名 氏名」にてお願いします。

 

【開催日にご都合が合わない場合】
・個別にオンライン(ZoomもしくはLINE)にて相談することができます。
・相談の申込みはメール(nyushi@sg-u.ac.jp)または電話(0120-459-433)にて随時受付けています。
・申込みの際、以下をお知らせください。メールアドレスへ希望された相談方法の参加URL等をお送りします。

①学校名
②氏名
③役職(学年、担当等)
④相談希望日時(2~3候補日)
⑤メールアドレス
⑥ZoomとLINEどちらを希望されるか

 

【お問い合わせ先】
四国学院大学 入試課
TEL:0120-459-433

5/8(土)オープンキャンパスにLINE個別相談を実施します。

5/8(土)オープンキャンパスでは、11:00~15:30にLINE個別相談を実施します。
人の集まる場所や都道府県をまたいでの移動が不安な方でも、お気軽にご利用いただけます。
普段時間がとれずトーク(予約)やビデオ通話が活用できない方も、この機会にぜひご利用ください。

LINE個別相談は申込が必要になります。
LINE個別相談の申込方法・詳細についてはこちらから。

5月8日(土)オープンキャンパスについて(参加予約の受付開始)

5月8日(土)開催予定の本学オープンキャンパスは、新型コロナウイルス感染症対策を行った上で開催いたします。
事前予約制となっておりますので、参加を希望される方は予約フォームからご予約をお願い致します。

5月8日(土)オープンキャンパスの予約フォームはこちらから。受付は終了いたしました。
※今後の新型コロナウイルス感染症の感染状況により、オープンキャンパスの実施内容の変更または中止となる場合がございます。周知は本学ホームページやLINEにて行いますので、ご確認をお願い致します。
※「まん延防止等重点措置」対象地域から予約される場合は、事前に入試課(0120-459-433)までご連絡をお願いします。

【プログラム】
大学概要説明、個別相談、モデル授業、ヨンガクセミナー(※1)、サッカー部見学、ランチ体験、クラブ・サークル活動紹介展示、キャンパスツアー、マグノリア学寮見学等
詳細はこちらから。

5月に実施するヨンガクセミナー
共に生きるため 四国学院大学では、キリスト教学、平和学、国際協力論等の科目を担当しています。「共に生きる」ことについて、大学らしい学際的なアプローチで考え、インターアクティブに学びを体験・実感できる授業を行います。世界各地では社会の分断や対立の現実が多く見受けられますが、日本も例外ではありません。この問題は、人権侵害、フェイクニュースの増加、コミュニケーション能力の低下など、様々な視点から指摘されますが、それだけでしょうか。より根深い原因として、私たちの生きる時代は、「共に生きる」ことへの想像力が失われているのではないかと感じます。この授業では、「共に生きる」をテーマに、キリスト教が積み上げてきた知恵とは何かを学び、学問的に物事を捉え直していきます。「共に生きる」ために、いま私たちにできることを一緒に考えてみませんか。
心のセルフケア 心の健康を保つためには、筋弛緩法、呼吸法、リラクゼーヨンなど様々な方法があります。セミナーでは、そのうちのいくつかの方法を体験します。また、心の健康のために大切な要素についてディスカッションをして、ともに学びましょう。
「若者の地元志向」からみる現代社会 近年、進学や就職にあたって地元に残ることを優先する若年層が目立ってきたとの指摘がなされている。こうした指摘の妥当性を検証しつつ、「地元志向」という傾向がいったい何を意味しているのかについて考えてゆく。

※1 ヨンガクセミナーは、総合型選抜の体験報告型の受験時に利用することができます。事前予約制ですので、オープンキャンパス予約の際に、フォームからご予約ください。セミナーの時間は70分を予定しています。原則、保護者等の付添の方は参加できません。

総合型選抜の詳細は、こちらからご確認ください。
ヨンガクセミナーの詳細については、こちらから。

5月に実施するモデル授業
歴史を「知る」から「考える」へ
(歴史学・地理学メジャー)
心理学入門
(心理学・カウンセリングメジャー)
日常における「メディア」とのつながり〜メディアの㋱〜
(メディア&サブカルチャー研究メジャー)
スポーツトレーニング
~はじめの一歩~
(健康・スポーツ科学メジャー)

 

【送迎バスの運行について】
送迎バスを希望される方は、下記の留意事項をご確認頂き、オープンキャンパスの予約フォームからご予約ください。
ルートと乗車場所につきましては、こちらからご確認ください。

・帰りは、大学正門から15:40出発を予定しておりますが、オープンキャンパスの全プログラム終了後、乗車予定の方がそろい次第出発となりますので、時間が前後する可能性があります。ご了承ください。
・乗車時に検温を行います。ご協力をお願い致します。
・検温時、平熱+1度以上ある方は、乗車をご遠慮いただきます。ご了承ください。
・当日、体調不良等で送迎バスをキャンセルされる場合は、入試課(フリーダイヤル:0120-459-433)までご連絡をお願い致します。

 

【感染症対策について】
・受付時に検温を行います(送迎バスご利用の方は、乗車時に行います)。ご協力をお願い致します。
・検温時、平熱+1度以上ある方は、参加をご遠慮いただきます。ご了承ください。
・当日、検温時に平熱をお伺いすることがございます。
・当日はマスク着用にて参加ください。咳エチケットにご協力をお願い致します。
・風邪の症状(発熱、咳、強い倦怠感)等がある方は、参加を控えてください。
・駐車場は無料でご利用いただけます。
・本学では、スタッフのマスク着用、手指消毒液の設置、会場の座席指定と常時換気、飛沫防止のシート設置等の対策を行います。

 

また、現在LINE個別相談も実施しております。
当日ご来場いただけない方は、ぜひご活用ください。
LINE個別相談についての詳細はこちらから。

 

 

お問い合わせ先
入試課
フリーダイヤル:0120-459-433
メールアドレス:info@sg-u.ac.jp

台湾留学体験記(中華大学)

4年 カルチュラル・マネジメント学科 大畑なつめ

留学先 台湾(中華大学留学 第1期生)

留学期間2020年2月~2021年1月

 

私は、中国語がほとんど話せない状態で台湾に行きました。中華大学では、中国語(語学)の授業や、日本語学科の日本人アシスタントとして参加するなどし、語学の勉強に励みました。大学の交換留学制度を利用した為、中華大学の授業料は全額免除、四国学院も半額相当の授業料で、1年間留学ができました。

 

台湾では寮で共同生活(4人部屋)を経験しました。当初は、台湾人のルームメイトとの意思疎通もままならず、慣れるまでは精神的に苦しい日々を過ごしました。 元々、迷惑かけまいと気疲れが多く、1人で過ごすのが好きなタイプでしたが、この環境に身を置く事で大きな変化がありました。自分の意思を伝える事、考え過ぎず、無理せず、自然体で接することの大切さを学ぶ事ができ、自分を変えることができたと思います。ここでの経験を通して、今では楽に人付き合いができるようになったと思います。

 

台湾では、授業以外でも、台湾の友人と学内でバーベキューをしたり、夏休み等を利用して、留学生や台湾の学生と一緒に台湾全域の観光地を巡り、現地の美味しい食事を楽しみました。