リエゾンセンター

sal terrae内リエゾン・センターのページに表示

高校教員のためのスクール・ソーシャルワーカー活用法講座2015を開催します。

2015ssw_katsuyouhoukouza_front 2015ssw_katsuyouhoukouza_back

 

平成27年度香川県大学等魅力づくり補助金採択事業
かがわコミュニティ・デザイン(KCD)推進事業※
香川県下高校との連携企画

高校教員のための
スクール・ソーシャルワーカー活用法講座2015

■講座の目的
香川県は、全国に先駆けて2001年から公立学校にスクール・ソーシャルワーカー(SSWer)が導入されました。また、2008年に文部科学省がSSWer活用事業を開始したことにより、SSW活動はさらに進展しました。
しかし、現状は、教育現場においてSSWerの機能や役割が十分に理解され、活用されるまでには至っていません。その理由として、教員のソーシャルワーク(以下、SW)に対する理解不足やSSWerの経験の力量の問題、加えて前述の2点を理由に連携のまずさなどがあげられます。
本講座は、国や県の事業名(「スクール・ソーシャルワーカー活用事業」)が示すとおり、SWの知識や技術を用いて生徒の抱える問題や課題を解決する方法を学び、教師とSSWerの援助・支援の質の向上を図ることを目的としています。

※かがわコミュニティ・デザイン(KCD)推進事業は、四国学院大学が主催し地域社会における人と人とのつながり、香川県のコミュニティ・デザインを豊かにすることを目的として企画した事業です。

■会場
四国学院大学(8号館) 駐車場あり(1回300円)
〒765-8505 香川県善通寺市文京町3-2-1

■講座期間
7月22日(水)~11月25日(水)

<講師紹介>
・四国学院大学 社会福祉学部 准教授 浜田 知美
専門領域:スクール・ソーシャルワーク

・四国学院大学 文学部 教授 元井 一郎
専門領域:教育行政、教育政策

・香川県教育センター 教育相談課長 岡 みゆき氏
専門領域:教育相談

・四国学院大学 社会福祉学部 教授 富島 喜揮
専門領域:精神保健福祉、スクール・ソーシャルワーク

・四国学院大学 社会福祉学部 准教授 山口 孔丹子
専門領域:臨床心理学、学校心理学、スクール・カウンセリング

・四国学院大学 社会福祉学部 教授 西谷 清美
専門領域:精神保健福祉、地域福祉、ソーシャルワーク

・四国学院大学 社会福祉学部 准教授 駒崎  道
専門領域:児童・家庭福祉

・香川スクールソーシャルワーカー協会 会長 藤澤  茜氏
専門領域:スクール・ソーシャルワーク

1.プログラム

日時 形式 対象 講義名 講師 教室 備考(講義のポイント)
1 7月22日(水)
13:30~15:00(90分)
開催レポート
講義 教員 SSW のあゆみ 浜田知美 826教室 SSWerのあゆみと香川県の現状
SSWer 学校の仕組み 元井一郎 834教室 学校組織と教育活動
2 8月19日(水)
13:30~15:00(90分)
開催レポート
講義 教員  これからの学校 岡みゆき 826教室  児童生徒の抱える問題と学校の現状
SSWer  SSWer の価値・倫理 富島喜揮  834教室  福祉専門職であるSSWerの価値・倫理
3 9月30日(水)
13:30~15:00(90分)
開催レポート
講義 教員  SSWer の業務と役割 浜田知美  826教室  学校現場におけるSSWerの役割と業務
SSWer  子どものこころの理解 山口孔丹子  834教室  児童・思春期の特徴と発達課題
4 10月21日(水)
13:30~15:00(90分)
開催レポート
講義 教員  SSWer の専門性 西谷清美  826教室  福祉専門性であるSSWerの視点と支援
SSWer  今日の子どもの抱える諸課題 駒崎道  834教室  子どものおかれている社会背景と現状
5 11月11日(水)
13:30~15:30(120分)
開催レポート
演習 教員
SSWer
 学校の現状とチーム支援 西谷清美
藤澤茜
 834教室  多職種連携とチーム支援
6 11月25日(水)
13:30~15:30(120分)
開催レポート
演習 教員
SSWer
 事例検討 富島喜揮
藤澤 茜
 834教室  アセスメントと支援の視点

学校現場で先生方が日常抱えている悩みや疑問があれば、講義終了後、講師陣と懇談することができます。問題解決の一助になれば幸いです。

2.受講料
3,000円(6回分)
※受講料につきましては1回につき500円を当日受付でお支払ください。

3.対  象
高校教育に従事する教員およびSSWer

4.定  員
教員、SSWer各30名

5.会  場
四国学院大学 8号館

6.申込期間
2015年6月17日(水)~7月20日(月)
但し、この期間を過ぎて受講を希望する場合はリエゾン・センターにお問い合わせください。

7.申し込み・問い合わせ
「職種」、「住所」、「氏名」、「年齢」、「電話番号」、「メールアドレス」、「勤務校・勤務先」、「職務・役職」をご記入の上、FAX または E-mailにてお申し込みください。なお、ご連絡いただいた個人情報は、本講座の運営目的にのみ使用いたします。

四国学院大学 リエゾン・センター
〒765-8505 香川県善通寺市文京町3-2-1
TEL:0877-62-2111(内線545) FAX:0877-62-2208
E-mail:liaison@sg-u.ac.jp  URL: http://www.sg-u.ac.jp

 ちらしはこちらから

「新しい入試、新しい学力~コミュニケーション教育の課題と未来~」講師:平田オリザ

新しい入試、新しい学力_ページ_12015年度レクチャーシリーズ大学・高校教育研究21
第1回「新しい入試、新しい学力~コミュニケーション教育の課題と未来~」

*平成27年度香川県大学等魅力づくり補助金採択事業
*かがわコミュニティ・デザイン(KCD)推進事業

<日時>2015年8月27日(木)14:00~16:00
<対象>香川県下高校教員・本学教員
<申込締切>2015年8月13日(木)
<定員>100名
<会場>四国学院大学711教室  駐車場あり(1回300円)

 

昨今、双方型、参加型の授業形式であるアクティブラーニングが強い注目を集めています。文科省も、ここ数年、PISA型の学習能力に重きをおく方針を打ち出してきました。そして、ここに来て、大きな大学入試改革が現実のものとしてタイムテーブルにあがり、それに併せて高校教育の改革も、待ったなしの状態となりました。
本講演では、二十年にわたってワークショップ型の授業を開発し、2009年度には文科省コミュニケーション教育推進会議の座長も務めた平田オリザ(本学客員教授・学長特別補佐)が、大阪大学リーディング大学院で行ってきた、最先端の選抜試験の実体験などを踏まえ、今後、どのように大学入試が変わり、そのためには、どんな高校教育、ひいては、どんな学力が必要とされるかを語ります。


講師:平田オリザ

四国学院大学客員教授・学長特別補佐
劇作家、演出家、東京藝術大学特任教授、大阪大学客員教授
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
1962年東京生まれ。国際基督教大学在学中に劇団「青年団」を結成。こまばアゴラ劇場を拠点に国内外で活動する。現代口語演劇理論を確立し、1995年、『東京ノート』で第39回岸田國士戯曲賞受賞。2003年、『その河をこえて、五月』で第2回朝日舞台芸術賞グランプリ受賞。フランスを中心に世界各国で作品が上演・出版されている。2002年以降、国語教科書にも採択された平田のワークショップの方法論に基づき、多くの子供たちが教室で演劇を創造している。現在、(財)演劇人会議理事長も務める。自身初の小説『幕が上がる』が2015年映画化。

 お申込み方法
勤務校・勤務先、氏名、職務・役職をご記載のうえ下記チラシのFAX申込書またはE-mailにてお申込み下さい。

お問合せ
四国学院大学リエゾン・センター
〒765-8505
香川県善通寺市文京町3-2-1
TEL:0877-62-2111(内線545)
FAX:0877-62-2208
E-mail:liaison@sg-u.ac.jp

講演会チラシダウンロード

ジュニアサッカー指導者向け講習会を行いました

2015年6月6日、かがわコミュニティ・デザイン(KCD)推進事業  地域スポーツの文化振興として、本学の834教室および人工芝サッカー場にて、ジュニアサッカークラブで子どもたちにサッカーを教えている監督、コーチの方々を対象にした講習会を開催しました。

講師は、元Jリーガーであり、JFA公認指導者ライセンスS級コーチ、同C級/D級養成インストラクターの資格を持つ、本学サッカー部男子監督の本吉剛が務めました。

善通寺より2チーム、丸亀より3チーム、三豊、多度津、志度より1チームずつ、計8チーム26名の指導者に参加いただき、講義室で指導者と子どもの関わりや、子どもの成長に合わせた指導方法(座学)を、その後サッカー場へ移動し、身のこなしかたや練習方法(実技)について講習を行いました。

終了後、本吉監督との個別相談が設けられ、参加者から「視点を変えることで新しい発見があった」「子どもたちの指導に活かしたい」との感想をいただきました。

DSC02099h

映画「幕が上がる」先行上映会を開催しました

 2015年2月21日(土)10:00~、イオンシネマ綾川にて、映画「幕が上がる 」の先行上映会を本学主催により開催いたしました。

映画「幕が上がる」は、本学学長特別補佐の平田オリザが原作、客員教授の本広克行が監督を手掛ける高校演劇を描いた作品で、本上映会では、2月28日の全国公開に先駆けて、中高生・保護者・教員を対象に総勢250名を無料招待しました。

当日は、中四国から演劇に興味のある中高生・保護者・教員学生らが集まり上映後の平田氏、本広氏のアフタートークを楽しみに上映が終了しました。アフタートークの途中で、サプライズゲストとして主演のももいろクローバーZの5人が登場すると、会場は歓声と拍手に包まれました。

トークでは、映画撮影時の様々なエピソードが披露されたほか、ももいろクローバーZのメンバーが客席の演劇部の高校生に呼びかけ、演劇の面白さや大変なところを共感するなど、とてもあたたかい空気に包まれたイベントが終了しました。

たくさんのご応募ありがとうございました。平田オリザ原作・本広克行監督・ももいろクローバーZ主演映画『幕が上がる』先行上映200名様無料ご招待!最新情報

2015幕が上がる先行上映会チラシ
大変たくさんのご応募いただきありがとうございました。厳正なる選考作業を行い、2月17日(火)に抽選結果を発送いたしますので、お手元に結果が届くまでもうしばらくお待ちください。

2015年2月21日(土)、イオンシネマ綾川にて、映画『幕が上がる』(2月28日(土)全国公開)の先行上映会を本学主催により開催いたします。対象は中学生・高校生&引率保護者・教員限定です。往復ハガキで申込みされた方より抽選で200名様を無料ご招待いたします。
ご応募の締め切りは、2015年2月10日(火)の消印有効です。

◆映画『幕が上がる』について
本学学長特別補佐の劇作家・平田オリザの同名小説を、「踊る大捜査線」シリーズの本広克行監督(本学客員教授)がメガホンを取り映画化。ももいろクローバーZ演じる弱小高校演劇部員が、元・学生演劇の女王だった新任教師・吉岡(黒木華)とともに全国大会を目指すストーリー。

公式サイトへ

◆先行上映について
日程/2015年2月21日(土)
開演/10:00 閉演/13:00(予定)
場所/イオンシネマ綾川(イオンモール綾川内)


お問合せ先

2015幕が上がる先行上映会問合せ先

「高校生のためのチャペルクリスマス」を開催しました

12月17日(水)、本学清泉礼拝堂にて『高校生のためのチャペルクリスマス』が行われました。高校生の皆さんを招待し、キャンドルに光をともしながらクリスマスについてのお話を聞いたり、パイプオルガンに合わせて歌を歌ったりしました。参加した高校生は、普段とは雰囲気の違うクリスマスを体験することができました。
また、この模様が、12月18日(木)7:45~、NHK高松放送局のローカルニュースにて放送されました。

高校生

高校教員のためのスクール・ソーシャルワーカー活用法講座第3回を開催しました

11月26日(水)、本学834教室にて「高校教員のためのスクール・ソーシャルワーカー活用法講座」を開催しました。第3回目は、本学社会福祉学部教授の富島喜揮が講師を担当し、「事例検討(モデル事例)」について講義を行いました。
本シリーズ講座は、次回が最終回となり、2015年2月25日(水)13:30~16:00、「チームワークの発想と運営方法(演習)」(講師:本学社会福祉学部教授 西谷清美)を予定しています。

《申し込み・問合せ先》
四国学院大学リエゾン・センター
TEL:0877-62-2111(内線545) E-mail:liaison@sg-u.ac.jp

ssw20141126

高校教員のためのスクール・ソーシャルワーカー活用法講座第2回を開催しました

9月24日(水)、本学834教室にて「高校教員のためのスクール・ソーシャルワーカー活用法講座」を開催しました。
全4回にわたる本講座の第2回目は、本学社会福祉学部教授の島影俊英が講師を担当し、「スクール・ソーシャルワーカーの見方・考え方」について講義を行いました。
真剣な講義の中、時折見せる島影教授のユニークな話は会場の笑いも誘い、参加された皆様にとっても有意義なものとなったようです。
本シリーズ講座の次回開催予定は、11月26日(水)13:30~16:00、「事例検討(モデル事例)」(講師:本学社会福祉学部教授富島喜揮)となっています。

▼高校教員のためのスクール・ソーシャルワーカー活用法講座
《申し込み・問合せ先》
四国学院大学リエゾン・センター
TEL:0877-62-2111(内線545) E-mail:liaison@sg-u.ac.jp
ssw20140924

高校教員のためのスクール・ソーシャルワーカー活用法講座第1回を開催しました

6月25日(水)、本学834教室にて「高校教員のためのスクール・ソーシャルワーカー活用法講座」を開催しました。全4回にわたる本講座の第1回目は、本学社会福祉学部准教授の浜田知美が講師を担当し、「スクール・ソーシャルワークのあゆみ」について講義を行いました。
講義、DVDによる事例の紹介後、受講された教員の皆さん同士での意見交換が行われました。また、講座終了後には講師と直接話しができる場が設けられ、現場での活用に役立つ情報、対応方法についての懇談も行われました。
本シリーズ講座の次回開催予定は、9月24日(水)13:00~15:00、「スクール・ソーシャルワーカーの見方・考え方」(講師:本学社会福祉学部教授島影俊英)となっています。

SSWkouza20140625

2014年度 マイノリティ・ウィーク特別企画 『子ども社会の人間関係 —学校でのいじめを考える』 講演会開催

マイノリティ・ウィーク特別企画

2014年度 マイノリティ・ウィーク特別企画
『子ども社会の人間関係 —学校でのいじめを考える』

子どもの大切な命にかかわる「いじめ」問題、私達大人の知らない子ども社会の中で「いじめ」はどのような形で存在するのでしょうか。
この度は、いじめ問題に精力的に取り組んでおられる筑波大学教授土井隆義先生をお招きして、今日の子ども社会といじめの問題についてお話をしていただきます。

【講演概要】
今日の学校で見られる多くのいじめは、加害側と被害側が固定せず、時と場合によって双方が入れ替わりやすいことに特徴があります。また、その行為の中身も、身体的暴力より精神的暴力のほうが圧倒的多数です。このような傾向は、今日のいじめの多くが、異質な生徒を標的にしたものではなく、むしろ異質な生徒を排除してしまった後のフラットな空間で、仲間内に標的を求めるものであることから生じています。
このような状況が生まれてきた社会的背景を振り返りつつ、私たちがこの問題とどのように向き合っていくべきかを考えます。

【講師プロフィール】
土井 隆義(どい たかよし)
1960年、山口県生まれ。
大阪大学大学院人間科学研究科博士後期課程中退。
筑波大学教授。社会学専攻。博士(人間科学)。
《主要著書》
『非行少年の消滅 – 個性神話と少年犯罪』 ( 信山社出版、2003年)
『「個性」を煽られる子どもたち – 親密圏の変容を考える』 (岩波ブックレット、2004年)
『友だち地獄 – 「空気を読む」世代のサバイバル』 (ちくま新書、2008年)

日 時 : 2014年6月17日(火) 13:30~15:00
場 所 : 四国学院大学 711教室
対 象 : 全学対象(学生・教職員)、一般市民
定 員 : 300名(申し込み不要)
参加費:無料
※ 手話通訳あり
※ 駐車場をご利用の際は300円が必要になります。

【お問い合わせ先】
四国学院大学 リエゾン・センター
〒765-8505 香川県善通寺市文京町3-2-1
TEL:0877-62-2111(内線:545)  FAX:0877-62-2208  E-mail:liaison@sg-u.ac.jp