0重要

新着記事の頭に[重要]を表示する

新型コロナウイルス感染症への対策について(2021年1月22日更新)

【更新】2021年1月22

学生各位

副学長  漆原光徳

新型コロナウイルス感染症への対策について ver.16

 既にお知らせ済みの「新型コロナウイルス感染症への対策について ver.15」を改訂した「新型コロナウイルス感染症への対策について ver.16」を通知いたします。以下に示す点を理解した上で、感染防止に努めてください。なお、状況は周知のように日々変化しているので、最新情報の確認を本学HP等にて必ず行うことを厳守してください。

【感染拡大予防】

・密閉空間、密集場所、密接場面の「三密回避」を遵守し、常時手洗いを徹底する。

・人との間隔は、できるだけ2m(最低1m)空ける。

・毎日の検温につとめ、免疫力が低下しないよう体調管理を行う。

・不要不急の県外への移動は、慎重に検討する。また、県外に移動した場合、帰県後14日間は必ず行動記録を取ること。

・接客を伴う飲食の場への入店、大人数での会食や飲み会および大声を出す行動(カラオケやイベント、スポーツ観戦等で大声を出す等)を控える。

・発熱や咳など風邪の症状がみられる時には、登校せずに外出を控える。

・通学時は可能な限りマスクを着用し、授業中には必ず着用する。

・食堂には必ず手洗い・消毒をして入場し、食事中以外はマスクの着用につとめ、食事中の会話は原則禁止とする。(なお、他の場所での食事も同様とする。)

・基礎疾患がある等、新型コロナウイルス感染症が重症化しやすい可能性のある者は、とりわけ感染症予防に留意するとともに、必要に応じて主治医等と相談する。

【課外活動及び諸行事の開催について】

・「屋外」もしくは「換気が十分に行える屋内施設で、監督者・顧問等が同席する場合」における課外活動を許可する。

・本学学生主催の不特定多数が集まるイベントは当面禁止とする。

・学外イベントへの参加についても、原則禁止とする。

 

【受診・相談の目安】

以下の症状がある学生は、かかりつけ医等の地域で身近な医療機関に相談すること。どこに相談すればよいか分からない場合は、「新型コロナウイルス健康相談コールセンター(電話 0570-087-550)」へ連絡すること。

・息苦しさ(呼吸困難)、強いだるさ(倦怠感)、高熱等の強い症状のいずれかがある場合

・重症化しやすい学生(※)で、発熱や咳などの比較的軽い風邪の症状がある場合

※高齢者をはじめ、基礎疾患(糖尿病、心不全、呼吸器疾患(慢性閉塞性肺疾患など)など)がある学生や透析を受けている学生、免疫抑制剤や抗がん剤などを用いている学生

・上記以外の学生で発熱や咳など比較的軽い風邪の症状が続く場合(症状が4日以上続く場合は必ず相談すること。症状には個人差があるので、強い症状と思う場合にはすぐに相談すること。解熱剤などを飲み続けなければならない学生も同様)

・受診の結果、新型コロナウイルス感染症が疑われた場合は、学生コモンズ支援課に電話連絡すること。

【海外から帰国した学生について】

・海外からの帰国・入国した学生は、学生コモンズ支援課に電話連絡すること。

・帰国後・入国後 14 日間は、体調に問題がない場合も自宅に滞在するなど経過を観察し、毎日体温を測 り(朝夕2回以上)、手洗い、マスクの着用を徹底すること。

【海外渡航について】

・海外への渡航については、全面禁止とする。

【学生ボランティアについて】

・新型コロナウイルス感染者が滞在する場所での自発的支援活動や、その場所などに不用意に近づく行為などは自粛を要請する。

【感染した場合の授業出席について】

・医療機関等において新型コロナウイルスに感染していると診断された場合、感染者の濃厚接触者と特定された場合、風邪の症状(発熱、咳、強い倦怠感)による体調不良の場合、日本の入国制限などにより授業開始日までに入国できない場合、感染症危険レベルが2以上地域からの帰国者等に該当し、 授業等を欠席する必要がある学生については、欠席扱いとしない。

上記に関する相談や質問等については、学生コモンズ支援課へ連絡すること。
やむを得ない事由で県外へ移動した場合、毎日検温等で健康状態をチェックし、その上で、上記【受診・相談の目安】に記載された症状がある学生は、上記指示に従うこと。
なお、万一、感染した場合に感染経路の把握や他の方への感染拡大防止に役立つので、各自行動記録をつけておくこと。

年末年始における新型コロナウイルス感染症対策と授業実施等について

公開日 2020年12月17日

学生・教職員各位

SGU新型コロナウイルス対策本部長
学長 末吉高明

新型コロナウイルス感染症への対策に関して、皆様にはこれまで本学が発出してまいりました感染予防・防止策へのご協力を改めて感謝申し上げます。現在、全国的に多数の新規感染者の拡大等が報告されている状況であり、これまで以上の感染対策の徹底が求められております。
皆様には、改めて、マスク着用、手指消毒、「3密」回避などの感染防止対策、健康管理等を徹底するとともに、新型コロナウイルス感染症対策分科会から発出されている「感染リスクが高まる『5つの場面』」(2020年10月23日)として示された行動についても改めて確認し、感染リスクの回避に努めてください。
学生の皆様には、年末年始の帰省や県外への移動などを計画する場合には、帰省先等の感染状況の確認、感染防止対策がとられていない場所への立ち入りを避けること、「密」を避ける行動を徹底し、常に自らの行動を慎重に考えて、感染予防を徹底してください。
また、感染状況を勘案して、2021年1月5日(火)からの授業等に関しては、以下の通りとしますので、宜しくお願い致します。

【授業の実施について】
1月5日(火)~1月15日(金)までの期間については、原則的に授業は、遠隔授業(オンライン授業)とします。
学生の皆さんでネットワークの環境等に困難がある場合には、大学のメディアルーム等を開放しておりますので、適宜、使用ください。
また、対面授業は、1月18日(月)から開始します。ただし、感染状況を勘案して、判断を行いますので、変更となる場合には大学HPに掲載いたします。

以上