マグノリア学寮

クリスチャン・ウィーク ロングチャペルアワー(スペシャルゲスト:トーマス・アッシュ氏)が行われました。

5月11日(水)、映画『牛久』監督であるトーマス・アッシュ氏をお迎えして、クリスチャン・ウィーク ロングチャペルアワーが行われました。

説教の題目は『Exchange of Grace [恵みの交換]』。イギリスで出会った聖公会のシスターの「恵みの交換」という教えに感銘を受け、入国管理センターでのボランティア活動のなかで目の当たりにした聖霊の導きについて、お話をいただきました。

チャペルアワーの当日の夕方からは、映画『牛久』の特別上映会が行われ、多くの学生や教職員が来場しました。

その後、カフェテリア・コイノスにて「マグノリア学寮特別講演会」が開催されました。ドキュメンタリーを作成することになった経緯や、映画『牛久』の解説、それ以外の短編映像を見せていただくなど、学寮生と非常に有意義な時間を過ごしました。

翌日は、チャペル活動や学寮運営に携わっている学生達とランチタイムに交流のひとときを持ちました。

このキャンパスの中で、トーマス・アッシュ氏との貴重な交流の場が与えられたことに改めて感謝を申し上げたいと思います。

マグノリア学寮RA研修を実施いたしました。


2022年度に向けてマグノリア学寮のRA研修を実施いたしました。
RA(レジデント・アシスタント)学寮アドバイザーと学寮生間のパイプ役として、大学の教職員と緊密な連携を築き、学寮におけるリーダーシップの発揮を目指しており、各フロア1名のRAが任命されます。

今回のRA研修(全5回)は、学寮アドバイザーが以下の内容で実施いたしました。
第1回 実践力・対応力を磨く
第2回 自己紹介など
第3回 建学の精神・RAに求めること
第4回 韓国料理を作って食べよう
第5回 民主主義とは何か?

2022年度RAには、本研修での経験を4月からのRA業務に存分に活かしてほしいと願っています。

マグノリア学寮に新入生が入寮いたしました。

2022年3月24日、25日に、マグノリア学寮へ61名の新入生が入寮いたしました。
3月28日に新入生対象に、入寮説明会を実施いたしました。学寮の上級生達が、学寮でのルールや、学寮奨学生として求められる人物像について説明しました。入寮時の案内、入寮説明会は上級生たちが準備をし、当日の運営を行いました。

2022年度は126名の学寮生達が、マグノリア学寮で生活をします。

マグノリア学寮のキックアウトイベントを開催いたしました。

2022年3月10日にマグノリア学寮のキックアウトイベント(卒業生を送る会)を実施いたしました。
本イベントは、マグノリア学寮LLCの発展に必要な両輪の内の1つである「フェッツ活動」の一環です。

イベントでは、マグノリア学寮生の絆を深めるためのレクリエーションや、記念品の贈呈、卒業生から在学生にメッセージが送られました。
また企画、運営も学寮生が中心となり、学寮生同士の関係作りの一助となりました。

マグノリア学寮クリスマスイベントを開催いたしました。

2021年12月16日(木)に、アトリウムコイノスにてマグノリア学寮クリスマスイベントを開催いたしました。本イベントは、マグノリア学寮LLCの発展に必要な両輪の内の1つである「フェッツ活動」の一環です。

イベントでは、マグノリア学寮のシンボルマークのお披露目や、学寮生たちが班ごとに分かれ制作したパフォーマンスの発表、マグノリアカフェ・インプロチーム「学生シーソーズ」による即興演劇、教職員による演奏のパフォーマンスが行われました。また、企画、照明・音響を含む運営も学寮生が中心となり、学寮生同士の関係作りの一助となりました。