All posts by 課長学生支援センター

国際オフィスアシスタント認証式

図32016年4月1日(金)14:00より、ホワイトハウス2階の国際オフィスにおいて、国際オフィスアシスタントの認証式が行われました。10名の国際オフィスアシスタントが認証され、今後は、外国人留学生のキャンパスライフサポートや海外留学・国際関係イベントなど、交流行事に携わる予定です。

CHC新入生歓迎会を行いました

RIMG0013

2016年4月13日(水)、第1共生館の食堂にて、CHC(人権と文化の多様性に関する委員会)主催の新入生歓迎会が行われました。歓迎会は、CHC活動のPRや新入生が少しでも早く学生生活に慣れてもらうこと等を目的に行われています。

RIMG0032

特別推薦入学制度で入学した学生、ケア・サービス(ノートテイク・サービス及びアテンダント・サービス)の勤務者や利用者をはじめ、学生・教職員合わせて50名ほどが集い、食事やアイスブレイクなどをして交流を深め、これからの大学生活に欠かせない出会いの場となりました。

こころとからだのケア研修を開催しました。

IMG_5467

2016年3月30日、412教室にて、こころとからだのケア研修を開催し、教職員13名、学生(ろう学生、ケアサービス従事者、ピア・リーダー他)62名、計75名が参加しました。

研修では、「耳が不自由」から「ろう文化」へ〜からだが違えば、ものの見え方も違う〜と題して、本学の日本語手話の非常勤講師を長く勤める水澤学氏の講演が行われました。

IMG_5477聴覚障害者の問題に深く関わってきた水澤氏は、1995年の「ろう文化宣言」は、健常者中心の価値観から異なった文化、異なった価値観を是認せざるをえない、まさに健常者中心の障害者観を覆す黒船の到来であったと、説明しました。

IMG_5480その後、’聴覚に障害があることとはどういうことか’など、写真や自身の体験を交えながら分かりやすくお話いただきました。講話の端々から、異なった言語文化を持った人として聴覚に障害のある人を理解すること、異なった文化(文化の多様性)を尊重することの意味を感じさせるものでした。
四国学院大学の教育理念《わたしたちの基本理念》には、文化の多様性と人間理解を深めることが列挙されており、今回の研修はその理念を再確認させ、参加者の関心を惹きつけるものでした。

 

介護講習会を開催しました

 2016年3月30日(水)15:30から本学614教室にて介護講習会を開催しました。

介護講習会では、毎年障害のある新入生を迎えるにあたり、新入生とふれあう機会の多い、ピア・リーダーやケア・サービス従事者、教職員が参加して、介護技術の基礎を学んでいます

今回は、NPO法人 自立ケアシステム香川所属の押領司絢子さん、岩井浩平さん、池内美幸さん、佐藤尚紀さんを講師に迎え、講習を行いました。

前半30分の座学でポイントを学び、後半50分は、車椅子に座っている状態でのトイレ介助や、ブラインドウォークなどの実技を支援者役と被支援者役の両方を体験する形で行いました。

講師の方から実演を交えたアドバイスを頂くこともでき、有意義な講習会となりました。

 

2015年度 こころとからだのケア研修

「耳が不自由」から「ろう文化」

~ からだが違えば、ものの見え方も違う ~   

 

 『現代思想』1995年3月号にろう文化宣言が掲載され、20年が経過しました。

 「ろう文化」はDeaf Cultureの訳語ですが、当時はDeafとしての「ろう」が使われ始めたばかりで、一般的ではありませんでした。

 従来の「ろう(聾)」とアメリカ発の「ろう(Deaf)」の入り乱れた時代が続き、いまでは落ち着いているものの「ろう文化」について取りあげた発言はそう多くありません。批判することはタブー視されているような風潮がありますが、実はそんなことはないのです。

 「ろう文化」というキーワードをみなさんに知っていただくことで、こころとからだを考えるきっかけになればと思います。

講師: 水澤 学 先生

四国学院大学非常勤講師       

 プロフィール

1998年度より本学で第二外国語として「日本手話」を担当

聴覚障害児の専門学習塾「アモール学習室」を主宰

 日時:2016年3月30日(水)13時30分~15時

場所:412教室※手話通訳あり 

対象:全学対象(学生、事務職員、教員)・一般

 

問合せ: 香川県善通寺市文京町3-2-1 四国学院大学 CHCセンター   (0877)62-2111 (内線423)

 

アテンダント講習会を開催しました。

IMG_0098

  2016年2月3日(水)15:30から本学614教室にてアテンダント講習会を開催しました。

※アテンダントについてはこちら

 アテンダント講習会は、アテンダント登録者を主な対象として、ケア・サービス(アテンダント)従事者の介護技術向上を目的に行っている講習会です。

 今回は、NPO法人 自立ケアシステム香川所属の押領司絢子さん、岩井浩平さん、池内美幸さんを講師に迎え、アテンダント利用者から事前に聞き取った内容を元に講習を行いました。

 前半30分の座学でポイントを学び、後半90分は、車椅子に座っている状態での衣服の着脱や、トイレ介助などの実技を支援者役と被支援者役の両方を体験する形で行いました。

  介助を受ける当事者の参加もあり、支援者・被支援者が一緒になって講習会に臨んだため、サービス提供時や利用時に困ったことを、講師の方から実演を交えたアドバイスを頂くこともでき、有意義な講習会となりました。

 3月には、ピア・リーダーを主な対象とした中規模な介護講習会を行う予定です。

 介護講習会では、毎年障害のある新入生を迎えるにあたり、新入生とふれあう機会の多い、ピア・リーダーやケア・サービス従事者、教職員が参加して、介護技術の基礎を学んでいます。

IMG_0085  IMG_0092

IMG_0105  IMG_0103

 

日韓国際学術セミナー2015を開催しました

1452758032521-1409682259

2016年1月14日(木)13:30から本学の834教室にて、「文化を移すⅡ」をテーマに日韓国際学術セミナー2015を開催しました。

※セミナーの詳細はこちらをご覧ください。

【プログラム】

Ⅰ 開会式           司会:橋本一仁      四国学院大学国際オフィスディレクター

  13:30~13:40     開会の辞         司会者

                  歓迎のことば       杉本孝作   四国学院大学副学長

                  発表者紹介        司会者

Ⅱ 第一部

  13:45~14:15     鄭 香 在         韓南大学校日本・フランス語学科助教授

                  「日本文学の韓国語翻訳~『雪国』における文化翻訳を中心に~」

20160114国際セミナー2

 

  14:15~14:45     山崎 晶          四国学院大学総合教育研究センター准教授

                  「ポピュラー音楽の翻訳への道のり~1950-70年代の日本のポピュラー音楽の事例~」

20160114国際セミナー3

  14:45~15:00     質疑応答

20160114国際セミナー7  20160114国際セミナー6  20160114国際セミナー4

Ⅲ 休憩

  15:00~15:15

Ⅱ 第Ⅱ部

  15:15~15:45     金 日 究         韓南大学校英語英文学科教授

                  「Retelling Stories and Transforming Culture in the Lost Generation」

20160114国際セミナー8

  15:45~16:15     赤井 勝哉         四国学院大学人文学科教授

                  「日本におけるクラシック声楽曲の字幕翻訳について~映画字幕と比較して~」

1452755536184-406136838

  16:15~16:30     質疑応答

1452757147432-1709472419    1452756635790312521296    1452757411787749620428

Ⅳ 閉会のことば         司会者

1452757702595151216896