All posts by 濱野 則彦

2015年度ピア・リーダー感謝会

2月24日(水)、今年度で卒業するピア・リーダーの感謝会が行われました。本学の特色の一つであるピア・リーダー制度は、新入生が不安や孤独感を抱かずに学校生活が送れるよう、適切なアドバイスや話し相手役になる上級生を養成するために誕生した制度です。本学清泉礼拝堂で感謝礼拝を行なった後、愛餐会のひとときを持ちました。

P2242207

P2242213

2015年度防災訓練を行いました

2016年1月22日(金)、避難訓練を実施しました。訓練は、巨大地震が発生したという想定のもと、地震発生時に適切な対応ができるように、授業が実施されている教室を対象とし、全学的に行ないました。 授業時間中である16時28分に訓練開始の校内放送が入ると、各授業担当教員は受講学生に対し身の安全を確保するよう指示し、その後避難誘導を開始しました。約400人の教職員と学生が、キャンパス中央部のセンターサークル付近に設置された災害対策本部へ避難しました。

#114336(修正)

また、負傷者を想定した搬送訓練・救急救命(AED)措置訓練・消火訓練、そして、職員による119番通報についても同時に実施されました。

#106067(修正)#296869(修正)

最後に、教学担当副学長より講評が行われ、避難訓練は無事終了しました。

#230758(修正)

防災訓練に参加していただいた教職員・学生の皆様、ご協力ありがとうございました。

キャンドルサービスと祝会を行いました

12/22(火)、1年生を対象とした初年次セミナー&キャンパス・コミュニティ・スタディーズⅡ クリスマスプロジェクト 「キャンドルサービスと祝会」を行いました。

キャンドルサービスでは、ろうそくの灯火のもとで、金珍熙宗教委員長より「どこを見て歩きますか」と題してメッセージをいただきました。その後の祝会では、ストリート・ジャズ・サックス・アンサンブルバンド「HIBI★Chazz-K」をお招きし、キレのいい演奏を楽しみながら歓談の時をもちました。

PC221963(修正済)PC222066(修正済)PC222024(修正)

 

学術講演会「子どもが主役の学校づくり~地域ぐるみで子どもの育ちを応援する~」を開催しました。

12月11日(金)、クリスマス・プロジェクト2015の学術講演会が開催されました。講師は、話題の映画「みんなの学校」の大阪市立大空小学校初代校長・木村泰子さんをお招きしました。
誰も排除されない教育を当たり前のものとして実践してきた大空小学校での教育を、エピソードを交えながら語ってくださいました。涙ぐむ場面や、笑う場面もあ り、そして、いろいろなヒントを見つけることができました。参加した
学生、教育・福祉関係者や、地域の方々、300人の心に染み入る講演でした。

PC111873

PC111870

学術講演会プレイベントで「みんなの学校」を上映します

四国学院大学クリスマス・プロジェクト2015
学術講演会プレイベント

「みんなの学校」チラシ1

映画上映会>>>
「みんなの学校」字幕付き(上映時間106分)
日時:2015年11月25日(水)
1回目 13時30分〜、2回目15時30分〜(2回上映)
場所:四国学院大学 7号館711教室
主催 四国学院大学 社会福祉学部

★映画「みんなの学校」2013年(第68回)文化庁芸術祭大賞受賞作品
受賞理由
他の地域では厄介者扱いされていた転校生が、教師と同級生、そして地域が包み込むことで、素直で心優しい子どもに成長してゆく姿は、見ている者の心を熱くする。大空小学校の試みは、上からの教育改革とは一線を画す、現場からの教育改革でもある。

みんなの学校公式HP http://minna-movie.com/

学術講演会>>>
2015年12月11日(金)15時10分~16時40分
場所:四国学院大学7号館 711教室
子どもが主役の学校づくり~地域ぐるみで子どもの育ちを応援する~」
講師:木村 泰子 氏(大空小学校初代校長)
詳細はこちら

ノトスクール 子ども向け人形劇「スズの兵隊」を上演しました

ノトスクール in Summerのプログラムとして、9/23(水)に子ども向け人形劇「スズの兵隊」を上演しました。アルゼンチンよりオマール アルバレズ・パペットリーアートカンパニーを招いての公演を、たくさんの皆さんに楽しんでいただきました。

foto12 foto11
kkg  アーツ&スポーツ企画

※かがわコミュニティ・デザイン(KCD)推進事業は、四国学院大学が主催し地域社会における人と人のつながり、香川県のコミュニティ・デザインを豊かにすることを目的として企画した事業です。

「ノトスクール」子どものためのワークショップ in Summer を開催しました

8月17日(月)から22日(土)までの6日間にわたり、本学ダンススタジオで「ノトスクール」子どものためのワークショップin Summerを開催しました。

今回もたくさんの子どもたちが、クリエイティブ・ダンスとシアター・インプロ(即興演劇)を楽しみました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

午前中のクリエイティブ・ダンスでは、いろんなからだを使ったゲームに挑戦し、ヨガやトレーニングで自分のからだを知り、みんなでからだを使っていろんなポーズで一つの作品を作りました。

 

TI7

午後のシアター・インプロ(即興演劇)では、絵本「おおきな木」を出発点にして、子どもたちが自分の物語を発展させ、それらを一つの物語に仕上げていきました。

 

また最終日には、ご家族の皆さんやお友達をお招きし、1週間の成果を発表するショーイングを行いました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 アーツ&スポーツ企画

※かがわコミュニティ・デザイン(KCD)推進事業は、四国学院大学が主催し地域社会における人と人のつながり、香川県のコミュニティ・デザインを豊かにすることを目的として企画した事業です。

 

ノトスクール in Summer 子どものためのワークショップと公演のお知らせ

ノトスクール2015夏_表面_l

ノトスクール2015夏_中面_l

ノトスクール 子どものためのワークショップと公演・プログラム in Summer

四国学院大学内にある劇場ノトススタジオでは、地域の子どもたちにアートとふれあい、言葉と体を通して表現する経験を提供することを目的とする教育プログラムを定期的に開催しています。毎年、春休み・夏休みにはダンスと演劇のワークショップを開催しています。また、今年度からは子どもたちに向けた作品の上演も行います。本学の身体表現と舞台芸術マネジメントメジャーの特徴を生かし、演劇、即興演劇、ダンスの上演やワークショッププログラムを実施し、新しい劇場のあり方を常に模索しています。

■ワークショップ

小学生を対象とした、クリエイティブ・ダンスとシアター・インプロをたっぷり一週間楽しむプログラムです。

[日程] 2015年8月17日(月)→22日(土)
[時間] 10:00→15:00(休憩1時間)
[対象] 小学生
[定員] 20名(先着順)
[会場] 四国学院大学 ダンススタジオ
[受講料] 500円(保険料含む)

◎申し込み方法
パンフレットの「申込書」を切り取って、必要事項を記入の上、総合教育研究センターまで送付してください。>>>ノトスクール2015申込書

[申し込み先] 〒765-8505 香川県善通寺市文京町三丁目2番1号 四国学院大学 総合教育研究センター
[締切] 2015年8月5日(水)*当日消印有効
[お問い合わせ] 四国学院大学 総合教育研究センター Tel:0877-62-2455

*お申し込みには、必ず保護者の承諾を得た上、保護者氏名、捺印をお願いいたします。定員を超えた場合、先着順とさせて頂きます。お申し込みいただいた方には、順次ワークショップのご案内を送らせて頂きます。また、受講料はワークショップ初日に納入して頂きます。

 

■公演 オマール アウバレス・パペットリーアートカンパニー 『スズの兵隊』

詩情豊かに演じる純粋な愛の物語。30以上の国内外の賞を受賞している人形遣いの名手。アンデルセンの「スズの兵隊」は月並みな童話ではありません。1本足の兵隊さんは、片足で立って踊っている踊り子に心をうばわれ、どんな境遇にあっても、踊り子のもとに帰りたいという想いを貫きます。その愛の深さは、観る人の心に永くのこるでしょう。

[日程] 2015年9月23日(水・祝)11:00開演/14:00開演 *受付は開演30分前より/開場は開演15分前より
[場所] 四国学院大学 ノトススタジオ
[料金] 予約=大人1,000円/小学生-大学生500円  当日=大人1,200円/小学生-大学生600円
[対象] 小学生以上
[上演時間] 45分
[使用言語] 日本語

◎ご予約&お問合せ  *チケット発売日:2015年8月3日(月)より

四国学院 パフォーミング・アーツ研究所
Email:sipa@sg-u.ac.jp
Tel/Fax:0877-62-2324 *電話受付:10:00→18:00

予約サイト:http://481engine.com/rsrv/webform.php?sh=2&d=14dcaf7a1a

 

 アーツ&スポーツ企画

※かがわコミュニティ・デザイン(KCD)推進事業は、四国学院大学が主催し地域社会における人と人のつながり、香川県のコミュニティ・デザインを豊かにすることを目的として企画した事業です。

2015年度キャリア拡充演劇ワークショップ

教育および社会福祉の専門職に従事する者には、特に他者の「課題」や「苦しみ」を感受することができる資質に支えられた、コミュニケーション作法が要請されます。このような「他者への感受性」とコミュニケーション作法を豊かに錬磨することを目的として、2014年度入学生から、演劇ワークショップの受講をキャリア拡充コースの関係カリキュラムにおいて必修化しています。

【講座1】 ※実施済み
日程:5月16日(土)、17日(日)
講師:わたなべなおこ
タイトル:シアターゲーム、コミュニケーションゲームを体験しよう

OLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERA

【講座2】 ※実施済み
日時:6月27日(土)、28日(日)
講師:田野邦彦
タイトル:言葉のコミュニケーションを考えるワークショップ ~スタンダップ大作戦~

OLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERA

【講座3】 ※実施済み
日時:7月11日(土)
講師:林成彦
タイトル:非言語コミュニケーションを考える ~フローズンピクチャーからジェスチャーゲームへ~

OLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERA

【講座4】 ※実施済み
日時:10月10日(土)、11日(日)
講師:菅原直樹
タイトル:介護現場のコミュニケーションを学ぶ ~老いと演劇のワークショップ~

OLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERA