在学生ボイス -身体表現と舞台芸術メジャー

学びのスタイル
在学生ボイス

実際にメジャーを履修している学生からのメッセージを紹介しています。

■社会学部 身体表現と舞台芸術メジャー
椙田航平さん
山口県 西京高等学校出身
他に代わりのいない表現者を目指して。

高校で演劇部に所属していて将来的にも続けたいと考えていた時、顧問の先生にこの大学を勧められ進学しました。演じ手として多くの作品に出演するほか、卒業公演では同期と協力して脚本の執筆にも挑戦し、演じることも。海外のダンス作品を鑑賞する授業は、言語を超えた人間の本質をダイレクトに感じ、刺激を受けましたね。第一線で活躍するアーティストの方々とも間近に話す機会が多く、進路相談もできるのはありがたいです。文学関係の授業も多く履修してテキストから情報を読み取る力を鍛え、表現者としてのスキルアップに日々取り組んでいます。

■社会学部 身体表現と舞台芸術メジャー
目黒眞子さん
香川県 善通寺第一高等学校出身
みんなで公演を作り上げる楽しさは唯一無二。

中学の頃から演劇コースの公演を欠かさず見てきました。役者の学生さんは本物の俳優のようで、私もこの人たちと同じ空間に行って演劇をしてみたいと思ったのがこのメジャーを専攻したきっかけです。実際に公演を作る授業はやはり面白く、大人数で一つの目標に向かって日々切磋琢磨するのは楽しくてしょうがないですね。団体でやっていくうちに自分の役割がわかり、全体を俯瞰して見られるようになりました。地元の人と一緒に公演する機会や地元の強みを生かした行事もあり、演劇を通していろんな発見ができます。

■社会学部 身体表現と舞台芸術メジャー
安田有里さん
愛媛県 松山東高等学校通信制出身

小学生の頃から芝居をするのが大好き。高校時代も地元の市民ミュージカルに参加し、坊っちゃん劇場でもアルバイトするなど、女優になりたいという夢を持ち続けていました。この大学への進学を決めたのは、役者と裏方の両方が学べるから。高校2年の時に西村先生の劇団を観劇したことで、「こんな人たちがいる大学で演劇を学びたい!」と進学しました。

演劇×教育をテーマに入学したため、演劇の基礎を学んで舞台に立ちつつ、小学校教諭と幼稚園教諭の資格取得のために学校教育マイナーも選択しています。どの授業も面白く、ためになるものばかりですが、中でも「教育実践と舞台芸術Ⅲ」の授業で幼児向け体験型演劇を上演した際はとても勉強になりました。上演前は、子どもたちがどう反応してくれるのかワクワク。でも実際に上演してみると、みんなの想像力や思いやりの心に驚かされっぱなしでした。最初はガチガチに緊張していた子がバイバイと手を振り笑顔で帰っていく姿を見て、やはり演劇と教育は深い関係にあるのだと実感しました。教育実習で教師という立場からの視点も学びましたが、この授業ではまた違った視点から、子どもたちの成長と演劇の魅力に触れることができたと思います。

メジャーの授業で作品に触れる度に、舞台はお芝居だけでは成り立たず、それまでの準備が大切なのだと痛感しています。役者としてはもちろん、入学前に思い描いていた舞台の裏側を経験することで見えない大変さやプレッシャーも知ることができ、もっと演劇が好きになりました。

演劇の世界を目指したいけど将来を考えると迷う…。そんな人は、資格を取りながら本格的に舞台を学べるこの大学がおすすめ。ぜひ演劇プラス何かに挑戦してみてください。

■社会学部 身体表現と舞台芸術メジャー
江島慶俊さん
佐賀県 佐賀東高等学校出身

高校時代は演劇部に所属していました。3年間続けるうちに役者としての自信がつき、大学でさらに役者としてのスキルに磨きをかけたいという思いに。高校の先輩がこの大学にいたこともあり、入学前からこのメジャーに決めていました。

授業は基本的に演劇に生かすことのできそうなものを選択しています。英語は英文学戯曲、学芸員関係の授業は劇場運営、文学メジャーは戯曲読解、体育系は俳優の身体づくりに生かすことができます。自由度が高いことは演劇メジャーの学生にとってうれしいことです。

演劇コースの授業で面白いのは「舞台芸術公演」。オーディションの経験ができること、プロの演出家に直接指導を受けられること、裏方として、演劇公演の実践的な活動経験を積むことができます。授業は思ったより厳しくなく、講師の演出家は全員優しいです。自由度が高い分、自主性がかなり重要。自分のテーマをしっかり決めて積極的に活動に関わらないと、4年間はあっという間に過ぎてしまいます。自分の好きなこと、極めたいことを探し、情熱を持って打ち込むと、大学生活が有意義なものになると思います。

メジャー以外では、文学メジャーの「日本文学特講」が面白かったです。日本文学を読み、解釈や意図を考える授業でしたが、スマホで何でもできる現代で、読書する機会も減っている中、文学に触れ、その楽しみ方を学ぶことができたのは貴重な経験でした。

演劇コースは、多くの人と関わる機会があります。人とのつながりを大切にしておくと、次のステージでも必ず役に立ちます。就職しても演劇には関わっていく予定です。そして、今までに出会った人、これから出会う人との縁を大切にしていきたいです。

■社会学部 身体表現と舞台芸術メジャー
大瀬戸正宗さん
広島県 沼田高等学校出身

高校でも演劇部に所属していて、中四国で一番演劇が活発だと聞いて本学を選びました。「世界の舞台芸術」という授業でシェイクスピアについて学び、初めて日常とは違う「古典」の面白さに触れたのが印象的でした。学生演劇で古典をやることはあまりないので、自分の中で「演劇とはこういうものだ」と決めつけていた部分があったことに気づかされました。大学に入って大きく視野が広がり、まったく違う演劇の世界が見えてきた気がします。

本学は授業以外にも、ワークショップやサークル、ノトスプロダクションなど、やる気次第で演劇に関わるチャンスがたくさんあります。僕の場合は授業以外で関わる方が多く、まさに演劇漬けの毎日です。即興演劇で共演者との関係性を楽しんだり、セリフを深く考察したり、ストレッチで基本的な体の動かし方を学んだり、機材の扱い方を学んだりと、やれることがたくさんあるだけに自分のペースをしっかり見極めて学生生活を組み立てるのも大切ですね。

これまで「演じる楽しさ」のみを考えていましたが、演劇の全体像を学んだことで、「演劇を通じて社会に何ができるか」を考えるようになったのは、一番の変化です。今の目標は、演劇をはじめとする舞台芸術文化の発展に貢献することです。演じることも大切にしていきたいと思っていますが、今は「支える」側への興味が強まっています。地域劇場のスタッフなど、地域と芸術を結びつけることをテーマに、これからの道を考えたいと思います。