在学生ボイス ー地域社会と福祉実践メジャー

学びのスタイル
在学生ボイス

実際にメジャーを履修している学生からのメッセージを紹介しています。

■社会福祉学部 地域社会と福祉実践メジャー
  合田祐希さん
香川県 高松商業高校出身

中学時代に一時不登校になった時がありました。家から出られなかった時にサポートしてくれたスクールソーシャルワーカーの女性が、母親のように親身になって話を聞いてくれました。その時のことが今でも心の中にあり、今度は自分が子どもたちを支える立場になりたいと思い、福祉の道へ。社会福祉士とスクールソーシャルワーカーの資格を取って、幅広い知識を持って子どもと関わりたいため、この大学に進学し地域社会と福祉実践メジャーを専攻しました。

授業は資格取得に必要な科目を中心に、興味のあることや将来の役に立ちそうな授業を時間の許す限り履修しています。福祉は分野が幅広く、どれも勉強になることばかり。特に岡田先生の「ソーシャルワーク論」は、実践形式の授業が多く、実際に現場で相談業務を行っているようでした。難しく感じる部分もありましたが、当事者役として実践したことで反省点も見つけることができました。

この大学の魅力の一つは他のメジャーの授業も単位となる「メジャー制度」。専攻メジャー以外の授業で印象に残っているのは、社会学の「理論と学説」です。先生がとてもユニークな方で、「マリトッツォがなぜ流行したのか」や鬼滅の刃など、ヒット商品や話題のアニメをテーマに話が展開していくので、興味をそそられました。

授業以外にも、ピア・リーダー制度やアテンダントサービスなど、学生が大学生活を快適に過ごせるためのシステムがたくさんあります。途中で目標が変わっても、メジャーを別の変更することもできるので、将来の目標が決まっていない人も、この大学で見つけることができると思います。

私の目標は、社会福祉士の資格を取得すること。福祉の授業で人との関わり方を学び、「この人なら大丈夫」と安心して話しかけられるような社会福祉士を目指しています。

■社会福祉学部 地域社会と福祉実践メジャー
  齊藤実李さん
岡山県 玉野光南高等学校出身

高校生の時にオープンキャンパスで受けた西谷先生の模擬授業がとても面白くて感銘を受けました。その頃から社会福祉に興味があり、社会福祉士になるため、このメジャーを選択しました。

このメジャーの授業はグループワークが多く、社会福祉士を目指す人はもちろん、他メジャーの学生もたくさん受講しています。一番印象に残っているのは「ソーシャルワーク論Ⅰ・Ⅱ」。人前で話すことが苦手な私にとって不安もありましたが、仲間のフォローで落ち着くことができました。その他のどの授業も1回以上はグループワークがあったので、自分にとっても勉強になることがとても多く、自分が成長するいい機会となり、積極的に発言できるようになったと思います。

社会福祉士の資格取得に必要な科目を優先して履修しているので、授業数が多くて大変ですが、空きコマがあれば他メジャーの授業も履修しています。社会福祉学メジャーの「公的扶助概論」では、授業内容の復習という形で実際に放送された実体験の動画を見ました。なかなかそのような動画をじっくり見ることが少ないので、より福祉の知識が深まったと感じています。

大学は勉学だけでなくサークル活動やボランティア活動など、いろいろなことが経験できる大切な時間。新型コロナウィルスの影響で厳しい状況が続いていますが、できるだけ多くのことにチャレンジして、大学生活を謳歌したいです。そして将来はクライエントに寄り添い、それぞれの状態に合わせた支援ができる社会福祉士になりたいです。

■社会福祉学部 地域社会と福祉実践メジャー
  大西寧々さん
香川県 観音寺総合高等学校出身

地域社会と福祉実践メジャーを選択した理由は、地域社会に関心があり、社会福祉士の資格取得を目指しているからです。興味を持ったのは中学生の時。職場体験で地元の介護施設に行かせていただきました。現場では何の役にも立てず落ち込みましたが、食事の介助や施設内の掃除をする中で、利用者の方に「ありがとう」と喜んでもらえたことがすごくうれしかったです。その経験が福祉というものを知るきっかけになり、福祉を学べる高校に進学しました。

学ぶうちに福祉には介護や精神保健などさまざまな領域があり、体を使って介護するだけではなく、相談を受けて寄り添える仕事があることを知りました。人間関係の希薄化により、介護施設だけでなく地域全体において不安や悩みを抱える人は多く、誰にも相談できず孤立してしまうケースも少なくありません。地域社会で全ての人が自分らしく生きていくために、社会福祉士に求められる支援の方法や役割を学びたいと思いました。

「雇用政策概論」では、実際に就労を支援する機関や専門職、障害者雇用の現状を知ることが可能です。私がこの授業を選択したのは、障害者施設の方々にボランティアでお菓子作りを教えている祖父の存在が大きいかもしれません。地域社会の福祉実践メジャーにはさまざまな授業がありますが、このように自分が興味のある授業を選択していくことで、社会福祉士は高齢者から障害者、子どもまでいろんな人と関わる仕事であり、その人に合わせた対応が必要なのだと実感しています。

社会福祉士として現場で働けるようになったら、明るく笑顔でいることを忘れないようにしたいです。クライエントに「相談してよかった」と思ってもらえるよう、相手の気持ちに寄り添っていきたいです。

■社会福祉学部 地域社会と福祉実践メジャー
  竹信 明さん
香川県 尽誠学園高等学校出身

私には軽度の発達障害があり、弟には重度の発達障害があります。障害と身近に関わる中で、学校生活でもさまざま問題にぶつかってきました。地域社会と福祉実践メジャーを専攻したのは、その経験を生かすことができると考えたから。実際、社会福祉学部では自身の障害や経験から福祉の分野を目指す人も少なくありません。また、実習が多いのも特徴で、一人の人間として直接向き合うことでより深く学べると思いました。座学でも興味深い授業はたくさんあり、例えば「社会福祉言論I」では自分が目指す社会福祉士の理念を知り、支援する時の姿勢や考え方を改めるための良い素材になっています。

そんな多くの学びの中で知ったのが、スクールソーシャルワーカーという専門職。私自身、小学校時代は支援学級でした。伝えたいことがうまく伝えられず悔しい思いをしたこともあり、同じように悩む子どもたちの環境を改善したいという具体的な目標ができました。今後は外国人の子どもたちを支援する場面も増えると考え、英語サークルにも入っています。でも、実は英語は苦手分野。他にもダメなところがいっぱいありますが、問題を問題として捉えるのではなく、視点を変えると別のいいことに活用できる。いろんな方法が見えてくるのではないでしょうか。これは支援の現場でも言えることで、自分に障害があっても、人を助けることで自信が生まれるケースもあると知りました。

このように考えられるようになったのはこの大学で福祉を学んだからこそ。弟の障害を個性だと思えるようになったのも大きな変化です。だから、勉強が嫌いな人こそ大学へ進学し、楽しみながら学んで欲しいと思います。

■社会福祉学部 地域社会と福祉実践メジャー
  清水真生さん
香川県 観音寺総合高等学校出身

入学当初から社会福祉学メジャーとどちらにするか迷っていましたが、地域社会と福祉実践メジャーでは、座学より実際に体験して学ぶ演習が多いと聞いたことが選択の決め手になりました。副専攻は最初、精神保健と福祉(旧:こころとからだの福祉)メジャーにしようと思っていましたが、スクールソーシャルワークに関する授業を受け、児童や家庭に関わる支援や学問に興味を持ったため、スクールソーシャルワークを選択しました。

将来は社会福祉士の資格を取得し、ソーシャルワーカーとして働きたいと考えているので、必修科目などを見落とさないよう、友達と確認し合って履修登録をしています。視野を広げてくれたのは、「ソーシャルワーク演習」です。さまざまな課題に対して学生同士で意見を出し合うのですが、自分にはない価値観や視点に触れ、たくさんの発見がありました。また、社会福祉士の勉強では、さまざまな制度が生まれた戦争や政治的な背景など、知識と技術の両方を学べます。他メジャーの授業でも、興味のある分野や将来必要になるかもしれない授業は積極的に取っています。中でも、富島喜揮先生の「精神保健学」では、専門的な知識や経験をもとに、私たちの理解度を確認しながら説明してくれるのでとても分かりやすく、心に染み入りました。相手がどうしてそう思っているのか、どうしてそうなったのかを考えて、接したり受け止めたりすることができる社会人になりたいです。

大学での学びは自分から動くことが大切です。何もしなかったら、何もないまま終わっていきます。先生方はできないことを前提として理解してくれるので、失敗を恐れずチャレンジしてください。