大手前高松高等学校の生徒を対象にしたイングリッシュ・キャンプを開催しました。

12月25日(土)~27日(月)の3日間、大手前高松高等学校より20名の生徒が参加し、本学外国人教員4名のもと日本人旅行客の多いメキシコ・南アフリカ・トルコ・ノルウェーの国々について英語で学びました。

新型コロナウイルス感染症対策を講じ、グループに分かれ各国に関する英語の授業や、善通寺・乃木資料館・善通寺市郷土館へのフィールドワークを行い善通寺市の文化にも触れました。
また本学チャペルにて、パイプオルガンの演奏に合わせて歌を歌いました。

最終日はグループごとに学習した国についてのプレゼン発表を行い、和やかな雰囲気の中で充実した英語漬けの3日間を過ごしました。