2021年度 学院クリスマス(燭火礼拝)を行いました。

2021年12月17(金)17時20分より、清泉礼拝堂にて学院クリスマス(燭火礼拝)を行いました。

燭火礼拝では、清泉礼拝堂聖歌隊・ハンドベル演奏とともに、参加者全員のキャンドルに火が灯され、礼拝堂内がキャンドルの美しい光に包まれました。

学生によるスペイン語、英語、日本語での聖書朗読が行われ、ネルソン橋本ジョシュア諒 宗教委員長より、「イエスは難民だった・・・」と題してお話をいただきました。

最後に、「もろびとこぞりて」を全員で賛美し、クリスマスをお祝いしました。

コロナウイルス感染症により、大学にとってさまざまな影響がありましたが、今年も無事に燭火礼拝を迎えることができ、あたたかな光の中、クリスマスをお祝いすることができました。