高松第一高等学校の生徒さんが演劇ワークショップを体験しました。

2021年6月に、高松第一高等学校の1年生6クラスを対象に、「演劇的手法を用いたコミュニケーションワークショップ」を開催し、“社会で必要なコミュニケーション”について体験的に学びました。

まずは全員でアイスブレイク。簡単なゲーム形式のウォーミングアップで体と心をほぐします。その後は、チームに別れてジェスチャーゲームを実施、グループワークを通して「伝える」と「対話」について学びました。最後は同窓会のシーンを創作しました。ロールプレイを通して、自分の将来やキャリアについて楽しく考える時間になりました。