宮台真司氏による2019年度第2回レクチャーシリーズを開催しました。

11月25日(月)、本学聖恵館にて、首都大学東京教授で社会学者・映画評論家でもある宮台真司氏をお招きして、2019年度第2回レクチャーシリーズ大学・高校教育研究21『アートとは何か?社会とは何か?~脱落しつつある能力を復権する~』を開催しました。

参加された先生方は、AIや家族の空洞化、社会の情勢などの話を興味深く聞かれ、講演後の質疑応答では熱心にご質問されており、理解を深められていました。