KSB瀬戸内海放送・四国学院大学共同プロジェクト 小学生オーディションが開催されました。

KSB瀬戸内海放送・四国学院大学共同プロジェクト

『じぶん発見プログラム ~演劇とニュースの力でじぶんと地域を好きになるプログラム~』
本学は、産学連携の一環としてKSB瀬戸内海放送と連携し、「香川県の子どもの自己肯定度を高める」という課題解決に取り組むプログラムを共同企画しました。KSB瀬戸内海放送が掘り起こした、地域のグッドニュースを題材に、中四国で唯一ドラマ教育を行っている本学演劇コースの教員が関わり、演劇作品を作りあげるという試みです。子どもたちが自分たちの良いところを見つけ、自分たちが生まれた地域の良さを発見していくプログラムになっています。

小学生オーディション開催
2019年10月14日(月・祝)に本学ノトススタジオにて本プログラムのオーディションが行われました。
県内の小学生(4~6年生)が大勢集まり、20名が選考されました。
12/15(日)、本学ノトススタジオで行われる本番に向け、現地取材ワークショップ、台本作成ワークショップを経て、稽古を重ねていく予定です。
また、一連の活動は、2020年1月下旬にKSB瀬戸内海放送の番組『報・動・力』で放送されます。

【KSB小学生オーディションに関する詳細なチラシはこちら!】