2018年度第1回レクチャーシリーズ大学・高校教育研究21「演劇の専門家とつくる教室」が開催されました。

8月23日(木)に、2018年度第1回レクチャーシリーズ大学・高校教育研究21「演劇の専門家とつくる教室」が、本学ノトススタジオにて開催されました。
台風が接近し始めていた天候にも関わらず、多くの方にご参加いただきました。
今回は、筑波大学附属駒場中・高等学校教諭である平田知之氏をお招きし、平田知之氏による講演を行い、その後本学の客員教授・学長特別補佐である平田オリザとの対談を行いました。
演劇の手法を用いた授業やワークショップについて、具体例を挙げながらわかりやすくお話を頂き、参加された先生方は興味深く話を聞かれていました。
8月24日の四国新聞にも掲載されました。

第2回は11月29日(木)に、石井路子氏(ドラマティーチャー、追手門学院中・高等学校教諭)を講師に迎え、「表現教育は何を目指すのか」と題して、開催予定です。