第6回おはなしもっと賞コンクール

四国学院大学
第6回おはなしもっと賞コンクール
手作り絵本部門・おはなしライブ部門

≪募集要項≫

四国学院大学社会福祉学部社会福祉学科保育士養成コースでは、地域における子育て・子育ち支援事業の一環として、次代の担い手を発掘し、育てるために、本年も標記の絵本コンクールを以下のとおり開催します。中学生・高校生・一般の皆さんがふるって応募して下さることを期待しています。


Ⅰ.部  門
①手作り絵本部門(中学校・高等学校・一般各部)
②お話ライブ部門(中学校・高等学校各部)
Ⅱ.応募資格
①手作り絵本部門:中学校の部は中学校在籍中の生徒。高等学校の部は高等学校在籍中の生徒。一般の部は制限なし。
②お話ライブ部門:中学校の部は中学校在籍中の生徒。高等学校の部は高等学校在籍中の生徒。
※ ①、②両部門を通して個人応募・グループいずれでも応募できます。しかし、同一部門の複数参加はできません。
Ⅲ.募集期間   2013年7月1日(月)~9月9日(月)当日消印有効
Ⅳ.応 募 先 765-8505 香川県善通寺市文京町3-2-1
四国学院大学研究室プラザおはなしもっと賞コンクール係 (郵送に限る)
Ⅴ.参 加 費   無  料
Ⅵ.本選日時   2013年10月19日(土)13時00分開始
Ⅶ.会   場   四国学院大学712教室
Ⅷ.表   彰  5部門共に   1位  2万円
2位  1万円(いずれも図書カードによる)
全部門で一組  特別賞(紀伊國屋書店協賛)
おはなしライブ部門終了後、直ちに結果を集計・審査して表彰を行います。
Ⅸ.募集要項
①手作り絵本部門(中学生の部・高校生・一般の部)
1.募集内容
① 5~6歳の子どもたちを対象とした手作り絵本。
② 絵・ストーリーともにオリジナルで、使用することばは日本語に限ります。
③ 作品は発表・未発表を問いませんが、同様のコンクールですでに受賞したものは応募できません。
④ 応募は1人または1グループで1作品のみとします。
2.サイズ制限
① 21×30cm(閉じた状態でA4、見開きA3)×厚さ10cm以内。
② 表紙を含めずに見開き8~20面まで。
3.素材
自由(紙、板、布etc.)
4.応募方法
次の書類を同封してコンクール係宛に郵送してください。
①作品(荷造りは応募者の責任で行い、紛失破損等について大学は責任を負いません)
②必要事項を書き込んだ応募用紙(大学ホームページからもダウンロードできます)
③参加証返送用封筒(80円切手を貼り、返信先住所氏名を表に明記したもの)
④作品返却用封筒(必要な金額の切手を貼ったもの)
5.審査方法
①予備審査:5点を選出(通過者には通知し、大学ホームページでも公表します)。
②本選:予備審査を通過した作品の中から、来場者の投票数も考慮に入れて本学教員が審査します。
③審査基準:独創的で対象年齢にふさわしいストーリーと絵であり、子どもによく伝わる展開であること。製本(簡易自家製本でよい。例:貼り合せる、リボンで綴じるなど)に至るまで、作品に対する愛情が感じられること。
6.展示  応募作品のすべてを、本選当日会場にて展示します。
②おはなしライブ部門(中学生の部・高校生の部)
1.募集内容
①課題絵本(予選)と自由選択絵本(本選)の読み聞かせ。
②応募多数の場合、予選を行います。予選は非公開で課題絵本のみを読み聞かせます。   2013年度課題絵本:「わにさんどきっ、はいしゃさんどきっ」(五味太郎作、偕成社)
③本選は自由選択絵本のみの読み聞かせを行います。本選は公開です。
自由選択絵本は、5~6歳児を対象としたもので、出入りを含めて7分以内(時間厳守)。
④発表経験のある作品の再演を認めますが、同様のコンクールで受賞したものの再演は認めません。
⑤マイク・背景・小道具・音響・照明等の使用は認めません。
⑥1人、または1グループで1作品1回のみ参加できます。(重複参加を認めません)
2.応募方法
次の書類を同封してコンクール係宛に郵送して下さい。
①必要事項を書き込んだ応募用紙(大学ホームページからもダウンロードできます)
②参加証返送用封筒(80円切手を貼り、返信先住所氏名を表に明記したもの)
3.審査方法
①応募者多数の場合は予選を行います。予選では課題絵本、本選では自由選択絵本の読み聞かせのみを行います。
②予選の有無、予選の日時場所については参加証返送時にお知らせします。
③審査基準:30名ほどの子どもに十分聞こえる発声であること。
対象年齢に適した自由選択絵本であること。
対象年齢と絵本の内容に適した表現であること。
審査は来場者の投票数も考慮に入れて本学教員他が行います。
X.参考  5~6歳児のことばの発達および絵本の選択については、関連ファイルよりダウンロードして参考にしてください。
XI.本選への交通手段
本選当日、本学大学祭を開催中です。スクールバス等の運行はありませんので、公共交通機関等をお使いください。本学駐車場をご利用になることもできます(有料:¥300/回)。なお、審査への交通費、宿泊費等の支給は行いません。

<問い合わせ先>
四国学院大学研究室プラザおはなしもっと賞コンクール係
〒765-8505香川県善通寺市文京町3-2-1
電話 080-3926-7251 Fax 0877-63-7251 E-mail kodomofukushi@softbank.ne.jp