四国学院大学公開学術講演会2012 「フィンランドの現在」

公開学術講演会

『高福祉と高い教育力で注目を集める北欧フィンランド。その基盤には、日本とは大きく異なる個人、家族、社会の形があります。今年度の公開学術講演会は、本学と学術協力協定を結んでいるフィンランドのタンペレ応用科学大学のウラ=マイヤ・コイブラ先生を招き、フィンランドの市民社会の特徴に焦点を当て、その現在と未来を語っていただきます。どなたもお気軽にご来場ください。』

日 時 : 2012年5月11日(金) 15:10~16:40 【14:50から受付開始】
場 所 : 四国学院大学412教室  ※駐 車 場:一回300円にてご利用できます。
入場料: 無料(申し込み不要)
◆日本語通訳、手話通訳あり

主催/四国学院大学  主管/社会福祉学部

***講師***
Ulla-Maija Koivula ウラ=マイヤ・コブラ
(タンペレ応用科学大学社会福祉学部主任講師)
大学で社会福祉を教えるかたわら、1980年代から世界各地で、雇用問題や薬物依存者のケアなどに関する数々のEUのプロジェクトに関与。現在はパレスチナで社会福祉サービス部門の管理者の育成にあたる一方、ソーシャル・メディアを通じて若者同士の相互支援を促進する研究に関わるなど、実践的に幅広く活動している。

お問い合わせ先
四国学院大学
TEL : 0877-62-2111(内線358:片岡)
E-mail : nkataoka@sg-u.ac.jp