四国学院大学 クリスマス・プロジェクト2011

クリスマスプロジェクト2011四国学院大学では、クリスマスを学内外の人々とともに祝い楽しむために、クリスマスの時期に学内の様々なイベントを主催・後援し、また学外の皆様のイベントとも共催し、クリスマス・プロジェクトとして企画・運営してきました。学内外のたくさんの皆様のお出かけをお待ちしております。

〇クリスマス・イルミネーション点灯セレモニー
11月30日(水)17:30~
場所:哲学の森チャペル前広場
クリスマス・イルミネーション点灯式を行います。

〇クリスマス・イルミネーション
11月30日(水)~12月25日(日)17:00~23:00
場所:チャペル前広場・キャンパスロータリーほか
クリスマス・イルミネーションを毎夜キャンパスに点灯いたします。お楽しみください。

〇SARP Vol.2 「駐車禁止」
12月1日(木)~4日(日)
場所:ノトススタジオ
アーティスト・イン・レジデンス(通称SARP)の第2弾公演。ダンス・演劇界で活躍している矢内原美邦さんの構成・演出で本学学生が創作舞台に挑戦します。

〇第35回記念四国学院大学メサイア演奏会
12月3日(土)18:00~(17:30開場)
場所:清泉礼拝堂
本学恒例のメサイア演奏会。ヘンデル作曲の「メサイア」全曲をバロックスタイルで演奏します。本年は第35回記念演奏会となり、今回も指揮者にオルガン・チェンバロ奏者としても著名な大塚直哉さんをお迎えしての演奏会です。

〇CHCプロジェクト
12月5日(月)~9日(金)
CHCプロジェクトは、四国学院大学人権週間を中心に、本学の「人権と文化の多様性に関する委員会」に関わる教職員学生が企画・運営し、本学全体で取り組んでいるプロジェクトです。皆様のご参加をお待ちしております。

〇国際交流プロジェクト
12月7日(水)~22日(木)
場所:ノトスギャラリー
「写真展:今、異文化体験が面白い!Vol.2」
四国学院大学では毎年多くの国際交流プログラムを実施していますが、本年実施した「外国事情(米国)」、「外国事情(フィリピン)」、「日本語教員養成課程海外実習」、「日韓国際学生セミナー」の実施報告を兼ねて、写真展を行います。異文化の現場に出かけて私たちは本当に多くのものを学びましたが、その成果を私たちの手作りの写真を通して見ていただければ幸いです。

〇四国学院大学クリスマス・コンサート
12月7日(水)18:30開演(18:00開場)
場所:清泉礼拝堂
「聖なるクリスマスの調べ2011」
本年は声楽の岩永十紀子さん、チェンバロの石川陽子さん、コントラバスの栗田涼子さん、オーボエの井上沙香さんをお迎えし歌い継がれ、演奏され続けてきた、数々の聖なるクリスマスの調べをお届けします。四国学院大学学生有志による合唱も参加します。楽しいクリスマス・コンサートにどうぞお出かけください。

〇日韓国際学術セミナー2011
12月8日(木)13:30~16:40
場所:712教室
姉妹校韓南大学校との共催で開催する教員の学術発表セミナーです。本年の総合テーマは「多様化する社会と福祉の挑戦」で、両大学から2名ずつ教員が発表します。

〇青年団第65回公演「サンタクロース会議」
12月13日(火)16:00~、19:00~(アダルト編)
場所:ノトススタジオ
本学客員教授、青年団主宰の平田オリザ演出の子どものための参加型演劇公演。今回は大人向けのアダルト編も上演します。

〇四国学院大学学生YMCAの集い
12月13日(火)17:00~18:00
場所:826教室
四国学院大学学生YMCAは、キリスト教価値観を大切にするサークルです。日常活動は聖書を読んだり、読書会に行ったりして、日々見過ごされがちな「ゆっくりとお互いの声に耳を傾け合う」ことを大切にしています。学生がそれぞれの立場からクリスマスの意味・意義を語ります。みんなでクリスマスを考えてみませんか?

〇フィールド・プラクティカム「シアタータンク」
12月15日(木)、16日(金)19:00~  場所:ノトススタジオ
本学教員、阪本麻郁(コンテンポラリーダンス)さんと、西村和宏(演劇)さんが、身体表現と舞台芸術マネジメントメジャーのフィールド・プラクティカムの受講生たちと創作したダンスと演劇公演。未来の舞台人育成につながる「パフォーミング・アーツ実験ラボラトリー」を目指します。

〇第19回善通寺市民クリスマス(共催)
12月17日(土)18:30~20:00  場所:清泉礼拝堂
善通寺市内の教会の皆さんで構成する実行委員会が主催する市民クリスマスです。クリスマスについてのお話や、音楽プログラムがいっぱいあります。どなたでもご自由にご参加ください。

〇四国学院大学公開学術講演会2011
12月19日(月)11:10~12:40  場所:411教室
「韓国伝統文化と日韓交流」 講師:韓国韓瑞大学校 金泰燾教授
本年は、昨年度から学術協定校となった韓瑞大学校から講師を迎えて開催します。

〇四国学院クリスマス礼拝
12月20日(火)10:45~11:25  場所:清泉礼拝堂
四国学院のクリスマス特別礼拝です。イエス・キリストのご生誕をお祝いするクリスマスを特に覚えての礼拝です。今年の説教者は四国学院大学教授の橋本一仁先生です。静かな朝の一時、イエス様のご生誕とその愛の奇跡をともに考えましょう。

〇四国学院燭火礼拝
12月20日(火)17:00~18:00  場所:清泉礼拝堂
キャンドルサービスや生誕劇でイエス様のご誕生をお祝いしましょう。

〇初年次セミナー&キャンパス・コミュニティ・スタディーズⅡプロジェクト
・クリスマス週間チャペルアワー
12月12日(月)~16日(金)10:45~11:05  場所:清泉礼拝堂
・キャンドルサービスと祝会
12月21日(水)17:30~19:10  場所:キャンパス&聖恵館

〇高校生のためのチャペルクリスマス
12月21日(水)16:30~18:00  場所:清泉礼拝堂
毎年、好評の高校生の皆さんをご招待してのチャペルクリスマスを今年も企画しました。クリスマス・イルミネーションの輝くなか、静かな礼拝堂でキャンドルに光をともし、パイプオルガンを聴いたり、クリスマスについてのお話を聞いたりしながら、チャペルクリスマスを体験してください。高校生並びに関係者の皆様の参加をお待ちしております。

〇四国学院大学吹奏楽団第31回定期演奏会
12月16日(金)18:30~(18:00会場)  場所:聖恵館
本学吹奏楽団の第31回目の定期演奏会です。学内関係者だけでなく市民の皆様にも楽しんでいただけるよう編成しました。様々な若々しい吹奏の楽曲をお楽しみください。

日独交流150周年記念西洋菩提樹植樹式を執り行いました。

2011年11月10日(木)に駐日ドイツ連邦共和国領事ベルンハルト・ベッカー氏をお招きし、日独交流150周年の西洋菩提樹植樹式を執り行いました。
植樹式は、善通寺国際友の会大林副会長の司会進行により、ベッカー領事、平岡善通寺市長、末吉学長が挨拶を行い、滞りなく終了しました。ベルンハルト・ベッカー領事は、すばらしい自然に囲まれた善通寺の地で西洋菩提樹が大きく育つことを願うと共に、今後の日本とドイツの友好も育んでいきたいと述べられました。
本学のキャンパスに交流の証が残されたことを誇りに、今後も交流を続けていきたいと思っています。

syokujushiki

硬式野球部 四国六大学野球秋季リーグ優勝!

本学、硬式野球部は10月7日(土)に行われた四国六大学野球秋季リーグ最終日に、コールド勝ちし5季連続19度目のリーグ優勝を果たしました。1、2年生主体の若いチームで、優勝がかかった試合で2連敗するなど試合運びに粗さが見られ不安な面もありましたが、5連覇のプレッシャーがかかる中、結果を残すことができました。
 次は、初めての明治神宮大会出場をかけて、10月29日(土)に愛媛県で行われる中国地区2連盟の代表との代表決定戦に臨みます。

硬式野球部 四国六大学野球秋季リーグ優勝!

本学、硬式野球部は2011年10月7日(土)に行われた四国六大学野球秋季リーグ最終日に、コールド勝ちし5季連続19度目のリーグ優勝を果たしました。1、2年生主体の若いチームで、優勝がかかった試合で2連敗するなど試合運びに粗さが見られ不安な面もありましたが、5連覇のプレッシャーがかかる中、結果を残すことができました。
次は、初めての明治神宮大会出場をかけて、2011年10月29日(土)に愛媛県で行われる中国地区2連盟の代表との代表決定戦に臨みます。

留学生のテ ジェヨン(太 在榮)さんが香川県国際交流協会理事長賞を受賞しました。

スピーチコンテスト

2011年9月17日(土)に行われた(財)香川県国際交流協会主催の「第22回外国人による日本語弁論大会」において、社会学部カルチュラルマネジメント学科のテ ジェヨン(太 在榮)さんが香川県国際交流協会理事長賞を受賞しました。
この弁論大会には、事前選考を通過した香川県在住の外国人10名が出場し、香川県や日本について思うことを率直に語り、習得した日本語を発表しました。テーマ、内容の構成、語句の使い方、話し方、流暢さ、内容についての理解を審査基準にし、各賞の受賞者が決定されました。

堤幸彦監督による特別授業を実施しました。

特別授業

2011年9月24日(土)四国学院大学 大音楽教室で、堤幸彦監督による特別授業が行われました。この特別授業は、今年度より本格的にスタートした身体表現と舞台芸術マネジメント・メジャー(略称:演劇コース)の「映像と演技」の授業の一環で、演劇コースの学生を中心に30名程度の学生が出席しました。
授業では、堤監督の作品上映を交えながら、質問にも答えていただきました。一線で活躍する映画監督の授業は、学生にとって、かけがえのない経験になったようです。

夏休みふれあいサッカー教室inみとよ

2011年8月23日(火)9:30から、三豊市緑ヶ丘サッカー場で「夏休みふれあいサッカー教室inみとよ」が開催されました。このサッカー教室は、三豊市と四国学院大学が締結している「包括的連携・協力に関する協定」に基づき、次世代を担う子どもたちの健やかな心と体を育む健康教育プログラムの一環として開催されたものです。
三豊市内放課後児童クラブ入会児童56名が前半、後半に分かれて参加し、男の子、女の子を問わず四国学院大学サッカー部員とサッカーあそびを通してふれあい、楽しく学び、子どもたちの健やかな発達を図ることを目的として実施されました。子どもたちにとっても、サッカー部員たちにとっても有意義なイベントとなったようです。

サッカー教室