図書館の沿革

1950年、善通寺の町の元騎兵連隊跡地に、四国基督教学園が開学する。営倉であった建物を改築し、学園開学の本部となり、その後、増改築して図書館となる。
1959年、四国学院短期大学が発足する。 短大時代の図書館は、蔵書数23,000冊、専任職員4名、建坪104坪、幻灯機、映写機、テープレコーダー、レコードプレーヤー、語学リンガフォン等の視聴覚機材も備え、学生一人当たりの蔵書数700冊。エンサイクロペディア・オブ・ソーシャルサイエンス、アメリカーナ、ミルトン全集、現代世界文学全集、二十四史など、当時の短期大学図書館として名に恥じないものがラインナップされていた。
1962年、四国学院大学が開学。
1966年、仰光館が完成する。その西半分にその頃珍しかった冷暖房付き3階建の新しい図書館が開館する。当時の四国学院のアット・ホームな雰囲気は、現在も、よく語り伝えられている。
1977年、書庫棟一部増築。
1983年、四国学院大学図書館は、善通寺市立図書館に呼びかけて「相互協力についての協定書」を結んだ。図書館員達の熱意により、ようやく実現したこの協定書により、大学図書館は全面的に市民に開放されることになった。善通寺市立図書館と四国学院大学図書館とは、ともに市の中心地にあり、しかも隣りあって建っているので、一度に両図書館を利用できる。さらに、館種が異なっているので、重複する蔵書はあまりない。1983年当時、大学図書館10万冊、市立図書館5,5000冊、合計15万5,000冊の蔵書をもつ図書館があるのと同様の状況になったのである。
1985年、6階建書庫棟落成。

図書館外観
2006年7月、新図書館竣工。10月開館。鉄筋コンクリート3階建、収蔵能力は、旧図書館書庫と合わせて約35万冊。
2006年10月現在の蔵書数は22万冊、雑誌2300種。 新しい図書館は、全面開架の理念を守り、本に親しんで欲しいという願いを込めてつくられている。
1階は明るい雰囲気と本の魅力が外からも感じられる空間。
2階は多くの本が利用者に語りかける空間。
3階は落ち着いてじっくり勉強する空間。
もっと深く専門書に接するには通路で結ばれた旧図書館の書庫を探検できるように設計されている。
学内外の関係者の助言と協力を得て、開館した新図書館は、開かれた大学の顔になると確信している。

図書館