学院クリスマス礼拝、燭火礼拝を行いました。

12月16日(金)、学院クリスマス礼拝と燭火礼拝を行いました。

学院クリスマス礼拝では、ハンドベル・クワイアと清泉礼拝堂聖歌隊、ヴァイオリンの演奏で「きよしこのよる」を歌いました。
社会福祉学部教授得永幸子先生は、「クリスマスの喜び」と題して、クリスマスにイルミネーションで光を灯す理由、イエス・キリストの誕生について話してくださいました。

%e5%ad%a6%e9%99%a2%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9201601  %e5%ad%a6%e9%99%a2%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9201602

燭火礼拝では、ハンドベル演奏とともに参加者全員のキャンドルに火が灯され、礼拝堂内があたたかな光に包まれました。
学院クリスマスに引き続き、得永幸子先生が「星の光ったその晩に」と題して、先生自身のクリスマスの思い出やイエス・キリストの誕生を告げられた羊飼いの話を通し、神の愛について話してくださいました。
讃美歌「きよしこのよる」と「もろびとこぞりて」を全員で賛美し、クリスマスを祝いました。

%e7%87%ad%e7%81%ab%e7%a4%bc%e6%8b%9d201601 %e7%87%ad%e7%81%ab%e7%a4%bc%e6%8b%9d201604

%e7%87%ad%e7%81%ab%e7%a4%bc%e6%8b%9d201603 %e7%87%ad%e7%81%ab%e7%a4%bc%e6%8b%9d201602