学術講演会「生き心地の良い町~日本で“もっとも”自殺の少ない町を調査して」を開催しました

12月16日(火)、和歌山県立医科大学保健看護学部講師の岡檀(おか・まゆみ)氏を講師にお迎えし、「生き心地の良い町~日本で“もっとも”自殺の少ない町を調査して」と題して、社会学部主管学術講演会が開催されました。自殺率が日本一低い町として徳島県旧海部町(現海陽町)での調査を事例に挙げて町の特徴や住民気質などが紹介され、130名の来場者がそのお話に耳を傾けました。

学術講演会