本学非常勤講師 岩井秀人が第57回岸田國士戯曲賞を受賞しました

プロの演出家が1ヶ月以上滞在し、学生キャスト・スタッフで舞台作品を創作し上演するSARP。昨年、その3作品目となる「われわれのモロモロ」の構成・演出を手掛けた本学非常勤講師、岩井秀人の『ある女』が、第57回岸田國士戯曲賞を受賞しました。2010年の柴幸男、2011年の松井周、2012年の矢内原美邦に続き、4年連続で本学講師陣が岸田國士戯曲賞を受賞しています。(矢内原美邦はSARPvol.2「駐車禁止」の構成・演出を担当しています。)
岸田國士戯曲賞は「演劇界の芥川賞」と称される権威のある戯曲賞で、今回の受賞を含めると本学講師陣では9名が受賞しています。

岩井秀人 劇作家、演出家、俳優、ハイバイ主宰
2003 年「ハイバイ」を結成。2007 年より青年団演出部に所属。東京であり東京でない小金井の持つ「大衆の流行やムーブメントを憧れつつ引いて眺める目線」を武器に、家族、引きこもり、集団と個人、個人の自意識の渦、等についての描写を続けている。

岸田國士戯曲賞受賞者一覧(本学講師)

受賞作 受賞者
第39回 1995年 スナフキンの手紙 鴻上尚史
第39回 1995年 東京ノート 平田オリザ
第49回 2005年 三月の5日間 岡田利規
第50回 2006年 愛の渦 三浦大輔
第52回 2008年 生きてるものはいないのか 前田司郎
第54回 2010年 わが星 柴幸男
第55回 2011年 自慢の息子 松井周
第56回 2012年 前向き!タイモン 矢内原美邦
第57回 2013年 ある女 岩井秀人