メディア&サブカルチャー研究

5つの教育課題で読み解く、現代から将来の文化状況。

ここでの目標は、多様化し錯綜する現代の文化状況を読み解く知の獲得。主な教育課題は、次の5つ。

①あらゆるメディア表現(情報)の本質を捉え想像力・批判力を涵養します。②TV・映画・雑誌・アニメ・ブログなど素材別に解釈方法を学びます。③現代の文化状況が各種メディア展開に及ぼす影響について理解を深めます。④多岐にわたるサブカルチャーの特質と現代的意義について考察します。⑤グローバリズム進展の中で人々の価値観・生活様式の多様性と変化を探究します。

 

カリキュラム

 

基礎科目

■現代文化論

世界中のさまざまな文化は、民族や国家、地域、階層などの違いを特徴づける一方で、社会を流動化し再編する力ともなっています。講義では、身近な題材を通して、現代文化の特徴を見通すための視野を提供します。

 

■テキスト解釈の方法と実践

文献資料や新聞・雑誌記事・TVドラマ・映画などの「読み方」を学び、言説の読解を通じて、社会構造の一端を確認する技法を修得していきます。

 

■社会史研究 ■メディア史

 

専攻科目

■大衆文化史

国内外における大衆文化の歴史をたどり、その社会的・文化的意義を探っていきます。

 

■メディア文化論

各種メディアの普及・展開とその社会的意味について論じ、具体例を交えてメディア化された社会の文化状況と現代人のリアリティなどを分析していきます。

 

■サブカルチャー論

テクノロジーの発達は、社会に潜在するリスクやひずみを顕在化しています。単なる下位文化として捉えられがちなサブ・カルチャーとは、ひずみ、もしくは「上位文化」の機能不全を表す現象ではないでしょうか。このような問題意識を手がかりとして現代の文化を考察します。

 

■アニメ・マンガ論

世界に類をみない日本発信の「サブカルチャー」であるアニメ・マンガ文化が普及してきた文化的土壌について解説。アニメ・マンガ研究の各種アプローチや、グローバリゼーション下における文化的・社会的・経済的意味を考えます。

 

■フィールド・プラクティカム Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ・Ⅳ ■情報社会論 ■ネットワーク社会論

■比較文明論 ■ライフスタイル論 ■グローバル文化論 ■日本文化論

■ユースカルチャー研究 ■マイノリティとダイバーシティ ■ヴィジュアル文化論

■ポップ・ミュージック論 ■バーチャル文化論 ■現代文化トピック

■現代文化演習 Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ・Ⅳ 他

 

卒業研究  過去の研究テーマ例

●「ライトノベル」のメディアミックスにおける可能性  ●増殖するアイドルと現代社会  など

 

目指せるキャリア

●新聞社 ●出版社 ●放送局 ●広告 ・旅行代理店業

●地方自治体の政策立案部門 ●学校教員 ●福祉施設員

●NPO・NGOスタッフ ●シンクタンク ●調査・研究機関

●一般企業の企画・広報・宣伝・営業部門など

 

四国学院大学 香川県善通寺市文京町3-2-1 0877-62-2111(代)

All Rights Reserved Copyright(c) SHIKOKU Gakuin University