寄付に対する優遇措置

1.個人の場合

本学に対する寄付は、下記の通り税制上の優遇措置が受けられます。
(1)税額控除
所得税額から(年間の寄付金合計額-2,000円)×40%を控除する制度です。

※ 年間の寄付金合計額は年間総所得の40%を上限とします。
※ 所得税からの控除額は所得税額の25%を上限とします。
税率に関係なく所得税額から直接控除されるため、『所得控除』と比較して、ほとんどのご寄付について減税効果が高くなります。
税額控除01
税額控除02

(2)所得控除
課税所得額から年間の寄付金合計額-2,000円を控除する制度です。
※ 年間の寄付金合計額は年間総所得の40%を上限とします。
所得控除を行った後に税率を掛け所得税額を算出します。所得金額に比して寄付金額が大きい場合には、『税額控除』より減税効果が高くなります。
税額控除03
税額控除04

寄付金控除の手続

控除を受けるための手続きとして、確定申告が必要になります。
税額控除あるいは所得控除のどちらかを選択し、下記の書類を添付して所轄の税務署で確定申告を行ってください。確定申告に関る詳細については、最寄の税務署にお問い合わせください。
『領収書』、『特定公益増進法人の証明書(写) 』又は『税額控除に係る証明書(写)』
※ご寄付の入金が確認されましたら、本学よりご送付させていただきます。

2.法人の場合

一般の寄付金の損金算入限度額に相当する金額まで、別枠で損金算入することができます。
※一般の寄付金の損金算入限度額
法人が各事業年度において支出した寄付金の合計額のうち、その当該事業年度の資本金等の額と所得
金額を基礎として計算された算入限度額までは、その当該事業年度の損金に算入することができます。

税額控除05