SARPvol.13『カスケード~やがて時がくれば~』


イベント詳細

  • 日付:
  • カテゴリ:

四国学院大学アーティスト・イン・レジデンス・プログラム(SARPvol.13)

『カスケード~やがて時がくれば~』

作:岩松了 演出:松井周

カスケード

■四国学院大学アーティスト・イン・レジデンス・プログラム(SARP/サープ)とは
四国学院大学の身体表現と舞台芸術マネジメント・メジャーが主体となって制作する公演の名称。毎回、プロの演出家・振付家が大学内の宿泊施設に1ヶ月以上滞在し、学生キャスト・スタッフとともに一般観客の鑑賞に耐えうるレベルの高い舞台作品を創作し上演することを目指す公演。2011年度より年2回のペースで公演を行う。

■松井周プロフィール
劇作家・演出家・俳優、劇団サンプル主宰。
1972 年生まれ、東京都出身。1996 年に劇団「青年団」へ俳優として入団。その後、作家・演出家としても活動を開始、2007 年に劇団「サンプル」を旗揚げする。『通過』(2004 年)で第 9 回日本劇作家協会新人戯曲賞入賞、『自慢の息子』(2010 年)で第 55 回岸田國士戯曲賞を受賞。さいたま・ゴールドシアター『聖地』(演出:蜷川幸雄/2010 年)、文学座アトリエの会『未来を忘れる』(演出:上村聡史/2013 年)、新国立劇場『十九歳のジェイコブ』(演出:松本雄吉/2014 年)、など脚本提供でも高く評価されている。

■『カスケード~やがて時がくれば~』 あらすじ・解説
舞台『かもめ』の稽古場に役者、演出家、演出助手、管理人、マネージャーが姿を見せる。稽古場にいる役者は普段舞台で見る役者ではない。稽古場内で巻き起こる人間模様を見逃すな!!
岩松了氏が作・演出を手掛け、2011 年に上演された同作を今回、岩松氏の許可を得て登場人物の名前を俳優の本名に変更して上演する。普段稽古をしている学生自身が演じる稽古場内の世界。その世界にあなたもきっと引き込まれるはず…

■日時
2017年11月
22日(水) 19:00~★
23日(木) 17:00~★
24日(金) 19:00~★
25日(土) 14:00~★ / 19:00~★
26日(日) 14:00~★
*開場は開演の30分前、受付開始は開演の60分前
★=終演後、松井周氏と日替わりゲストによるアフタートークあり
〔トークゲスト〕※敬称略
22日=岩松了
23日=西村和宏(ノトススタジオ芸術監督・四国学院大学准教授)
24日=新谷政徳(高松桜井高校演劇同好会顧問・香川県高等学校文化連盟演劇部会専門部長)
25日=豊嶋了子(丸亀高校演劇部顧問) [14時公演]
25日=四国学院大学学生[19時公演]
26日=四国学院大学学生

■ 料金
予約 一般:1,000円/学生:500円
当日 一般:1,200円/学生:600円

■ 場所
四国学院大学ノトススタジオ
(香川県善通寺市文京町3-2-1)
*善通寺駅から徒歩8分/善通寺ICから車で8分。
*駐車場は1日300円でご利用いただけます。

詳しくはこちらから>>>