東京藝術大学+大阪大学+四国学院大学連携企画「心はどこにあるのか」アンドロイド演劇『さようなら』とロボットワークショップ


イベント詳細

  • 日付:

アンドロイド アンドロイド裏

日 時 2016年3月
3日(木) 19:00~
4日(金) 19:00~
5日(土) 14:00~
*アンドロイド演劇『さようなら』25分+ロボットワークショップ35分
場 所 四国学院大学ノトススタジオ
料 金 前売・予約・当日共
一般:1,000円
学生:500円*日時指定・自由席・整理番号付き
*未就学児入場不可
予約・お問い合わせ 四国学院大学パフォーミング・アーツ研究所(SIPA)
TEL/FAX : 0877-62-2324(電話受付10:00~18:00 土日・祝日を除く)
E-mail : sipa@sg-u.ac.jp
WEB予約フォーム (12/20予約開始)

内容
劇団青年団を率いる劇作家・演出家の平田オリザと、ロボット研究の第一人者である石黒浩により、大阪大学で進められてきたロボット演劇プロジェクト。
アンドロイド演劇『さようなら』は、アンドロイドと人間の関わりの中に、「人間にとって、ロボットにとって、生とは、そして死とは・・・」を鋭く問う、衝撃の短編作品。ロボットワークショップでは、トークやスライド、実際のロボットなどを用いて、これまでのロボット研究の流れや、ロボット演劇の意義についてご紹介します。

作・演出:平田オリザ
アンドロイド・ロボット開発:石黒浩(大阪大学&ATR石黒浩特別研究所)

出演
アンドロイド「ジェミノイドF」
村田牧子
島田曜蔵(高知公演)/海津忠(松山公演・善通寺公演)
アンドロイドの動き・声:三上三奈子
ロボット側ディレクター:力石武信(東京藝術大学Arts&Science Lab./大阪大学 石黒研究室)

詳細はノトススタジオHP