カテゴリー別アーカイブ: 在学生

☆春のピアフェスを開催しました!

2017年5月20日(土)、本学にて「春のピアスェス」が開催されました。

クラスターの垣根を越え、新入生同士で仲を深めてもらいたい!

そういった思いから、春と秋の年2回、ピア・リーダーがピアフェスの企画・運営を行っています。

今年度は、109名の新入生が参加してくれました。

10:00 全体説明、アイスブレイク

こうして始まった、春のピアスェス。クラスターの学生をバラバラにして、13〜14人でチームが組まれます。

全体説明のあと、「積み木式自己紹介」「じゃんけん列車」などのアイスブレイクを行いました。

ピアフェス1

10:30 準備体操

10:40 ドレミファどん!

二人一組でボールを運び、ピア・リーダーが流す曲の「曲名」「歌手名」を答える競技。イントロドンのようなものです。

ピアフェス2jpg

8組が一つのピンポンめがけて走ってくるので、凄まじい迫力があります(笑)

ピアフェス3

11:00 宝探し in SGU

学内のいたるところに貼られた封筒を集め、その中に入っているポイントの合計で勝敗を決める競技。

ピアフェス4

実は、封筒の中にはマイナス点も入っており、結果発表のときに打ちのめされているチームも出てきました(笑)

11:30 水の陣

水鉄砲と水風船を使い、頭につけたポイを破っていく競技。

はじめのほうは「キャハハ〜♩ 水つめたすぎる〜♩」と穏やかな感じでしたが、試合を重ねるにつれて「相手チーム、全員びしょ濡れにしてやるぞ! おらぁぁぁ!!!」という声が溢れていました。

ピアフェス5

彼らの本気を見た気がします。

12:30 休憩

13:30 空前絶後の借り人競争

「背の高い男の子」「ポニーテールをしている女の子」などの「〇〇な人」を借りてきて、ジェスチャーゲームをしてからゴールに向かっていく競技。

ボクシングのジェスチャーをしていたみたいなのですが、
ピアフェス6

自分的に納得いかなかったようです(笑)
ピアフェス7

14:10 今がチャンスです! 王様ドッヂ

基本的なルールはドッヂボールと同じですが、王様を一人決めて、みんなで守っていく競技。

だれが王様なのかを隠しながら行うので、ドキドキ感があります。

投げて、

ピアフェス8

投げて、

ピアフェス9

投げて、

ピアフェス10

怯える。めちゃくちゃ怯える。

ピアフェス11

男女混合で行われるので、女子の悲鳴が響き渡ることも多々ありました(笑)

15:00 結果発表

すべての競技を終え、ドキドキの結果発表。8位から順に読み上げたあと、司会者がこう言いました。

「最下位のグレーチーム、悔しくない? 君らのチームだけ、得点二桁だよ? 悔しいよね?」

ということで突如始まったのが、

15:10 一発逆転 大縄跳び

いちばん多く跳んだチームに200点が与えられる、一発逆転をかけた競技。最下位のチームから、ぶっつけ本番で跳んでいきます。

グレーチームに緊張が走ります。息をととのえ、せーの… いーち!

ピアフェス12

って、ひっかかるんかーい!(笑)

ピアフェス13

結果、0回でした(笑)

その中でもすごかったのが、緑チーム。30回以上跳び、深まったチームワークを見せてくれました。

ピアフェス14

15:30 結果発表

これが正真正銘の結果発表(笑)

大縄跳びで活躍した緑チームが、全体の優勝に輝きました。

見てください、最前列の学生の表情。めちゃくちゃうれしそうです。

ピアフェス15

ということで、今年も春のピアフェスを無事に終えることができました。

それもこれも全力で楽しんでくれた新入生たちのおかげです。

たくさんの笑顔、

ピアフェス16

ピアフェス17

たくさんの笑い声、

ピアフェス19

ピアフェス18

たくさんの「楽しかった」に包まれた、春のピアフェス。新入生たちの仲も深められたみたいで良かったです。

次は、秋のピアフェス向けて、ピア・リーダー一同がんばっていきます!

ピアフェス20

(記事:ピア・リーダー 文学部3年 森岡翔哉くん)

「京都国際ダンスワークショップフェスティバル」参加について、卒業生の高木里桜さんにお話を聞きました!

卒業生 高木里桜さん(演劇コース4期生)
京都国際ダンスワークショップフェスティバル
京都国際ダンスワークショップフェスティバル2017
日時:2017年4月14日~5月7日
場所:京都芸術センター

◇スカラーシップ制度
国内外、多方面で活躍する全国の推薦者から意欲的なダンサーを推薦してもらい、経済的負担のサポートとダンサーのネットワークを開拓している京都国際ダンスワークショップフェスティバルの制度。
本学教員阪本麻耶が推薦者として、高木里桜さんを推薦しました。

★大学時代のダンスとの関わりについて
私は、演劇を専門的に学びたいと思い、四国学院大学の演劇コースに入りました。そこで、初めてコンテンポラリーダンスに出会いました。
ダンスは、演劇と違って言葉がありません。そして言葉がないからこそ、自分の身体ありきで表現できる、自由で楽しいものです。私には、それがとてもやりやすかったです。即興で踊るときなどは、相手を見てどんどんつむいでいくことで、結果的に面白い動きが生まれる瞬間がたくさんあります。演劇のコースでありながら、ダンスに参加する場を設けていただいていたことも、私の中では大きかったです。2年生の時には先輩の自主公演に出演させていただくなど、良い機会にも恵まれました。

★卒業後のダンスとの関わりについて
私は、現在照明の仕事をしていて、色々なことを学んでいます。学生の時は演者と平行して舞台のスタッフもしていたので、舞台というものについて、どう見られているのか、 どう見えているのかを双方向から考えるようになったと思います。大学でノトス・プロダクション(※1)をやっていて良かったと思います。スタッフとしてやっていたからこそ、今の進路があると思っています。私は舞台が好きなので、演者か、ダンスか、スタッフか、どれで関わっても変わりません。今、舞台に関わるお仕事ができて幸せです。
今回、京都国際ダンスワークショップへの参加を決めたのは、社会人になった私とダンスとの関わり方を考えてみたいと思ったからです。学外でのダンスワークショップに参加するのは初めてなのでドキドキしています。外国の方だということで緊張していますが、臆せずに、リラックスしてがんばろうと思います。有名な先生方が教えて下さるので、受講生も色々な人が来るかと思います。その方々にも、ダンスとどういう距離感で接しているのか、聞いてみたいです。阪本先生も一緒に参加するので、A~D まであるダンスワークショップの受講クラスなどについて相談をしています。それぞれの先生の紹介文を読んだり、作品の映像を見たりして、どのクラスに参加するのか考えています。
せっかくの機会なので、ダンスワークショップを全部楽しみたいと思っています。


※1 ノトス・プロダクションとは、SIPA研究員と、本学学生によって構成された、ノトススタジオを運営するためのチーム。照明や音響、舞台芸術、映像、公演の制作など劇場の運営を学生たちが主体的に行っている。

――高木里桜さんの学生時代の主な出演歴――
・2016年4月
 ノトスラボvol.8『いみむいみ』出演
・2016年7月
 SARPvol.11『大丈夫。』出演
・2016年12月
 サラダボール公演『食と演劇 うどんとか』照明
・2017年1月
 ノトスラボvol.9『動員挿話』出演
・2017年2月
 ノトスラボvol.10『ChamPle』照明
・2017年3月
 演劇コース4期生卒業公演『これからピテカントロプス』出演

氏原さん(演劇コース4年)にラジオ番組出演への意気込みを聞きました!

FM高松「Action‼︎815 Challenge Thursday」のラジオパーソナリティを務めることになった、社会学部(演劇コース)4年氏原恭子さんに、ラジオ出演への意気込みを聞きました!

★出演するラジオ番組の紹介をお願いします!
毎週木曜日生放送の「Action‼︎815 Challenge Thursday」(FM高松)にパーソナリティとして出演します。さぬき映画祭2017『Lemon&Letter』に出演した時ゲストで出させていただいたのが、今回パーソナリティのお話をいただいたきっかけです。
「Action‼︎815 Challenge Thursday」は、毎年夢を追う女の子を応援する、というかたちで高校生や大学生で自分の目標に向かってがんばっている女の子が1年交代でパーソナリティを務めています。今回は、私ともう一人香川大学1年のシンガーソングライターIzumiさんの二人が担当します。私は木曜の2・4週目、Izumiさんは木曜の1・3週目と交代で担当して、5週目はパーソナリティが全員集合します。
ゲストコーナーやパーソナリティのコーナーがあったり、フリートークをしたり、音楽を流したり、交通情報、アルバイト情報なんかも発信しています。ラジオごとにfacebookがあって、けっこう写真とか動画もUPされています。私用のフェイスブックページも作ってもらったので、いろいろと書き込んでいきたいと思います。

★パーソナリティとしての意気込みをお願いします!
ラジオは世界中のどこからでも、誰でも聴けて、視聴者の顔が見えないので、今はどうなるか分からなくて不安ではあるんですけど、私の喋りで楽しんでもらえるようになりたいです。学校の宣伝にもなればいいなと思いますし、いろんなことをラジオで情報発信していきたいなと思っています。2時間生放送のラジオで、自分のコーナーが10分間だけあります。最初は善通寺紹介みたいなコーナーにしてもらって、善通寺の名所とか穴場を私が実際に行ってみて紹介しようと思っています。
私は本当に喋るのが下手というか、自分の言葉の引き出しが少ないので増やしていきたいですし、ラジオで公共の電波に乗せていろんな人に聞いてもらうというのをちゃんと意識した会話ができるようになりたいです。コミュニケーション能力も、ラジオに出演することで発展させていけたらなと思います。ちょっとでも自分の言葉で伝えることや、情報発信をアピールする方法がうまくなりたいと思います。
売り込み上手になりたいです!!


氏原恭子さん
♪FM高松 Action‼︎815 Challenge Thursday
氏原さんの担当は、毎月第2.4.5木曜日。
皆様、是非お聴きください!!

氏原さんfacebookページ

CHC新入生歓迎会を開催しました

DSC02842 DSC028552017年4月12日(水)、第1共生館の食堂にて、CHC(人権と文化の多様性に関する委員会)主催の新入生歓迎会が行われました。歓迎会は、CHC活動のPRや新入生が少しでも早く学生生活に慣れてもらうこと等を目的に行われています。

特別推薦入学制度で入学した学生、ケア・サービス(ノートテイク・サービス及びアテンダント・サービス)の勤務者や利用者をはじめ、学生・教職員合わせて50名ほどが集い、食事やアイスブレイクなどをして交流を深めました。

今回からは、研修一環として新任教職員も参加しました。

国際オフィスアシスタント認証式・留学生来日・入学式・歓迎会を行いました

国際オフィスアシスタント認証式

1 2

2017年4月3日(木)10:00より、ホワイトハウス2階の国際オフィスにおいて、国際オフィスアシスタントの認証式が行われました。6名の国際オフィスアシスタントが認証され、今後は、外国人留学生のキャンパスライフサポートや海外留学・国際関係イベントなど、交流行事に携わる予定です。

留学生来日・入学式・歓迎会

34

IMG_4031567892017年3月28日(火)留学生が来日しました。

4月2日(日)には入学式に出席し、4月3日(月)17:00より、生協喫茶にて、留学生歓迎会を行いました。本学の教職員や学生等、大勢の方が参加し、楽しい時間を過ごしました。

四国学院大学は、韓国・フィリピン・フィンランド・アメリカの大学と交流があり、今回は、韓南大学校・韓瑞大学校からの留学生を迎えました。

 

介護講習会を開催しました。

2017年3月30日(木)15:30から本学614教室にて介護講習会を開催しました。

DSC02681 DSC02688

介護講習会では、毎年障害のある新入生を迎えるにあたり、新入生とふれあう機会の多い、ピア・リーダーやケア・サービス従事者、教職員が参加して、介護技術の基礎を学んでいます

今回は、NPO法人 自立ケアシステム香川所属の方々を講師に迎え、講習会を行いました。

講師の方から実演を交えたアドバイスを頂くこともでき、有意義な講習会となりました。

2017年4月 学生コモンズ支援課が発足します!

 これまで、学生の窓口として修学関係は総合教育研究センター事務課、学生生活・就職関係は学生支援センター事務課を設置していましたが、2017年4月から学生コモンズ支援課が発足し、窓口がひとつになり修学支援・学生生活支援・就職支援が統合されます。

 このことにより、四国学院大学の強みであった学生に寄り添う指導がさらに強化されることになります。
 四国学院大学では2016年度入試制度改革として綜合選考を導入し、2017年度入試においては、綜合選考で受験する学生が倍増しました。綜合選考には、単なる選考だけではなく、プレ・カリキュラムの意味合いを兼ね備え、学生一人ひとりの特徴を把握し、初年次の教育に活かしています。学生コモンズ支援課は、この入学選考時からの情報と、学生生活4年間の情報を合わせ、そのまま卒業後の進路・就職指導へとつなげる窓口となります。

「コモンズ」は、学生及び教職員の<共有地=共有スペース>という意味で、近年日本の大学で使用されています。本学の場合ではホワイトハウス、就職コーナー等がこの意味では含まれるが、単なる場所の意味ではなく、概念として、つまり「カリキュラム、課外活動を学生と教職員が共有する時空及び言説空間」=「学生コモンズ」を支援するという意味を込めています。

学生コモンズ

 

4月1日の正式オープンに先駆け、3月28日の履修登録から、プレ・オープンします。

お電話での各種問い合わせ先も、変更となります。詳しくはこちらでご確認ください

香川県サッカーリーグ学生部で優勝!最優秀選手と得点王の表彰がありました

2017年3月9日、サンメッセ高松で2016年度香川県サッカーリーグの表彰式が行われました。

本学は学生部に出場し、5勝1分けで2016年度優勝を果たしております。

また、2年の菊池 元治が最優秀選手、11得点をあげた1年の乾 琉星が得点王に選ばれました。

ご声援ありがとうございました。

 gkikuchi  rinui

2017年ピア・リーダー認証式

3月2日(木)本学清泉礼拝堂にて、2017年ピア・リーダー認証式を行いました。
養成課程を修了した52名が、新たに認証されました。ピア・リーダー制度は、新入生が不安や孤独感を抱かずに学校生活が送れるように、適切なアドバイスや話し相手役になれる上級生を養成するために誕生した制度です。
今後、新入生オリエンテーションをはじめとする学内イベントでの役割、また、オープンキャンパスで訪れた高校生の案内役を担う予定です。

IMG_3563

IMG_3565

IMG_3561

2016年度ピア・リーダー感謝会

2月27日(月)、今年度で卒業するピア・リーダーの感謝会が行われました。
本学の特色の一つであるピア・リーダー制度は、新入生が不安や孤独感を抱かずに学校生活が送れるよう、適切なアドバイスや話し相手役になる上級生を養成するために誕生した制度です。
本学清泉礼拝堂で感謝礼拝を行なった後、愛餐会のひとときを持ちました。

IMG_3535

IMG_3532

IMG_3552