カテゴリー別アーカイブ: メディア

四国学院大学サッカー場竣工式およびカマタマーレ讃岐とのパートナーシップ協定書調印式

2013年8月より建設しておりました、四国学院大学サッカー場が完成し、2014年4月30日(水)12:45より竣工式を執り行いました。善通寺市副市長様、善通寺市議会議長様をはじめ、大学関係者、本学サッカー部員、設計・施工関係者などが参列し、理事長や学長らによるファーストゴールのオープニングセレモニーも実施され竣工を祝いました。本サッカー場は、四国地区の大学では、唯一の人工芝サッカー場です。今後は、四国学院大学学長Jr.CUPなどのサッカー大会やプロチームとの交流戦などのイベントを予定しております。
また、同日13:20より、四国学院大学サッカー場ミーティングルームにおいて、カマタマーレ讃岐の熊野實社長と末吉高明学長が協定書に調印し、四国学院大学とカマタマーレ讃岐とのパートナーシップ協定が締結されました。この協定は、パートナーとして連携し、幅広い分野において相互に協力し、スポーツ文化の振興と自由、平等、博愛、国際協調の理解を含む青少年の健全育成などに協力し、地域の活性化と人材育成に寄与することを目的としています。今後は、カマタマーレ讃岐でのインターンシップや、カマタマーレ讃岐の選手が大学の授業を聴講をできるよう協力するなど、互いに連携協力してまいります。

★追記:下記メディアに掲載されました。
2014年5月1日付 四国新聞「カマタマと四国学院大が人材育成などで協定締結」
2014年5月1日付 読売新聞「カマタマーレ四国学院大と協定 スポーツ振興や地域活性化」

竣工式&調印式

本学非常勤講師 岡田利規さんが朝日新聞「be」フロントランナー7/6(土)に掲載されました。

本学非常勤講師の岡田利規さんが、2013年7月6日(土)、朝日新聞「be」の1面フロントランナーに掲載されました。主宰する劇団チェルフィッチュの新作“地面と床”が、ベルギー・ブリュッセルで開催された国際演劇祭“クンステン・フェスティバル・デザール”で初演を迎えたときの取材記事です。
なお、チェルフィッチュの公演はノトススタジオでも、ご覧いただけます。2013年7月16日(火)・17日(水)に、チェルフィッチュの全国ツアー「女優の魂」を上演いたしますので、ぜひ、ノトススタジオでお楽しみください。

香川県内大学初のサッカー部女子 発足

このたび、四国学院大学に香川県内の大学で初のサッカー部女子チームを発足いたしました。四国学院大学サッカー部は、大浦恭敬総監督の指揮のもと、男子チームに加え女子チームが誕生し、新体制となりました。
女子チームには香川県サッカー協会の女子トレセン(U-12)責任者でもある、猿澤明子監督が就任し、10月から本格的に活動がスタートしました。入部を希望した3人が大学内にあるグラウンドで、月・火・金曜日の17時から2時間の練習に汗を流しています。今後は、近隣のクラブチームと交流を持ち試合形式の練習も行う予定で、将来的には香川県の女子サッカーリーグへの参加を目指しています。四国学院大学サッカー部女子チームは、大学進学後も競技を続ける受け皿になるとともに、指導者、審判、さらには “なでしこジャパン” への選手輩出を目指し選手の育成に力を注いでいきます。今後の活躍に、ご期待ください。

>>2012年10月17日(水)四国新聞に掲載されました。