カテゴリー別アーカイブ: リエゾンセンター

スクール・ソーシャルワーク活用講座 in SGU 2016 第3回を開催しました。

9月27日(火)、本学826教室・834教室にて、スクール・ソーシャルワーク活用講座 in SGU 2016を開催しました。3回目となる今回は、本学教授の西谷清美が教員、同じく准教授の山口孔丹子がスクール・ソーシャルワーカーを対象にそれぞれ講義を行いました。
20160927_nishitani20160927_yamaguchi

ハレルヤ合唱団員募集!

本学『メサイア演奏会』は、本年で40周年を迎えます。それを記念して、本年12月4日(日)にユープラザうたづハーモニーホールで40周年記念演奏会を開催します。40周年を迎えることができた感謝と喜びを、地域の皆様と一緒に合唱できることを願い、ハレルヤ合唱団員を募集いたします。指揮者に東京芸術大学の大塚直哉氏をお迎えしお送りする「ハレルヤコーラス」をプロのオーケストラと一緒に歌ってみませんか。

募集人員:20名程度

練習場所:ユープラザうたづ

応募締め切り:10月7日(金)

ハレルヤ合唱団募集
チラシPDF>>>hallelujah_chorus

申し込み先・お問い合わせ:四国学院リエゾンセンター

 

演奏会概要
日時 2016年12月4日(日) 15:00開演
場所 ユープラザうたづ ハーモニーホール

練習日程

10月16日(日) 14:00~15:00 ソプラノパート練習
15:00~16:00 アルトパート練習
16:00~17:00 テノールパート練習
17:00~18:00 バスパート練習
11月3日(木・祝) 11:30~13:30 全体練習
11月6日(日) 16:30~18:30 全体練習
11月23日(水・祝) 17:00~19:00 全体練習

 

スクール・ソーシャルワーク活用講座 in SGU 2016 第2回を開催しました。

8月23日(火)、本学834教室にて、スクール・ソーシャルワーク活用講座 in SGU 2016を開催しました。2回目となる今回は、本学教授の富島喜揮がスクール・ソーシャルワーカーを対象に講義を行い、講義終了後には、香川県教育センター教育相談課長の山口知子氏とともに、ワークショップを兼ねた座談会を行いました。

0823_05    0823_04

0823_03

スクール・ソーシャルワーク活用講座 in SGU 2016 第1回を開催しました。

7月26日(火)、本学834教室にて、スクール・ソーシャルワーク活用講座 in SGU 2016第1回を開催しました。第一回目となる今回は、本学教授の元井一郎がスクール・ソーシャルワーカーを対象に講義を行い、講義終了後には、本学准教授の浜田知美がワークショップを兼ねた座談会を行いました。

SSW活用講座01    SSW活用講座03

2016年度ソーシャルワーク・スクール受講生募集

————————————————————————————-
ソーシャルワーカーの力量が問われる今日、現状に活かせる内容を中心とした「ソーシャルワーク・スクール」を開講します。講義は現場経験豊富な教員によるソーシャルワークの理論や事例を用いた実践的な内容です。日々の実践を振りかえるために、また、後進の育成・指導のために「ソーシャルワーク・スクール」を受講し、自らのスキルアップに取り組んでみませんか。なお、受講修了者には、本学から受講修了証明書を発行します。
————————————————————————————-

●認定社会福祉士の研修として認証されたスクールです
●開講科目:「ソーシャルワーク理論系科目Ⅰ」(共通専門)2単位

応募期間 2016年7月29日(金)~8月26日(金)必着
受講期間 2016年9月3日(土)~12月10日(土)

①受講者発表 : 受講決定者には、FAXまたはE-mailにて連絡いたします。
②受講料 : 10,000円(受講料は初回受講時に一括納入。部分聴講は不可)
③定員 : 20名
④対象 : 以下の 1) もしくは 2) の要件を満たす者。なお、認定社会福祉士を希望する者は 3) の要件を満たすこと。

1 )現に現職で勤務をしているソーシャルワーカーで、実務経験が3年以上10年未満の者。なお、ソーシャルワーカーの勤務領域は問わない。
2 )現在現場でソーシャルワーカーとして勤務していないが、実務経験を5年以上有する社会福祉士または精神保健福祉士の資格を有する者。
3 )社会福祉士取得後、相談援助実務経験5年を有する者。但し、最終学歴が大学卒以上の者は、相談援助実務経験3年以上とする。

《プログラム日程》

会場:四国学院大学834教室
時間:1時限目/13:00~14:30、2時限目/14:40~16:10

 回  日時  時限  科目名  講師  形式
 1  9月3日(土) 1 ●オリエンテーション●ソーシャルワーク実践の価値と原理原則●ソーシャルワークの理論と歩み 片岡 講義
 2  9月17日(土) 1  ●問題解決アプローチ
 3  2  ●チームアプローチ 浜田 演習
 4  10月1日(土)  1 ● 行動変容アプローチ 富島 講義
 5  2  ●課題中心アプローチ
 6  10月15日(土)  1  ●危機介入アプローチ  西谷
 7  2  ●援助関係論  富島
 8 10月29日(土)  1  ●エコロジカル・アプローチ 島影
 9 2  ●ナラティヴ・アプローチ
10 11月19日(土) 1 ●エンパワメント・アプローチ 西谷
11 2 ●エンパワメント 演習
12 11月26日(土) 1 ●援助関係技法 浜田
13 2 ●実践検証法
14 12月10日(土) 1 ●ストレングスモデル 島影
15 2 ●生活モデル

 

 

申込み・問合せ
〒765-8505 香川県善通寺市文京町三丁目2番1号
四国学院大学 リエゾン・センター
TEL:0877-62-2208 FAX:0877-62-2208
Email:liaison@sgu.ac.jp

以下の必要事項をご記入の上、FAX または E-mail にてお申し込みください。 なお、ご連絡いただいた個人情報は、本講座の運営目的にのみ使用いたします。
■住所・電話番号・FAX番号・メールアドレス・氏名・年齢・所属
■実務経験(職種名・経験年数・社会福祉士登録番号・業務内容を具体的に記載して下さい)
■認定社会福祉士の研修としての受講ですか(はい・いいえ)

チラシ・申込用紙ダウンロード

「アクティブラーニング導入のために」 講師:平田オリザ

2016年度レクチャーシリーズ大学・高校教育研究21

第1回「アクティブラーニング導入のために」
*2016年度香川県大学等魅力づくり補助金採択事業
*かがわコミュニティ・デザイン(KCD)推進事業
<日時>2016年8月10日(水)15:30~18:40

<対象>香川県下高校教員・本学教員
<申込締切>2016年8月3日(水)
<定員>100名
<会場>四国学院大学ノトススタジオ駐車場あり(1回300円)

 

昨今、双方型、参加型の授業形式であるアクティブラーニングが強い注目を集めています。文科省も、ここ数年、PISA型の学習能力に重きをおく方針を打ち出してきました。そして、ここに来て、大きな大学入試改革が現実のものとしてタイムテーブルにあがり、それに併せて高校教育の改革も、待ったなしの状態となりました。
本講演では、二十年にわたってワークショップ型の授業を開発し、2009年度には文科省コミュニケーション教育推進会議の座長も務めた平田オリザ(本学客員教授・学長特別補佐)が、大阪大学リーディング大学院で行ってきた、最先端の選抜試験の実体験などを踏まえ、前半で実際に参加希望の先生方とアクティブラーニングの手法を用いたワークショップ型の授業を実施し、後半は、前半のワークショップを振り返りながらレクチャーをします。


講師:平田オリザ

四国学院大学客員教授・学長特別補佐
劇作家、演出家、東京藝術大学特任教授、大阪大学客員教授
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

1962年東京生まれ。国際基督教大学在学中に劇団「青年団」を結成。こまばアゴラ劇場を拠点に国内外で活動する。現代口語演劇理論を確立し、1995年、『東京ノート』で第39回岸田國士戯曲賞受賞。2003年、『その河をこえて、五月』で第2回朝日舞台芸術賞グランプリ受賞。フランスを中心に世界各国で作品が上演・出版されている。2002年以降、国語教科書にも採択された平田のワークショップの方法論に基づき、多くの子供たちが教室で演劇を創造している。現在、(財)演劇人会議理事長も務める。自身初の小説『幕が上がる』が2015年映画化。

 

 

 お申込み方法
勤務校・勤務先、氏名、職務・役職をご記載のうえチラシのFAX申込書またはE-mailにてお申込み下さい。

お問合せ
四国学院大学リエゾン・センター
〒765-8505
香川県善通寺市文京町3-2-1
TEL:0877-62-2111(内線545)
FAX:0877-62-2208
E-mail:liaison@sg-u.ac.jp

スクール・ソーシャルワーク活用講座 in SGU 2016を開催します。

2016SSW-1-12016SSW-2-1

平成28年度香川県大学等魅力づくり補助金採択事業
かがわコミュニティ・デザイン(KCD)推進事業※
香川県下高校との連携企画

スクール・ソーシャルワーク活用講座 in SGU 2016

■講座の目的
教育相談担当教職員およびSSWerの個別援助・支援技術の 向上と多職種連携によるチーム支援の方法等の習得を目的とし ます。加えて、小中高の教職員・SSWer及びSSWの研究と実践 に携わる大学教員の交流を図り、総合的かつ継続的な子どもの 教育と成長を保障する支援体制の基盤づくりの機会を提供します。

※かがわコミュニティ・デザイン(KCD)推進事業は、四国学院大学が主催し地域社会における人と人とのつながり、香川県のコミュニティ・デザインを豊かにすることを目的として企画した事業です。

■会場
四国学院大学(8号館) 駐車場あり(1回300円)
〒765-8505 香川県善通寺市文京町3-2-1

■講座期間
7月26日(火)~11月22日(火)

<講師紹介>

四国学院大学 社会福祉学部 准教授
浜田 知美
専門領域:スクール・ソーシャルワーク
四国学院大学 文学部 教授
元井 一郎
専門領域:教育行政、教育政策
香川県教育センター 教育相談課長
山田 知子氏
四国学院大学 社会福祉学部 教授
富島 喜揮
専門領域:精神保健福祉、スクール・ソーシャルワーク
四国学院大学 社会福祉学部 教授
西谷 清美
専門領域:精神保健福祉、地域福祉、ソーシャルワーク
四国学院大学 社会福祉学部 准教授
山口 孔丹子
専門領域:臨床心理学、学校心理学、スクール・カウンセリング
香川スクールソーシャルワーカー協会 会長
藤澤  茜氏
専門領域:スクール・ソーシャルワーク
香川スクールソーシャルワーカー協会 副会長
豊澤 恵美氏
専門領域:スクール・ソーシャルワーク

 

1.プログラム

日時 形式 対象 講義名 講師 教室 備考(講義のポイント)
1 7月26日(火)
13:30~15:00
講義 教員 SSW のあゆみ 浜田知美 826教室 SSWerのあゆみと香川県の現状
SSWer 学校の仕組み 元井一郎 834教室 学校の組織・運営と教育活動の多様化
2 8月23日(火)
13:30~15:00
講義 教員 児童・生徒の支援と国・県の動向 山田知子 826教室 問題を抱える児童・生徒の支援の方向性
SSWer  SSWer の価値と実践 富島喜揮  834教室  SSWerの価値、機能、分野開拓の視点
3 9月27日(火)
13:30~15:00
講義 教員  ソーシャルワークの基礎理論 西谷清美  826教室 ソーシャルワークの基本的理解
SSWer  児童・思春期の発達課題 山口孔丹子  834教室  児童・思春期の特徴と発達課題
4 10月18日(火)
13:30~15:00
講義 教員  SSWer の専門性 浜田知美  826教室  SSWerの支援の視点と介入方法
SSWer 児童・生徒を取り巻く環境 藤澤  茜  834教室 児童・生徒のおかれている背景と課題
5 11月8日(火)
13:30~16:30
演習 教員
SSWer
ケース会議の持ち方 西谷清美
藤澤 茜
 834教室  多職種連携とチーム支援体制の構築
6 11月22日(火)
13:30~15:30
演習 教員
SSWer
 事例検討 富島喜揮
豊澤恵美
 834教室 支援の視点と資源の活用

学校現場で先生方が日頃抱えている悩みや疑問を語り合う場として、 講義終了後、講師・参加者との情報交換会があります。お気軽にご参加ください。

2.受講料
3,000円(6回分)
※受講料につきましては1回につき500円を当日受付でお支払ください。

3.対  象
義務教育、高校教育に従事する教職員およびSSWer

4.定  員
教員、SSWer各40名

5.会  場
四国学院大学 8号館

6.申込期間
2016年6月7日(火)~7月22日(金)
但し、この期間を過ぎて受講を希望する場合はリエゾン・センターに直接お問い合わせください。

7.申し込み・問い合わせ
「職種」、「住所」、「氏名」、「年齢」、「電話番号」、「メールアドレス」、「勤務校・勤務先」、「職務・役職」をご記入の上、 FAX または E-mailにてお申し込みください。なお、ご連絡いただいた個人情報は、本講座の運営目的にのみ使用いたします。

四国学院大学 リエゾン・センター
〒765-8505 香川県善通寺市文京町3-2-1
TEL:0877-62-2111(内線545) FAX:0877-62-2208
E-mail:liaison@sg-u.ac.jp  

ちらしはこちらから

坂出市と包括的連携・協力に関する協定を締結しました

P1090304
2016年4月28日(木)、坂出市役所において、坂出市と本学は包括的連携・協力に関する協定を締結いたしました。

この協定は、双方が有する人的・物的資源を活用し、個性豊かな地域社会の形成および地域課題の解決を図り、地域社会の振興と発展に寄与することを目的としています。

今後、本協定に基づき、教育、芸術・文化、スポーツ、福祉、子育て支援などに関する分野で連携を図り、様々な形で地域社会に寄与することができるよう一層の努力をしてまいります。

 

P1090289

「高校生のためのチャペルクリスマス」を開催しました

12月17日(木)16:30より、本学清泉礼拝堂にて『高校生のためのチャペルクリスマス』が行われました。
高校生の皆さんを招待し、キャンドルに光をともしながらクリスマスについてのお話を聞いたり、パイプオルガンに合わせて歌を歌ったりしました。参加した高校生は、普段とは雰囲気の違うクリスマスを体験することができました。

DSC3444