カテゴリー別アーカイブ: リエゾンセンター

女性に対する暴力をなくす運動(パープルライトアップ)

2017年11月12日(日)から25日(土)までの2週間は、女性に対する暴力をなくす運動の期間となっています。

内閣府では、女性に対する暴力根絶のシンボルであるパープルリボンにちなんで、運動期間の初日である11月12日(日)に、東京タワー及び東京スカイツリーのパープル・ライトアップを実施。
パープル・ライトアップには、女性に対する暴力の根絶と被害者に対して「ひとりで悩まず、まずは相談してください。」というメッセージが込められています。

本学でも、清泉礼拝堂のパープル・ライトアップを実施しています。

ライトアップ期間:11月13日(月)~11月25日(土) 17時頃~23時

purplelight

平成29年度 女性に対する暴力をなくす運動

2017年度ソーシャルワーク・スクール

2017ソーシャルワーク・スクール————————————————————————————-
ソーシャルワーカーの力量が問われる今日、現状に活かせる内容を中心とした「ソーシャルワーク・スクール」を開講します。講義は現場経験豊富な教員によるソーシャルワークの理論や事例を用いた実践的な内容です。日々の実践を振りかえるために、また、後進の育成・指導のために「ソーシャルワーク・スクール」を受講し、自らのスキルアップに取り組んでみませんか。なお、受講修了者には、本学から受講修了証明書を発行します。
————————————————————————————-

●認定社会福祉士の研修として認証されたスクールです。
●開講科目:「ソーシャルワーク理論系科目Ⅰ」(共通専門)2単位

応募期間 2017年7月21日(金)~8月19日(金)必着
受講期間 2017年8月26日(土)~11月25日(土)

①受講者発表 : 受講決定者には、FAXまたはE-mailにて連絡いたします。
②受講料 : 10,000円(受講料は初回受講時に一括納入。部分聴講は不可)
③定員 : 20名
④対象 : 以下の 1) もしくは 2) の要件を満たす者。なお、認定社会福祉士を希望する者は 3) の要件を満たすこと。

1 )現に現職で勤務をしているソーシャルワーカーで、実務経験が3年以上10年未満の者。なお、ソーシャルワーカーの勤務領域は問わない。
2 )現在現場でソーシャルワーカーとして勤務していないが、実務経験を5年以上有する社会福祉士または精神保健福祉士の資格を有する者。
3 )社会福祉士取得後、相談援助実務経験5年を有する者。但し、最終学歴が大学卒以上の者は、相談援助実務経験3年以上とする。

《プログラム日程》

会場:四国学院大学834教室
時間:1時限目/13:00~14:30、2時限目/14:40~16:10

 回  日時 時限  科目名 講師 形式
 1  8月26日(土) 1 ●オリエンテーション
●ソーシャルワーク実践の価値と原理原則
●ソーシャルワークの理論とあゆみ
片岡 講義
 2 2  ●問題解決アプローチ
 3  9月9日(土) 1 ● 行動変容アプローチ 富島
 4 2  ●課題中心アプローチ
 5 9月16日(土) 1 ●チームアプローチ 浜田 演習
 6  9月30日(土) 1  ●エコロジカル・アプローチ 島影 講義
 7 2  ●ナラティヴ・アプローチ
 8 10月14日(土) 1  ●危機介入アプローチ 西谷
 9 2  ●援助関係論 富島
10 10月28日(土) 1 ●ストレングスモデル 島影 演習
11 2 ●生活モデル
12 11月18日(土) 1 ●援助関係技法 浜田
13 2 ●実践検証法
14 11月25日(土) 1 ●エンパワメント・アプローチ 西谷 講義
15 2 ●エンパワメント 演習

 

申込み・問合せ
〒765-8505
香川県善通寺市文京町三丁目2番1号
四国学院大学 リエゾン・センター
TEL:0877-62-2208 FAX:0877-62-2208
Email:liaison@sgu.ac.jp

以下の必要事項をご記入の上、FAX または E-mail にてお申し込みください。 なお、ご連絡いただいた個人情報は、本講座の運営目的にのみ使用いたします。
■住所・電話番号・FAX番号・メールアドレス・氏名・年齢・所属
■実務経験(職種名・経験年数・社会福祉士登録番号・業務内容を具体的に記載して下さい)
■認定社会福祉士の研修としての受講ですか(はい・いいえ)

チラシ・申込用紙ダウンロード

大塚製薬株式会社とスポーツ・健康増進に関する協定を締結しました。

2017年4月27日に大塚製薬株式会社と『スポーツ振興及び健康増進に関する連携協定』を締結しました。

本学が初めて民間企業と締結する協定でもあり、大塚製薬株式会社も大学とは初となる「スポーツ・健康増進に関する協定」です。

硬式野球・サッカーという課外活動分野への影響もありますが、健康スポーツ科学メジャー設置している本学としては、科学的根拠に基づくスポーツ振興及び健康増進に、大塚製薬と連携していきます。

2017年度の教員免許状更新講習が認定されました。

文部科学省に申請していた教員免許状更新講習が認定されました。

本年度は必修講座:2講座、選択必修講座:6講座、選択講座:22講座を開講します。募集要項、受講申込書、課題意識調査票等は、後日UPします。受講者募集期間は5月16日(火)~6月30日(金)必着です。

開講一覧は以下のとおりです。

開講日 領域 講座No 講習名 時間 対象職種
7月29日(土) 選択 301 体育・スポーツ指導のスキルアップ 6時間 教諭・養護・栄養教諭
302 学校図書館を活かすために 6時間 教諭
303 小学校外国語活動を楽しみながら教えよう!(未経験者対象) 6時間 教諭
304 教室で生かすABA(応用行動分析学)~発達凹凸や発達問題のある子どもに対する支援方法の創造!~ 6時間 教諭
7月30日(日) 選択 305 身体表現ワークショップ 6時間 教諭
306 WORD・EXCEL・POWERPOINTのデータをクラウドアプリで作成する。 6時間 教諭・養護・栄養教諭
307 地域の景観を考える ー世界遺産を通じてー 6時間 教諭
308 会話の教え方(ONLY ENGLISH TEACHERS! ) 6時間 教諭
309 人口減少社会の家族と子ども 6時間 教諭
310 体つくりの展開~ゲームや運動あそびを通して~ 6時間 教諭・養護教諭
7月31日(月) 必修 101 学校現場を取り巻く多様な子ども達の現状と教職の諸課題 6時間
8月1日(火) 選択必修 201 教育相談・カウンセリング 6時間
202 学校組織の変容と学校組織を巡る政策と法規 6時間
203 情報通信技術をめぐる現状と課題 6時間
8月2日(水) 選択 311 性同一性障害とLGBTIの子どもの理解―多様なセクシュアリティについて学ぶ― 6時間 教諭・養護教諭
312 幼児・小学生のための自然体験活動の理論と実際 6時間 教諭
313 幼稚園教諭・小学校教諭を対象とした色彩構成教室 6時間 教諭
314 ストレスの心理学 6時間 教諭・養護教諭
8月3日(木) 選択 315 身近な生活の中での自然現象を実験・実習で確かめてみよう 6時間 教諭
316 子どもの肥満の理解と、学校における指導法 6時間 教諭・養護・栄養教諭
317 文学教育の意義と実践―『不思議の国のアリス』を読む― 6時間 教諭
318 創造的なグループ活動(即興演劇)を通して考える学び 6時間 教諭
8月4日(金) 選択 319 学校教育と体育・スポーツの歴史的展開 6時間 教諭
320 小学校英語・教科化への準備 6時間 教諭
321 発達障害概論:「発達障害」児の発達過程と支援の実際 6時間 教諭・養護教諭
322 幼稚園・小学校における歌唱指導と発声指導の実際 6時間 教諭
8月5日(土) 必修 102 学校現場を取り巻く多様な子ども達の現状と教職の諸課題 6時間
8月6日(日) 選択必修 204 教育相談・カウンセリング 6時間
205 学校組織の変容と学校組織を巡る政策と法規 6時間
206 情報通信技術をめぐる現状と課題 6時間

問い合わせ先 四国学院大学リエゾン・センター

TEL/FAX:0877-62-2208 E-mail:koushin@sg-u.ac.jp

高松市長と学長・校長との懇談会が開催されました

2017年2月28日(火)、高松市長と県内の大学・短期大学・高等専門学校の学長・校長との懇談会が開催されました。
議題となったのは、『若者から選ばれる大学づくり・まちづくり』についてです。

現在、香川県内の高校を卒業した高校生のうち、大学進学者の8割以上、短期大学進学者の4割近くが県外に進出、大学卒業後も県外で就職するケースが多い状況となっており、若者の人口流出が続いています。

そのような現状から、高松市と各校が連携・協力して、高等教育機関として魅力ある学びの提供や、若者の声を取り入れた市政の展開など、『若者から選ばれる大学・まち』を作るための協議がなされました。

DSC00936

  参 加 者
高 松 市 長 大 西 秀 人
高 松 市 副 市 長 加 藤 昭 彦
香 川 大 学 学 長 長 尾 省 吾
高松大学・高松短期大学学長 佃   昌 道
四 国 学 院 大 学 学 長 末 吉 高 明
徳 島 文 理 大 学 副 学 長 千 田 彰 一
香川県立保健医療大学学長 佐 藤   功
香 川 短 期 大 学 副 学 長 玉 置 忠 徳
香川高等専門学校副校長 木 原 茂 文

スクール・ソーシャルワーク活用講座 in SGU 2016 第6回を開催しました。

11月22日(火)、本学834教室にて、スクール・ソーシャルワーク活用講座 in SGU 2016を開催しました。
6回目となる今回は、本学教授の富島喜揮と、香川スクールソーシャルワーカー協会副会長の豊澤恵美氏が、事例検討についての授業を行いました。
今年度のスクール・ソーシャルワーク活用講座は最終回を迎えましたが、講師・受講者の皆様ともに熱意あふれる講義となりました。
20161122_01  DSC_0037

四国学院大学 クリスマス・プロジェクト2016

2016xmas

2004年より大学開放事業の一環として毎年開催する「四国学院大学クリスマス・プロジェクト」。
13回目となる本年も、恒例のクリスマス・イルミネーションの点灯、チャペルでのクリスマス礼拝やコンサートから、学術講演会、演劇公演まで多彩なプログラムを企画しました。
この機会にぜひ、四国学院大学、およびチャペルへお立ち寄り下さい。地域のみなさまのご参加を心よりお待ちしております。

 

開催日 時間 プログラム
11月30日(水) 17:30 イルミネーション点灯セレモニー
11月30日(水)~12月25日(日) 17:00~23:00 クリスマス・イルミネーション
12月16日(金) 10:45 学院クリスマス礼拝
12月16日(金) 17:00 燭火礼拝
12月13日(火) 16:30 高校生のためのチャペルクリスマス
12月10日(土) 18:30 第24回善通寺市民クリスマス
12月3日(土)~12月4日(日) 3日17:30
4日15:00
第40回メサイア演奏会
11月24日(木)~11月25日(金) 24日19:30
25日16:00
『亡国の三人姉妹』(東京デスロック公演)
12月1日(木)~12月4日(日) 19:30
4日のみ17:00
『食と演劇うどんとか』(サラダボール公演)
12月15日(木)~12月17日(土) 19:00
17日のみ14:00
シアタータンク2016公演
12月5日(月)~12月9日(金) 10:45 CHCプロジェクト人権週間チャペルアワー
12月5日(月)~12月9日(金) 大学の授業時間 CHCプロジェクト
人権週間レクチャーズ・オン・ヒューマンライツ
12月5日(月)~12月9日(金) 17:00 CHCプロジェクト
ポストモダンカフェ「ちゃんぷる・カフェ」
12月7日(水) 15:10 CHCプロジェクト
宗教で読み解く世界(人権週間特別連続講演会)
12月15日(木) 13:30 CHCプロジェクト
国連から見た世界情勢と日本の役割(人権週間特別連続講演会)
11月22日(火) 13:30 四国学院大学学術講演会
「福島の子どもたちは今~東日本大震災が露わにした日本の子どもたちの現状~」
12月2日(金) 15:30 2016年度レクチャーシリーズ
大学・高校教育研究21「高大接続改革について」
12月5日(月)~12月25日(日)  終日 国際交流プロジェクト
展示「異文化交流が今面白い! Vol.7」
12月7日(水) 17:00 国際交流プロジェクト
異文化体験リレートーク vol.4
12月12日(月)~12月16日(金) 10:45 初年次セミナー&キャンパス・コミュニティ・スタディーズⅡプロジェクト
クリスマス週間チャペルアワー
12月20日(火) 17:30 初年次セミナー&キャンパス・コミュニティ・スタディーズⅡプロジェクト
キャンドルサービスと祝会
12月14日(水) 18:30 四国学院大学吹奏楽団第36回定期演奏会
12月23日(金) 16:00 ハンドベル・クワイア クリスマスコンサート

スクール・ソーシャルワーク活用講座 in SGU 2016 第5回を開催しました。

11月8日(火)、本学834教室にて、スクール・ソーシャルワーク活用講座 in SGU 2016を開催しました。5回目となる今回は、本学教授の西谷清美と香川スクールソーシャルワーカー協会会長の藤澤茜氏が、ケース会議の持ち方について、演習形式での授業を行いました。

20161108_03  20161108_01

スクール・ソーシャルワーク活用講座 in SGU 2016 第4回を開催しました。

10月18日(火)、本学826教室・834教室にて、スクール・ソーシャルワーク活用講座 in SGU 2016を開催しました。4回目となる今回は、本学准教授の浜田知美が教員を、香川スクールソーシャルワーカー協会会長の藤澤茜氏がスクール・ソーシャルワーカーを対象に、それぞれ講義を行いました。
20161018_hamada   20161018_fujisawa

レクチャーシリーズ 大学・高校教育研究21「高大接続改革について」

昨年から、好評をいただいているレクチャーシリーズ『大学・高校教育研究21』の本年度第2回目の開催について、ご案内いたします。

高大接続改革の最新の動向についてもご講演いただきます。


 

2016年度レクチャーシリーズ 大学・高校教育研究21
「高大接続改革について」
講師:文部科学省 高等教育局主任大学改革官 濱口太久未 氏

2016年度レクチャーシリーズ2nd

<日時>2016年12月2日(金)15:30~18:00
Ⅰ部:講演会 15:30~17:00
Ⅱ部:情報交換会 17:10~18:00
<対象>教育関係者・本学教員
<定員>100名
<会場>四国学院大学聖恵館  駐車場あり(1回300円)
<申込締切>2016年11月28日(月)

 

=講師プロフィール=
濱口 太久未(はまぐち たくみ)
文部科学省 高等教育局主任大学改革官

昭和42年生まれ。
東京大学法学部卒。
平成4年、文部省(当時)入省。大臣官房、初等中等教育局、文化庁など歴任の後、大阪大学特任教授を経て、現在、高大接続改革PTの担当課長として現職。

お申込み・お問合せ
四国学院大学リエゾン・センター
0877-62-2111(内線545)
E-mail: liaison@sg-u.ac.jp

KCDバナー