カテゴリー別アーカイブ: 公開講座

ノトスクール in Summer 子どものためのワークショップと公演のお知らせ

ノトスクール2015夏_表面_l

ノトスクール2015夏_中面_l

ノトスクール 子どものためのワークショップと公演・プログラム in Summer

四国学院大学内にある劇場ノトススタジオでは、地域の子どもたちにアートとふれあい、言葉と体を通して表現する経験を提供することを目的とする教育プログラムを定期的に開催しています。毎年、春休み・夏休みにはダンスと演劇のワークショップを開催しています。また、今年度からは子どもたちに向けた作品の上演も行います。本学の身体表現と舞台芸術マネジメントメジャーの特徴を生かし、演劇、即興演劇、ダンスの上演やワークショッププログラムを実施し、新しい劇場のあり方を常に模索しています。

■ワークショップ

小学生を対象とした、クリエイティブ・ダンスとシアター・インプロをたっぷり一週間楽しむプログラムです。

[日程] 2015年8月17日(月)→22日(土)
[時間] 10:00→15:00(休憩1時間)
[対象] 小学生
[定員] 20名(先着順)
[会場] 四国学院大学 ダンススタジオ
[受講料] 500円(保険料含む)

◎申し込み方法
パンフレットの「申込書」を切り取って、必要事項を記入の上、総合教育研究センターまで送付してください。>>>ノトスクール2015申込書

[申し込み先] 〒765-8505 香川県善通寺市文京町三丁目2番1号 四国学院大学 総合教育研究センター
[締切] 2015年8月5日(水)*当日消印有効
[お問い合わせ] 四国学院大学 総合教育研究センター Tel:0877-62-2455

*お申し込みには、必ず保護者の承諾を得た上、保護者氏名、捺印をお願いいたします。定員を超えた場合、先着順とさせて頂きます。お申し込みいただいた方には、順次ワークショップのご案内を送らせて頂きます。また、受講料はワークショップ初日に納入して頂きます。

 

■公演 オマール アウバレス・パペットリーアートカンパニー 『スズの兵隊』

詩情豊かに演じる純粋な愛の物語。30以上の国内外の賞を受賞している人形遣いの名手。アンデルセンの「スズの兵隊」は月並みな童話ではありません。1本足の兵隊さんは、片足で立って踊っている踊り子に心をうばわれ、どんな境遇にあっても、踊り子のもとに帰りたいという想いを貫きます。その愛の深さは、観る人の心に永くのこるでしょう。

[日程] 2015年9月23日(水・祝)11:00開演/14:00開演 *受付は開演30分前より/開場は開演15分前より
[場所] 四国学院大学 ノトススタジオ
[料金] 予約=大人1,000円/小学生-大学生500円  当日=大人1,200円/小学生-大学生600円
[対象] 小学生以上
[上演時間] 45分
[使用言語] 日本語

◎ご予約&お問合せ  *チケット発売日:2015年8月3日(月)より

四国学院 パフォーミング・アーツ研究所
Email:sipa@sg-u.ac.jp
Tel/Fax:0877-62-2324 *電話受付:10:00→18:00

予約サイト:http://481engine.com/rsrv/webform.php?sh=2&d=14dcaf7a1a

 

 アーツ&スポーツ企画

※かがわコミュニティ・デザイン(KCD)推進事業は、四国学院大学が主催し地域社会における人と人のつながり、香川県のコミュニティ・デザインを豊かにすることを目的として企画した事業です。

2015年度ソーシャルワーク・スクール受講生募集

20150624_SWSチラシ-表

————————————————————————————-
ソーシャルワーカーの力量が問われる今日、現状に活かせる内容を中心とした「ソーシャルワーク・スクール」を開講します。講義は現場経験豊富な教員によるソーシャルワークの理論や事例を用いた実践的な内容です。日々の実践を振りかえるために、また、後進の育成・指導のために「ソーシャルワーク・スクール」を受講し、自らのスキルアップに取り組んでみませんか。なお、受講修了者には、本学から受講修了証明書を発行します。
————————————————————————————-

●認定社会福祉士の研修として認証されたスクールです
●開講科目:「ソーシャルワーク理論系科目Ⅰ」(共通専門)2単位

応募期間 2015年7月29日(水)~8月27日(木)必着
受講期間 2015年9月10日(木)~12月13日(日)

①受講者発表 : 受講決定者には、FAXまたはE-mailにて連絡いたします。
②受講料 : 10,000円 受講料は初回受講時に一括納入。部分聴講は不可。
③定員 : 20名
④対象 : 以下の 1) もしくは 2) の要件を満たす者。なお、認定社会福祉士を希望する者は 3) の要件を満たすこと。

1 )現に現職で勤務をしているソーシャルワーカーで、実務経験が3年以上10年未満の者。なお、ソーシャルワーカーの勤務領域は問わない。
2 )現在現場でソーシャルワーカーとして勤務していないが、実務経験を5年以上有する社会福祉士または精神保健福祉士の資格を有する者。
3 )社会福祉士取得後、相談援助実務経験5年を有する者。但し、最終学歴が大学卒以上の者は、相談援助実務経験3年以上とする。

プログラム日程

日時 科目名 講師 場所 室名
1 9月10日(木)19:00~  ソーシャルワーク実践の価値と原理原則 村上  高松商工会議所 202会議室
2 9月17日(木)19:00~  ソーシャルワークの理論と歩み 村上
3 9月24日(木)19:00~  行動変容アプローチ 富島
4 10月1日(木)19:00~  課題中心アプローチ 富島
5 10月8日(木)19:00~  問題解決アプローチ 西谷
6 10月15日(木)19:00~  危機介入アプローチ 西谷
7 10月22日(木)19:00~  エコロジカル・アプローチ 島影
8 11月5日(木)19:00~  ナラティヴ・アプローチ 島影
9 11月12日(木)19:00~  エンパワメント・アプローチ 駒崎 201会議室
10 11月15日(日)13:00~  ストレングスモデル 島影 四国学院大学 834教室
11  生活モデル 島影
12 11月29日(日)13:00~  実践検証法 富島
13  援助関係技法 富島
14 12月13日(日)13:00~  チームアプローチ 西谷
15  エンパワメント 駒崎・西谷

申込み・問合せ
〒765-8505 香川県善通寺市文京町三丁目2番1号
四国学院大学 リエゾン・センター
TEL:0877-62-2208 FAX:0877-62-2208
Email:liaison@sgu.ac.jp

以下の必要事項をご記入の上、FAX または E-mail にてお申し込みください。 なお、ご連絡いただいた個人情報は、本講座の運営目的にのみ使用いたします。
■住所・電話番号・FAX番号・メールアドレス・氏名・年齢・所属
■実務経験(職種名・経験年数・社会福祉士登録番号・業務内容を具体的に記載して下さい)
■認定社会福祉士の研修としての受講ですか(はい・いいえ)

チラシ・申込用紙ダウンロード

高校教員のためのスクール・ソーシャルワーカー活用法講座2015を開催します。

2015ssw_katsuyouhoukouza_front 2015ssw_katsuyouhoukouza_back

 

平成27年度香川県大学等魅力づくり補助金採択事業
かがわコミュニティ・デザイン(KCD)推進事業※
香川県下高校との連携企画

高校教員のための
スクール・ソーシャルワーカー活用法講座2015

■講座の目的
香川県は、全国に先駆けて2001年から公立学校にスクール・ソーシャルワーカー(SSWer)が導入されました。また、2008年に文部科学省がSSWer活用事業を開始したことにより、SSW活動はさらに進展しました。
しかし、現状は、教育現場においてSSWerの機能や役割が十分に理解され、活用されるまでには至っていません。その理由として、教員のソーシャルワーク(以下、SW)に対する理解不足やSSWerの経験の力量の問題、加えて前述の2点を理由に連携のまずさなどがあげられます。
本講座は、国や県の事業名(「スクール・ソーシャルワーカー活用事業」)が示すとおり、SWの知識や技術を用いて生徒の抱える問題や課題を解決する方法を学び、教師とSSWerの援助・支援の質の向上を図ることを目的としています。

※かがわコミュニティ・デザイン(KCD)推進事業は、四国学院大学が主催し地域社会における人と人とのつながり、香川県のコミュニティ・デザインを豊かにすることを目的として企画した事業です。

■会場
四国学院大学(8号館) 駐車場あり(1回300円)
〒765-8505 香川県善通寺市文京町3-2-1

■講座期間
7月22日(水)~11月25日(水)

<講師紹介>
・四国学院大学 社会福祉学部 准教授 浜田 知美
専門領域:スクール・ソーシャルワーク

・四国学院大学 文学部 教授 元井 一郎
専門領域:教育行政、教育政策

・香川県教育センター 教育相談課長 岡 みゆき氏
専門領域:教育相談

・四国学院大学 社会福祉学部 教授 富島 喜揮
専門領域:精神保健福祉、スクール・ソーシャルワーク

・四国学院大学 社会福祉学部 准教授 山口 孔丹子
専門領域:臨床心理学、学校心理学、スクール・カウンセリング

・四国学院大学 社会福祉学部 教授 西谷 清美
専門領域:精神保健福祉、地域福祉、ソーシャルワーク

・四国学院大学 社会福祉学部 准教授 駒崎  道
専門領域:児童・家庭福祉

・香川スクールソーシャルワーカー協会 会長 藤澤  茜氏
専門領域:スクール・ソーシャルワーク

1.プログラム

日時 形式 対象 講義名 講師 教室 備考(講義のポイント)
1 7月22日(水)
13:30~15:00(90分)
開催レポート
講義 教員 SSW のあゆみ 浜田知美 826教室 SSWerのあゆみと香川県の現状
SSWer 学校の仕組み 元井一郎 834教室 学校組織と教育活動
2 8月19日(水)
13:30~15:00(90分)
開催レポート
講義 教員  これからの学校 岡みゆき 826教室  児童生徒の抱える問題と学校の現状
SSWer  SSWer の価値・倫理 富島喜揮  834教室  福祉専門職であるSSWerの価値・倫理
3 9月30日(水)
13:30~15:00(90分)
開催レポート
講義 教員  SSWer の業務と役割 浜田知美  826教室  学校現場におけるSSWerの役割と業務
SSWer  子どものこころの理解 山口孔丹子  834教室  児童・思春期の特徴と発達課題
4 10月21日(水)
13:30~15:00(90分)
開催レポート
講義 教員  SSWer の専門性 西谷清美  826教室  福祉専門性であるSSWerの視点と支援
SSWer  今日の子どもの抱える諸課題 駒崎道  834教室  子どものおかれている社会背景と現状
5 11月11日(水)
13:30~15:30(120分)
開催レポート
演習 教員
SSWer
 学校の現状とチーム支援 西谷清美
藤澤茜
 834教室  多職種連携とチーム支援
6 11月25日(水)
13:30~15:30(120分)
開催レポート
演習 教員
SSWer
 事例検討 富島喜揮
藤澤 茜
 834教室  アセスメントと支援の視点

学校現場で先生方が日常抱えている悩みや疑問があれば、講義終了後、講師陣と懇談することができます。問題解決の一助になれば幸いです。

2.受講料
3,000円(6回分)
※受講料につきましては1回につき500円を当日受付でお支払ください。

3.対  象
高校教育に従事する教員およびSSWer

4.定  員
教員、SSWer各30名

5.会  場
四国学院大学 8号館

6.申込期間
2015年6月17日(水)~7月20日(月)
但し、この期間を過ぎて受講を希望する場合はリエゾン・センターにお問い合わせください。

7.申し込み・問い合わせ
「職種」、「住所」、「氏名」、「年齢」、「電話番号」、「メールアドレス」、「勤務校・勤務先」、「職務・役職」をご記入の上、FAX または E-mailにてお申し込みください。なお、ご連絡いただいた個人情報は、本講座の運営目的にのみ使用いたします。

四国学院大学 リエゾン・センター
〒765-8505 香川県善通寺市文京町3-2-1
TEL:0877-62-2111(内線545) FAX:0877-62-2208
E-mail:liaison@sg-u.ac.jp  URL: http://www.sg-u.ac.jp

 ちらしはこちらから

社会福祉学部公開講義「フィンランドのドメスティック・バイオレンス」を開催しました

4月23日(木)に本学412教室において、社会福祉学部公開講義として、本学協定校であるフィンランドのタンペレ応用科学大学上級講師のタピオ・サロマキ先生に「フィンランドのドメスティック・バイオレンス」と題して講演をしていただきました。

フィンランドでは、ドメスティック・バイオレンスが非常に深刻な問題として捉えられており、政府・自治体や様々な民間団体が積極的な取組みを行っています。特に、警察とソーシャルワーカー(福祉)の連携が進んでいること、暴力的傾向の改善をめざす男性当事者グループが各地で活発に活動し、効果をあげていることについて、詳しく教えていただきました。最後に、私たちがすべきこととして、暴力を見て見ぬふりをしないこと、また被害者の話を傾聴して信頼関係を築くことの重要性を繰り返し強調されていた先生の姿が強く印象に残りました。

IMG_0813 IMG_0838

社会福祉学部公開講義「フィンランドのドメスティック・バイオレンス」

社会福祉学部公開講義 「フィンランドのドメスティック・バイオレンス」(通訳付き)
講師:タピオ・サロマキ先生(フィンランド、タンペレ応用科学大学上級講師)
日時:4月23日(木)13:30-15:00 412教室

本学協定校であるフィンランドのタンペレ応用科学大学のタピオ・サロマキ先生による公開講義を行います。テーマは「フィンランドのドメスティック・バイオレンス」です。どなたでも受講できますので、お気軽においでください。

2015年度香川県と四国学院大学の連携による消費者啓発リレー講座

四国学院大学では、香川県と連携し、実務経験豊かな講師陣による消費者啓発を目的としたリレー講座(全9回)を、大学の正規カリキュラムとして開設しています。
一般の方も無料で聴講することができます。希望される方は、当日直接、講義会場へお越しください。

講 義 科 目 : 現代社会トピック(消費社会論I)

受 講 者 : 2年生以上(選択科目)※一般聴講可(30人程度)申し込み不要

講 義 日 程 : 前期(4.10~8.6)16 回のうち、木曜日第2限(11:10~12:40)の9回分

講 義 会 場 : 四国学院大学 522教室(5号館2階)

講 義 内 容 : 私たちの生活は、大量消費社会の申し子のように、きわめて豊かで多様になっています。しかしその反面、さまざまな誘惑や落とし穴にもさらされています。法整備も進んでいますが、詐欺や偽装、悪質商法は手を変え品を変え、その後を断ちません。本講義では、各分野の第一線で活躍される専門家8 名の講師をお招きします。そして現場の経験に裏打ちされた具体的・実践的な 9 回の講義を通して、現代社会における消費行動と経済活動のしくみについて理解を深めます。消費者問題との取り組みの中で、無意識のうちに被害者になることも加害者になることもないような、賢い<自立した消費者>を育成します。人生における「クオリティ・オブ・ライフ」を再検討し、「エコロジカルなライフ・スタイル」を目指します。正しく理解された<消費者の権利と責任>を自覚し実践する「消費者市民社会」の形成を目指します。


●第1回 (4 月 30 日) 税理士 松田 哲也(元高松税務署 税務広報広聴官)
租税教育の現場からⅠ(仮題)

●第2回 (5 月 14 日)  税理士 松田 哲也(元高松税務署 税務広報広聴官)
租税教育の現場からⅡ(仮題)

●第3回 (5 月21 日) 高松琴平電気鉄道株式会社 真鍋  康正
消費者目線を大切にする事業経営(仮題)

●第4回 (6 月4 日) (独)製品評価技術基盤機構(NITE)四国支所長 田中  範夫
身近にある製品事故(仮題)

●第5回 (6 月 11 日) 香川県中讃県民センター相談員 荒木 日出美
消費生活相談の現状(仮題)

●第6回 (6 月 18 日) 香川県弁護士会所属弁護士
消費者トラブルを解決しよう!~法と弁護士の役割~(仮題)

●第7回 (7 月2 日) (社)日本損害保険協会四国支部 事務局長代理 片岡 信彦
損害保険業界の現状と損保協会の取り組み(仮題)

●第8回 (7 月 16 日) 香川県警察本部生活安全部生活環境課サイバー犯罪対策室
大学生を取り巻くサイバー犯罪の現状(仮題)

●第9回 (7 月 30 日) 香川県金融広報委員会会長 大川 昌男(日本銀行高松支店長)
日本銀行の使命と業務(仮題)

(敬称略)

三豊市放課後児童クラブ公開講座を行いました

3月7日(土)および14日(土)、三豊市子育て支援課が主催する放課後児童指導者研修の一部を開放し、本学教員の清水幸一、山口孔丹子が公開講座を行いました。保育園~小学校児童の保護者および指導員を対象に、「子どもの気持ちを考えよう」(山口)、「親子運動遊び」(清水)の講義を行いました。公開講座募集

公開講座

学術講演会「生き心地の良い町~日本で“もっとも”自殺の少ない町を調査して」を開催しました

12月16日(火)、和歌山県立医科大学保健看護学部講師の岡檀(おか・まゆみ)氏を講師にお迎えし、「生き心地の良い町~日本で“もっとも”自殺の少ない町を調査して」と題して、社会学部主管学術講演会が開催されました。自殺率が日本一低い町として徳島県旧海部町(現海陽町)での調査を事例に挙げて町の特徴や住民気質などが紹介され、130名の来場者がそのお話に耳を傾けました。

学術講演会

人権週間特別講演会を開催しました

2014年12月8日(月)、関西学院大学社会学部准教授鈴木 謙介氏を講師にお迎えし、『「リア充」でないと生きられないのか?~メディアと友人関係を考える~』と題し、人権週間特別講演会を711教室で開催しました。来場者数は307名で、参加者は講演中に近くの席の人とディスカッションしたり、講師と直接話したりと大盛況のうちに終了しました。

chckouenkai141208

四国学院大学 クリスマス・プロジェクト2014

クリプロ2014表紙

クリスマス・プロジェクト2014
2014.11.26(wed)~12.25(thu)

大学開放事業の一環として2004年にはじまり、昨年第10回の記念開催を終えました四国学院大学クリスマス・プロジェクトは、この間、地域の皆様の多大なご支援・ご協力をいただき実施することができました。
ご協力いただきました皆様に改めまして心より感謝申し上げます。
本年からはまた心機一転、心を新たに、「学院クリスマス行事」のほか、様々な講演会、音楽演奏会、演劇公演ほか多彩なプログラムを準備し、「クリスマス・プロジェクト2014」を開催いたします。今回も学外からたくさんのゲストをお迎えし、本学の文化教育資源も十分に活用しながら、地域の皆様にも大いに楽しんでいただけようなプログラム編成を目指してまいりました。学内外のたくさんの皆様の「新生四国学院大学クリスマス・プロジェクト」へのご参加をお待ちしております。

≪プログラム≫
イルミネーション点灯セレモニー
11月26日(水)17:30~
場所:清泉礼拝堂前哲学の森
クリスマス・イルミネーション点灯式を行います。
クリスマス・イルミネーション
11月26日(水)~12月25日(木)17:00~23:00
場所:清泉礼拝堂前哲学の森、キャンパスロータリー
クリスマス・イルミネーションを毎夜キャンパスに点灯いたします。お楽しみください。
学院クリスマス礼拝
12月19日(金)10:45~11:25  場所:清泉礼拝堂  問合せ:宗教センター0877-62-2111(内線250)
四国学院のクリスマス特別礼拝です。イエス・キリストのご生誕をお祝いするクリスマスを特に覚えての礼拝です。今年の説教者は本学教授の池内功先生です。静かな朝の一時、イエス様の誕生とその愛の奇跡をともに考えましょう。どなたでも、ご自由にご参加ください。
燭火礼拝
12月19日(金)17:00~18:00  場所:清泉礼拝堂  問合せ:宗教センター0877-62-2111(内線250)
本学教授池内功先生の担当でキャンドルサービスを行います。

高校生のためのチャペルクリスマス
12月17日(水)16:30~18:00  場所:清泉礼拝堂  問合せ:リエゾンセンター0877-62-2208
毎年好評の高校生の皆さんをご招待してのチャペルクリスマスです。クリスマス・イルミネーションの輝くなか、静かな礼拝堂でキャンドルに光をともしながら、パイプオルガンを聴いたり、クリスマスについてのお話を聞いたりしながら、チャペルクリスマスを体験してください。高校生並びに関係者の皆様の参加をお待ちしております。
第22回善通寺市民クリスマス(共催)
12月20日(土)18:30~  場所:清泉礼拝堂
問合せ:善通寺市民クリスマス実行委員会0877-62-7799(善通寺バプテスト教会久保)
善通寺市内の教会の皆さんで構成する実行委員会が主催する市民クリスマス会です。クリスマスについてのお話や、音楽プログラムがいっぱいあります。どなたでもご自由にご参加ください。

第38回四国学院大学メサイア演奏会
12月6日(土)17:30~(17:00開場)  場所:清泉礼拝堂
本学恒例のメサイア演奏会。ヘンデル作曲の「メサイア」全曲をバロックスタイルで演奏します。本年は、第38回演奏会となり、今年も指揮者にオルガン・チェンバロ奏者としても著名な大塚直哉さん、ソリストとして藤井冴(ソプラノ)さん、布施奈緒子(アルト)さん、藤井雄介(テノール)さん、池内響(バス)さん、そして森田玲子(コンサートミストレス)さんほか全国から参加のメサイア合奏団&合唱団をお迎えしての演奏会です。

四国学院大学クリスマス・コンサート~聖なるクリスマスの調べ2014~
12月16日(火)18:30開演(18:00開場)  場所:清泉礼拝堂
本年は、江崎浩司(リコーダー/バロック・オーボエ)さん、岩永十紀子(ソプラノ)さん、石川陽子(チェンバロ・オルガン)さんをお迎えし、歌い継がれ、演奏され続けてきた、数々の聖なるクリスマスの調べをお届けします。楽しいクリスマス・コンサートにどうぞお出かけください。

SARP vol.8 「ジュリアス・シーザー」公演
12月3日(水)~7日(日)  場所:ノトススタジオ
作:ウィリアム・シェイクスピア  演出:森新太郎
プロの演出家・振付家が学内に滞在し、学生キャスト・スタッフとともに舞台作品を創作し上演するSARP。8回目となる今回は、読売演劇大賞ほか数々の演出賞を受賞し、今演劇界注目の演出家で、本学非常勤講師でもある森新太郎氏の演出によるシェイクスピア劇『ジュリアス・シーザー』の公演です。

シアタータンク2014公演
12月18日(木)~15(土)  場所:ノトススタジオ
本学教員の坂本麻耶(コンテンポラリーダンス)と西村和宏(演劇)、仙石桂子(インプロ)が、身体表現と舞台芸術マネジメントメジャーの学生たちと制作したダンスと演劇の公演。

CHCプロジェクト <人権週間 12月1日(月)~5日(金)>
CHCプロジェクトは、四国学院大学人権週間を中心に、本学の「人権と文化の多様性に関する委員会(CHC委員会)」に関わる教職員学生が企画・運営し、本学全体で取り組んでいるプロジェクトです。本年のテーマは「ネット社会の課題」です。皆様のご参加をお待ちしております。
★特別講演会「『リア充』でないと生きられないのか?~メディアと友人関係を考える~」
講師:鈴木謙介 氏(関西学院大学准教授)
12月8日(月)13:30~15:00  場所:711教室
★人権週間チャペルアワー  12月1日(月)~5日(金)10:45~11:05
CHC委員会と宗教センターとの協力でチャペルアワーが行われます。たくさんの皆さんの参加をお待ちしています。
担当は次の方々です。
1日 東如美(社会福祉学部3年)
2日 富島喜揮(社会福祉学部教員)
3日 糸長歩(社会福祉学部3年)
4日 鈴木裕喜(文学部2年)
5日 岡本光教(社会学部3年)
★人権週間レクチャーズ・オン・ヒューマンライツ  12月8日(月)~12日(金) 大学授業時限
人権週間行事として以下の授業では、人権に関する講義を行います。多様な環境や文化の中で育った私たちが、互いに尊重し、支え合って生きるための、理解や学びを深めていきましょう。
8日(月)2限 216教室 政治学 「ザ・インターネット2(映画)」 : 神野明
8日(月)2限 426教室 通信メディア論 「ネット社会と張り巡らされる監視網」 : 山崎晶
8日(月)4限 513教室 古代書資料を読むⅡ 「江戸時代の部落差別と克服の営み」 : 白川康義
9日(火)3限 826教室 多文化共生福祉論 「在日コリアン高齢者と介護サービス」: 南珣賢
11日(木)2限 教室未定 「非行少年の立ち直り~四国少年院の矯正教育と社会復帰支援~」 : 齋藤峰
11日(木)3限 826教室 世界の舞台芸術Ⅱ&PMカフェ(失われた身体を求めて) 「映画『エソラ』と地方に暮らすゲイの実情」 : 阪本麻郁
11日(木)5限 412教室 「ザ・インターネット(映画)」 : 神野明
12日(金)2限 826教室 子どもと運動Ⅱ「スポーツと人権」 : 清水幸一
※正規受講生以外は、担当教員の許可を得てください。
★ポストモダンカフェ 「差別と文化」ポスター展示
12月8日(月)~12日(金)終日 7号館1階ロビー
テーマ 「隣保館と学生活動~子ども会活動を通して部落問題を学ぶ~」

四国学院大学福祉講演会2014「ソーシャルワークのグローバル定義の意義」
12月2日(火)13:30~15:00  場所:711教室
講師:鎌倉克典 氏(公益社団法人日本社会福祉会会長)

四国学院大学学術講演会「生き心地の良い町~日本で”もっとも”自殺の少ない町を調査して~」
12月16日(火)13:30~15:00  場所:712教室
講師:岡 檀 氏(和歌山県立医科大学保健看護学部講師)

国際交流プロジェクト
★異文化体験リレートーク vol.2 <12月15日(月)17:30~20:00>
四国学院大学の国際体験プログラムなどで、たくさんの学生が、異文化体験を積み重ねています。この発表会では、2014年の夏を中心に学生たちが体験した様々な異文化体験を、リレー方式で報告します。国際交流に取り組んでいる方々、またこれからチャレンジしたいと考えている皆さんの参加を待っています。

★展示「異文化体験が今面白い!vol.5」 <12月3日(水)~25日(木)終日>
四国学院大学では毎年多くの国際交流関係科目を開設していますが、本年実施した「国際テント」、「外国事情(韓国)」「外国事情(英国)」、「多文化共生・国際社会福祉実習Ⅰ」、「海外留学経験者」および「日本事情(留学生)」などの実施報告を兼ねて、国際写真展を行います。異文化の現場に出かけて本当に多くのことを学びましたが、その成果を手作りの写真展を通して見ていただければ幸いです。

初年次セミナー&キャンパス・コミュニティ・スタディーズⅡ プロジェクト
12月15日(月)~19日(金)10:45~11:05  場所:清泉礼拝堂
初年次セミナー&キャンパス・コミュニティ・スタディーズⅡは、1年生を対象にした授業です。四国学院大学建学の精神であるキリスト教に心と身体で触れることを目的に2種類のプログラムを行います。1年生対象の授業としていますが、どなたでもご自由にご参加ください。

★クリスマス週間チャペルアワー
15日(月) 齋藤稔(日本福音キリスト教会連合善通寺キリスト教会牧師) 16日(火) 福田哲(日本キリスト教団多度津教会牧師) 17日(水) 朝位憲義(日本キリスト教団琴平教会牧師) 18日(木) 渡邉祐(日本キリスト教会観音寺教会牧師) 19日(金) 池内功(本学文学部教授)-学院クリスマス礼拝-

★キャンドルサービスと祝会
12月22日(月)18:30~20:00  場所:キャンパス&聖恵館
キャンパスのセンターサークル周辺で、1年生全員集まって、星空の下、キャンドルの光の中でイエス様のご誕生をお祝いします。礼拝の後、暖かい食べ物をいただきながら祝会の時を楽しみましょう。
[クリスマスメッセージ]お話:金珍熙(宗教委員長)

四国学院大学吹奏楽団第34回定期演奏会
12月9日(火)18:30~(18:00開場)  場所:6号館5階大音楽教室
本学吹奏楽団の第34回の定期演奏会です。学内関係者だけでなく市民の皆様にも楽しんでいただけるよう編成しました。様々な若々しい吹奏の楽曲をお楽しみください。

表141118クリプロ