カテゴリー別アーカイブ: 公開講座

レクチャーシリーズ 大学・高校教育研究21「高大接続改革について」

昨年から、好評をいただいているレクチャーシリーズ『大学・高校教育研究21』の本年度第2回目の開催について、ご案内いたします。

高大接続改革の最新の動向についてもご講演いただきます。


 

2016年度レクチャーシリーズ 大学・高校教育研究21
「高大接続改革について」
講師:文部科学省 高等教育局主任大学改革官 濱口太久未 氏

2016年度レクチャーシリーズ2nd

<日時>2016年12月2日(金)15:30~18:00
Ⅰ部:講演会 15:30~17:00
Ⅱ部:情報交換会 17:10~18:00
<対象>教育関係者・本学教員
<定員>100名
<会場>四国学院大学聖恵館  駐車場あり(1回300円)
<申込締切>2016年11月28日(月)

 

=講師プロフィール=
濱口 太久未(はまぐち たくみ)
文部科学省 高等教育局主任大学改革官

昭和42年生まれ。
東京大学法学部卒。
平成4年、文部省(当時)入省。大臣官房、初等中等教育局、文化庁など歴任の後、大阪大学特任教授を経て、現在、高大接続改革PTの担当課長として現職。

お申込み・お問合せ
四国学院大学リエゾン・センター
0877-62-2111(内線545)
E-mail: liaison@sg-u.ac.jp

KCDバナー

スクール・ソーシャルワーク活用講座 in SGU 2016 第3回を開催しました。

9月27日(火)、本学826教室・834教室にて、スクール・ソーシャルワーク活用講座 in SGU 2016を開催しました。3回目となる今回は、本学教授の西谷清美が教員、同じく准教授の山口孔丹子がスクール・ソーシャルワーカーを対象にそれぞれ講義を行いました。
20160927_nishitani20160927_yamaguchi

社会福祉学研究科講演会「クライエントの場からの出発~浦河べてるの家の歩みと当事者研究の可能性~」を開催しました

8月25日(木)、北海道医療大学教授の向谷地生良氏を迎え、「クライエントの場からの出発~浦河べてるの家の歩みと当事者研究の可能性~」と題して、社会福祉学研究科講演会を開催しました。
向谷地氏は、北海道浦河町で活動する当事者研究の拠点「べてるの家」での試みに活動当初から携わっておられる方です。
統合失調症やうつ病などの精神疾患の当事者が抱える様々な生きる苦労を仲間とともに研究し、自分を助け励ます取組みのこれまでの歩みと今後の「当事者研究」の可能性についてお話いただきました。
講演会には222名の方にご参加いただき、みなさん熱心に向谷地氏の話に耳を傾けていました。

 

社会福祉研究科講演会 社会福祉研究科講演会 (2)

 

スクール・ソーシャルワーク活用講座 in SGU 2016 第2回を開催しました。

8月23日(火)、本学834教室にて、スクール・ソーシャルワーク活用講座 in SGU 2016を開催しました。2回目となる今回は、本学教授の富島喜揮がスクール・ソーシャルワーカーを対象に講義を行い、講義終了後には、香川県教育センター教育相談課長の山口知子氏とともに、ワークショップを兼ねた座談会を行いました。

0823_05    0823_04

0823_03

ノトスクール 小学生・中学生・高校生のためのワークショップin Summerを開催しました。

8月1日(月)~6日(土)に本学ノトススタジオにおいて、小中学生11名が参加しノトスクールを開催しました。

IMG_005301

今回は、阪本麻郁准教授によるダンスのワークショップと西村和宏准教授による演劇ワークショップを通して、音楽劇『くるみ割り人形とネズミの王様』を作り上げました。

IMG_022301

 

最終日には、ご家族や友人を招いてのショーイングを行いました。

IMG_006801

2016年度ソーシャルワーク・スクール受講生募集

————————————————————————————-
ソーシャルワーカーの力量が問われる今日、現状に活かせる内容を中心とした「ソーシャルワーク・スクール」を開講します。講義は現場経験豊富な教員によるソーシャルワークの理論や事例を用いた実践的な内容です。日々の実践を振りかえるために、また、後進の育成・指導のために「ソーシャルワーク・スクール」を受講し、自らのスキルアップに取り組んでみませんか。なお、受講修了者には、本学から受講修了証明書を発行します。
————————————————————————————-

●認定社会福祉士の研修として認証されたスクールです
●開講科目:「ソーシャルワーク理論系科目Ⅰ」(共通専門)2単位

応募期間 2016年7月29日(金)~8月26日(金)必着
受講期間 2016年9月3日(土)~12月10日(土)

①受講者発表 : 受講決定者には、FAXまたはE-mailにて連絡いたします。
②受講料 : 10,000円(受講料は初回受講時に一括納入。部分聴講は不可)
③定員 : 20名
④対象 : 以下の 1) もしくは 2) の要件を満たす者。なお、認定社会福祉士を希望する者は 3) の要件を満たすこと。

1 )現に現職で勤務をしているソーシャルワーカーで、実務経験が3年以上10年未満の者。なお、ソーシャルワーカーの勤務領域は問わない。
2 )現在現場でソーシャルワーカーとして勤務していないが、実務経験を5年以上有する社会福祉士または精神保健福祉士の資格を有する者。
3 )社会福祉士取得後、相談援助実務経験5年を有する者。但し、最終学歴が大学卒以上の者は、相談援助実務経験3年以上とする。

《プログラム日程》

会場:四国学院大学834教室
時間:1時限目/13:00~14:30、2時限目/14:40~16:10

 回  日時  時限  科目名  講師  形式
 1  9月3日(土) 1 ●オリエンテーション●ソーシャルワーク実践の価値と原理原則●ソーシャルワークの理論と歩み 片岡 講義
 2  9月17日(土) 1  ●問題解決アプローチ
 3  2  ●チームアプローチ 浜田 演習
 4  10月1日(土)  1 ● 行動変容アプローチ 富島 講義
 5  2  ●課題中心アプローチ
 6  10月15日(土)  1  ●危機介入アプローチ  西谷
 7  2  ●援助関係論  富島
 8 10月29日(土)  1  ●エコロジカル・アプローチ 島影
 9 2  ●ナラティヴ・アプローチ
10 11月19日(土) 1 ●エンパワメント・アプローチ 西谷
11 2 ●エンパワメント 演習
12 11月26日(土) 1 ●援助関係技法 浜田
13 2 ●実践検証法
14 12月10日(土) 1 ●ストレングスモデル 島影
15 2 ●生活モデル

 

 

申込み・問合せ
〒765-8505 香川県善通寺市文京町三丁目2番1号
四国学院大学 リエゾン・センター
TEL:0877-62-2208 FAX:0877-62-2208
Email:liaison@sgu.ac.jp

以下の必要事項をご記入の上、FAX または E-mail にてお申し込みください。 なお、ご連絡いただいた個人情報は、本講座の運営目的にのみ使用いたします。
■住所・電話番号・FAX番号・メールアドレス・氏名・年齢・所属
■実務経験(職種名・経験年数・社会福祉士登録番号・業務内容を具体的に記載して下さい)
■認定社会福祉士の研修としての受講ですか(はい・いいえ)

チラシ・申込用紙ダウンロード