四国学院大学のメジャー制度

applicant_major

 

メジャー制度の特徴は、幅広い分野から学びたい学問を主体的に選び、自分の可能性を探りながら、実力をつけていけること。多くの大学では、学部や学科の粋組みの制約の中で、入学時に選んだ専攻を卒業時まで学んでいくため、選択の自由度が低く、途中からの変更も困難。その点、メジャー制度なら、たとえ学部が違っていても、学部を越えてメジャーを選択することができます。もちろん途中で変更も可能。学生一人ひとりが主体となり、自分の専攻を選んでいくことができるのです。
四国学院大学では、最初の1年間は全員が教養教育を学び、2年次から学生それそれが19のメジャー(主専攻領域)と1つのマイナー(副専攻領域)から専攻を選び、自分が望む「学びのかたち」をつくりあげていきます。

メジャー制度

自由さが魅力のメジャー制度

メジャー制度

19メジャー+1マイナー19メジャー+1マイナー小ロゴ青

文学アイコン文学 哲学アイコン哲学 歴史学アイコン歴史学・地理学 英語アイコン英語
平和学アイコン平和学 学校教育アイコン学校教育 社会福祉アイコン社会福祉学 心理学アイコン心理学・カウンセリング
地域社会アイコン地域社会と福祉実践 こころとからだアイコンこころとからだの福祉 子どもアイコン子ども福祉 スクールアイコンスクールソーシャルワーク
社会学アイコン社会学 サブカルアイコンメディア&サブカルチャー研究 観光学アイコン観光学 身体表現アイコン身体表現と舞台芸術マネジメント
(演劇コース)
国際文化アイコン国際文化マネジメント 情報加工アイコン情報加工学 ベースボールアイコンベースボール科学 健康スポーツアイコン健康・スポーツ科学